2月って難しい。

月例のケータイ用QVGA(320×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。

201102cala201102calb

2月のカレンダーって、象徴するような絵柄がなくて困る。12月ならクリスマス、1月なら正月と、わかりやすいイベントがあるけど、2月らしいモノて、なんかあったっけ?

無償遊技か無償労働か?

mixiアプリ『はじめようマイ・キングダム』を進めてる。マイミクを募集したおかげで王国は発展するようになったけど、そのぶん面倒を見るのも大変。自分の王国だけでなく、マイミクの王国も巡回しなければならないから、マイミクが増えた分の手間も倍増。

WS000356

それなりに王国も発展したけど、レベルの高い人とくらべると、まだまだ。一部課金の無料ゲームというのは、大多数の無料ユーザに支えられて、少数の課金ユーザからの収入で成り立つそうです。無料で遊んでるつもりで、その実は無料で労働力を提供しているともいえる。どこまでやるかはわからんけど、無料で楽しめる範囲で、ほどほどに遊びますよ。

身につまされる!

Nintendo WiiのアクションRPG『ラストストーリー』をプレイ中。しがない傭兵から騎士になることをあこがれる主人公の物語だけど、なんだか契約社員から正社員になりたい社会人のようにも見える。社長令嬢と仲良くなったのはいいけど、やり手の専務にコキ使われた挙げ句、正社員になったものの不本意な仕事をさせられ、肝心の令嬢とは疎遠になっちゃった……という感じ。不正規雇用も明日が見えず大変だけど、宮仕えも楽じゃないってコトっすね。

NGってつくのは、NGじゃないんだろうな。

個人的には『ラストストーリー』ひゃほう、で遊びまくっている頃には、次世代携帯ゲーム機、PSP2ならぬ『NGP』が発表されていた。タッチパネルつきで、高画質の高性能ハードという、大艦巨砲主義的な設計思想。成功している日本より、むしろイマイチだという欧米での展開を視野に入れたようなラージサイズ。かなり勝ちにきてる感じが良いですな。PSPは、買ったはいいけどモンハンをやれない人間には、イマイチやりたいゲームがなくて放置状態。『NGP』も、ハードは魅力的だけど、果たしてやりたいと思えるソフトが出るのか?

私的キラーコンテンツである『パンツァーフロント』も『ワイルドアームズ』も、新作が出ないからナァ~。

おまえら、とっととくっついちゃえよ!

Nintendo WiiのRPG『ラストストーリー』を開始。アクション要素のある完全新作RPGですが、手がけるのはファイナルファンタジーシリーズを手がけた坂口博信さん。FFはVIIで止まってる人間にとっては、真の最新作といえるでしょう。今様の洗練されたグラフィックとアクションでありながら、筋書きはスーパーファミコン時代のひらべったいグラフィックの頃と基本は変わらず。でも、ヒロインの魅力に代表されるビジュアルと演技のクオリティの高さはかなりのもの。王道と新しさのバランスがいい。ただ、歩いてる途中の雑談が、強制イベントで途切れてしまうのには参った。先を急がず、会話に耳を傾けるのが吉。

戦闘は、まだ力押しが通用する序盤ですが、けっこう難しい。いや、勝つのは難しくないのですが、スマートな勝ち方をしようとすると、システムの理解とテクニックが必要。ここらへんは、まだまだ修行が必要です。壁を駈けのぼって斬り下ろすとか、使えればカッコいいんだろうけど、なかなか難しいっす。

あと、何気に楽しいのがコスチュームの色替え。地味な初期装備でも、ボタンを金色にするとか、生地の色味を変えるとかで印象が変わる。イベントシーンなどにも反映されるから、俺キャラ感が増していい感じです。

昔ながらのキャラが立ちまくった王道RPGから、広大なマップ移動の要素を抜いて、切り貼りしたシーンの中でアクション要素のある戦闘を楽しむ。どのレベルを目標にするかにもよるけど、やり応えのある作品です。

マイミクは力なり。

マイミクに誘われて、mixiアプリ『はじめようマイ・キングダム』をプレイ中。国王となって王国を発展させていく。このゲーム、従来のアプリにくらべて、マイミク間の協力が重視される。重要な建築物を建てるとか、宝箱を開けるとか、ともかく一定数以上のアクティブなマイミクが協力してくれないと厳しい。従来だと、面識のあるマイミクに名義だけでもゲームに参加してもらえば何とかなっていたのだが、このゲームでは、お義理でプレイ開始してもらってもメリットが少ない。最低でも、熱心にプレイしてくれるマイミクが10人は欲しいところ。

ということで、コミュニティに募集をかけて、マイミクを増やしてみた。ちょうど、スレッドが満杯になる瞬間に書きこめたおかげか、大量のマイミク申請が到着。せっせと承認し続けたら、一気に50人ほどマイミクが増加しました。おかげで、いままでのマイミク不足が一挙に解消。マイミクの王国で出稼ぎしまくりで、資金も潤沢になりました。

マイミクの母数が増加したおかげで、ほかのゲームの進行もしやすくなった。やはり数は力ということですな。

どら焼き3種~!

十勝甘納豆本舗の『どら焼き』3種、「甘納豆どら」、「栗どら」、「虎やき」を食す。それぞれ上品な甘さで、食べやすい。黒豆入りの「虎やき」が、見た目も味も、ちょっと変わっておりました。

P1120050P1120052

どら焼きといえば、ドラえもんの好物として有名ですが、実はそれほど実食したことはない。焼きドーナツはいろいろ食べたので、今度はどら焼きを食べ比べてみるかな。

地味にお得。

メインバンクは地方銀行。地元で使うぶんには不自由ないのだけれど、東京で働くには不便。ATMもあるにはあるのだが、場所が限られるので気軽に使えない。もちろん、他行やコンビニATMでも手続きはできるけど、手数料がバカにならない。しかも、メインバンクのATMが手数料無料な昼間は東京にいるため、平日はどうしても手数料がかかる。メインバンクを全国区の銀行にする手もあるけど、クレジット払いの切り替えなどが面倒。むぅ、困った。

メインバンクを変えずに、手数料を無料にする方法として、『住信SBIネット銀行』の口座を開設してみた。店舗を持たない、ネット取引専門の口座。回数制限はあるものの、引き出し、振り込みの手数料が無料。取引は、無料でコンビニATMを使えるのが便利。駐車場代の振り込み手数料が無料になるので地味に助かります。

銀行のカードに乱数表がついていて、オンラインの手続き時に参照するなど、セキュリティと簡便性のバランスも良い感じ。振り込み用兼、緊急時のお財布用口座として使おうと思います。

頼りになる!

映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』日本語吹き替え版を、『Apple TV』のレンタルで鑑賞。ハンニバル・スミス大佐率いる、凄腕のチームが、濡れ衣を晴らすために大活躍。同名のテレビドラマを観ていた世代としては、役者総入れ替えの新作には期待半分、不安半分というところ。そもそもテレビドラマ版は、日本でのローカライズで一部のキャラにニックネームが追加されるなど、けっこう手が入っていたらしい。コングはバラカス、クレイジーモンキーはマードックが正式名。

新シリーズの導入として作られているので、キャラクター同士の出会いからスタート。冒頭、いきなりバラカスが何の躊躇もなくマードックの操るヘリコプターに乗ったので、何事かと思ったら、そういうことか。ハリウッド映画らしく、ド派手な演出はされているものの、キャラクター性は健在。もし万が一、撃墜された飛行機から戦車で放り出されることがあったら、湖に軟着水する方法の参考になるかも?

日本語版は、声優も総入れ替えされてるのだが、重要なキャラに旧作の声が使われていたり、ニヤリとさせられるサプライズがあったりと、旧作ファンへのサービスも怠りなし。なぜかキッズ映画になっていたリメイク版『サンダーバード』みたいな「コレジャナイ感」はないので、この勢いのままテレビ版の新シリーズも期待したいところですな。