トルコ、イスタンブールのトプカプ宮殿で撮影した素材を使用。

月例のケータイ用ワイドQVGA(400×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。

201307cala201307calb

カレンダーは不要なかたに、待ち受け画像も公開。

201307cala2201307calb2

,

梅雨時は厳しい。

自家用車の洗車をしたい。だが、洗った直後に雨に降られるともったいないので、洗車しない。すると、車は汚れたままに。梅雨時の洗車は、タイミングが難しいですな。

車というのは野ざらしにしてると、いずれは汚れるもの。理想としては乗る前に洗車して、ピカピカな状態でドライブしたいところ。週末ドライバーとしては、土曜日の午前中に洗車して、土日にドライブして、翌週の土曜に洗車して……というのが理想ですが、土曜の午前中に車を使いたい場合は、洗車がむずかしい。さらに、雨が降ったり降りそうだったりすると、ますます洗車のタイミングを失う。

一番無駄なのが、洗車した後しばらく車に乗らず、いざ乗ろうとしたらドロドロになっていたというパターン。こうなるぐらいなら、いっそ洗車しない方がマシ。とか考えていると、ますます洗車のタイミングを失い、愛車はドロドロ化して行くのです。困ったモンだ。

などと考えていたら、今週末も洗車のタイミングを失い、場当たり的にシートで表面の汚れを落として、お茶を濁したのです。来週は、ちゃんと洗車しよう。

スタートボタン復活……したけど?

Windows 7から8へアップグレードしたタブレットPCに、Windows 8.1プレビュー版を入れてみた。正式版ではないので不具合があってもノンサポートですが、まぁ良い。7から8にアップグレードする時は、Cドライブの容量不足に苦しめられましたが、8.1の導入は2ギガほど空きがあれば良いので、容量面では苦労せず。

8.1では、8で削除されたスタートボタンが復活! と騒がれてました。たしかに、8.1プレビュー版ではデスクトップ画面左下にウインドウをマークのボタンがある。ただ、クリックして起動するのはWindows 8のスタート画面。つまり、Windowsボタンを押した時に表示されるのと同じもの。いくから、以前のWindowsに近づけてはみたけど、あくまで8のインターフェイスに慣れろということか。

8.1プレビュー版のデメリットとしては、『ウイルスバスタークラウド』が無効化され、かわりにWindows Defenderが有効化されてしまうこと。最低限、ウイルスチェックはしてくれるだろうけど、ここらへんは正式版で対応されるのを待つしかないですな。

すれちがいもできればな。

スマートフォンでドラクエ10のステータス確認ができる『ドラゴンクエストⅩ 冒険者のおでかけ便利ツール』を使用中。無料版だと1キャラしか確認できないので、10キャラまで確認できる有償版を導入してます。買い切りで300円なら良心的かと。

Web版の『目覚めし冒険者の広場』でも同じようなことはできますが、キャラグラフィックを3D表時できたり、手紙を送れたり、手紙やお知らせの到着を知らせてくれるのが便利。バザーで売れたことを、リアルタイムで確認できるのが一番のメリットか。バザーの価格を大陸全土で検索できるのも便利だけど、激安品は秒単位で売れてしまうから、おおまかな相場を確認する、ぐらいで使うのが実用的。3DS版の『冒険者のおでかけ便利ツール』では、起動してネットに接続という手間がかかるけど、スマホなら最初からネット接続してるので利便性が高い。

3DS版より劣るのは、立体視表示ができないことと、すれちがい通信ができないことぐらいか。ダブルすれちがいってシステム自体、あまり盛り上がってる感じじゃないので、スマホ準拠の新しいすれちがいシステムを導入すべきなのかも。

買うなら高くても、Duo13だな。

電撃的に発表された、Windows版『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』。手持ちのWindows 8タブレットPCではパワー不足だった。ドラクエ10は、ハイエンドなPCゲームほどの性能要求はないけど、それなりのマシンは必要ということか。デスクトップパソコンならプレイ可能だけど、できれば持ち運びできるマシンで遊びたい。適当なマシンはないかと調べてたら、新製品でSONYの『VAIO Duo 13』というのがあった。

キーボード内蔵だけど、折りたためばタブレットPC的に使えるというもの。なかなか良さげなので、仕事帰りにヤマダ電機へ行ってみた。PC売り場をさがすと、それらしいものが……いや、これはひとつ前の『VAIO Duo 11』か。サイズと重量はほぼ同じだけど、画面は小さいし性能もDuo13ほど高くない。店員さんに聞いてみたら、Duo 13はまだ展示してないとのこと。まぁ、ドラクエ10用なら10万ちょっとのDuo11でもいいかな……そう思っていたら。店員さんが「少々お待ち下さい」と奥へ引っ込み、なにやらもってくる。なんと、展示用に届いていたDuo 13を見せてくれました! おお、ラッキー。軽くさわってみましたが、Duo 11とは別物。画面もキーボードも大きいし、タッチパッドも使いやすい。駆動時間も8時間から18.5時間へアップ。くらべれば、Duo 11よりDuo 13のほうが性能も質感も、圧倒的によい感じ。まぁ、値段は5万ほど違うので、よくて当然ではあるのですが。

ドラクエ10用&お絵かき用のサブノートパソコンとしては、十分以上。買うなら、高くてもDuo13がよいと思った。難点としては、これを買っちゃうとメインのデスクトップパソコンを使わなくなりそうなことかな。ま、Windows版ドラクエ10の発売はまだ先なので、しばらく検討してみます。

面白いさわり心地です。

ホームセンターで、接触冷感ケット&敷きパットというものを買ってみた。夏用の寝具なんだけど、接触冷感という機能があり、さわるとひんやり冷たい。金属にさわるのと同じで、熱伝導がよく、体温を奪うからひんやりするらしい。

P1030969

どの程度効果があるかわかりませんが、やわらか冷やっこい感触は面白いので試しています。ただ、ここしばらく涼しい日々なので、接触冷感機能を使うまでもなく、ひやっこかったりするのですが。

やはり、ICONIAタブではダメか。

唐突にWindows版が発表された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』。WiiとWii U版だけでは厳しいのかな。ともかく、遊べる環境が増えるのは歓迎なので、自前のタブレットPC『ICONIA (アイコニア)タブ W500』にベンチマークソフトを入れてみる。これでプレイ可能と判定されれば、ベータテストに参加できる。

寸劇仕立てのベンチマークソフトはどうにか完走したけど、映像がカクカクで、判定は892と動作困難。Windows 7のタブレットをWindows 8化したのが問題というより、そもそもスペックが低すぎるということか。

20130624dqcx01

タブレットPCを持ち歩いて、どこでもドラクエXができたら素敵だと思ったけど、コレじゃだめっぽい。自室のデスクトップPCでも試してみましたが、こちらは2010年当時のハイエンドマシンなので、2013年現在でも超余裕。8267で、とても快適と出た。

20130624dqcx02

タブレットPCはあきらめて、デスクトップPCでベータテストに応募。軽くプレイできることを確かめようとしたら、ベータテストの時間外と言われてしまった。ま、いいか。

いまのセカンドキャラを別アカウントで登録するかは別にして、既存アカウントを使ってWindowsマシンでもプレイできるなら、とりあえずWindows版も買ってみるかな。

あと、Androidの連携アプリも公開されたので、サクッと導入。有料版で10キャラまで表示できるようにしました。実際に使うのは、メインとサブの2キャラなんですけどね。なにげに、全大陸からバザーの品をチェックできるのは便利です。

魔法学校の生徒だったこともあるしね。

Nintendo Wii U『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。Wii U版のベータテスト用キャラとして造ったセカンドキャラのウェーデが、ようやく人間に。頭身の低いドワーフ娘から、人間体型にチェンジ。メインキャラも、ずっと人間でプレイしてるので、こちらも人間の姿でいると思う。ちなみに学生服なのは、コスプレ機能で一時的に見た目を変えているのです。下着は、あまり面白いものではなかったな。

20130623-1907_70192445

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

けっこう時間がかかったな。

PS VitaのアクションRPG『朧村正』の男性主人公、鬼助編をクリア。もちろん、ノーマル難易度の修羅モードで。Wii版をクリアしているとはいえ、歯応えのあるアクションに手こずる。テクがなくても、レベルを上げて、強い武器を装備すれば、それなりにクリアできる。

今回は、男主人公の鬼助編のみを進めてクリアし、それから女主人公の百姫編を進めます。ふつうは同時に進行させるのですが、気分を変えて野郎から。まぁ、百姫も中の人がアレなので……ごにょごにょ。