フィールドを駆け廻れ!

Nintendo Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。本作にもドラクエシリーズでおなじみの、小さなメダルが登場する。敵から倒してゲットするか、宝箱からもらうのが基本。集めるとレアアイテムと交換してもらえるのだが、現時点での目玉アイテムはメダル30枚と交換できる「ひらめきのゆびわ」。戦闘終了時にMPを1~3ポイント回復してくれる。魔法使い系はスキルでMP回復がありますが、戦士系はアイテムでMP回復せざるを得ないので、自動でMP回復してくれるアイテムは超貴重。経験値稼ぎの時に、攻撃スキルがぐっと使いやすくなります。

どうやって30枚をゲットしたかというと、まず戦闘で数枚。あとは、攻略サイトを見て、各地の宝箱から集めまくり。中には、一撃で即死するような強敵エリアもありましたが、なんとか計30枚をゲット。無事、「ひらめきのゆびわ」を入手しました。ただ、武闘家の場合は職業クエストでもらえる「ちからのゆびわ」と同時に装着できないため、経験値稼ぎの時は「ひらめきのゆびわ」、ボス戦の時は「ちからのゆびわ」に替えるなどの運用がモアベターかと。
宝箱からゲットできる小さなメダルは残り少ないですが、次は20枚で得られる「パワーベルト」を狙ってみるかな。ツメのタイガークローも使えるようになったし、だいぶ使える武闘家になってきた。

だって周辺機器より安いんだもん。

すっかり携帯ゲームは3DS一色。もはやDSのゲームを買うこともあるまいと思っていたのですが、Nintendo DS『歩いてわかる 生活リズムDS』を購入。生活リズム計という万歩計を所持し、その歩数記録を管理するソフト。実はこのソフト、2008年11月に購入済みで、それ以来、両親ともどもずっと使ってます。東日本大震災の時の、帰宅難民な歩数記録も残ってる。

なんで再度購入したかと申しますと、母親が使用している生活リズム計の調子が悪くなったから。生活リズム計は単体でも販売しているのですが、なぜソフトを再購入したかというとズバリ、そのほうが安いから。Amazon価格で、リズム計単体だと2,590円で、ソフトとリズム計2個セットで1,281円。必要なのは、リズム計1個なのですが、単体購入するよりソフトとセットで購入するほうが割安という逆転現象が発生しておりました。

もう、4年も使ってるソフトなので、あまった分はソフトやリズム計に不具合が出た時のバックアップということで。もう、地上絵を何周コンプリートしたかわからないよ。3DSで同様の新作ゲーム、出ないかな?

消化できるかな……。

ドラクエ10をはじめて以来、録画した番組の消化率が低下。以前は、あまり興味のない番組も流して観ていたのだけれど、それらはバッサリカットして、観たい番組だけを視聴。それでも、観きれない番組があったりします。いっそ、ドラクエ10でレベルアップしながらビデオを観られるよう、小型の地デジテレビでも買おうかと思ったり。ただ、1万円ぐらいの安い奴だと、いろいろしょんぼりな性能らしいし、悩むな。

ペースが落ちてきたけど、質が上がっているかというと……。

Twitterで書いている、140文字小説のログです。

201)●真意:十数年前に設置されたオブジェが、昨年から五色の輝きを放ち、右から熱風を、左から冷風を吐くようになった。エネルギーの浪費だと批判が殺到したが、市は設置を続けている。「これは全国の節電状況に応じて動くオブジェです」と、担当者のコメント。 タイトルは〈節電〉。

202)●眼鏡風呂:「銭湯に行く時、眼鏡はかける?」「いや、外してる」「君の視力じゃ、何も見えないでしょ!」「0.1でも、輪郭はわかるさ」「男の園が全モザイクなんてサギよ、返品よ!」異性の友人が、銭湯に抱くファンタジーなぞ知りたくもないが……。「テメェで、腐れ生やせ!」

203)●宇宙鰻:「ウナギって、生態が不明だったから、宇宙生物って説があるんだよ」「あながち間違いではないな」そう言いながら二人が食べる蒲焼きは、文字通りの宇宙産。一時は絶滅が危惧されたウナギだが、無重力が稚魚の育成に適していることが判明し、ふたたび大衆魚となっている。

204)●ソレモ:その店には、ソレモという裏メニューがあるらしい。「あの、ソレモを」「ソーダですか?」「は、はい」出されたのは、ただのソーダ水。「これがソレモ?」「店内の隠語で、追加用のソーダをソレモと呼びます。お客様が真似される必要はありませんよ」「……ソレモソーダ」

205)●ジブリの谷:「こないだ観たアニメ映画だけど、スタジオジブリっぽい絵柄なのに、ベッドシーンがあったりして、妙な違和感があったよ」「ジブリの谷現象だね。ジブリ作品に似れば似るほど、異なる部分が目立つのさ」「それを言うなら、最近のジブリ自身、ジブリの谷な気がするよ」

206)●元年:全世界が電子書籍元年となった。すべての書籍に電子化が義務づけられ、紙の書籍は発禁となる。「やっと、ですね」「普及のためとはいえ、ここまでする必要があったのか?」紙を腐食、分解するバクテリアの蔓延により、書籍の三分の二が消滅し、人類はようやく紙と決別した。

207)●代役:寝所の脇に立つ男が短剣を突きおろすと、視界がゆがむ。奴は大仰に低頭し、朽ちかけた余の代わりに、最後の台詞を口にする。「余は二人も要らぬ」奴は余だ。余を知りつくした、完璧な代役だ。その思考が、奴に余を殺させた。理解できる。余も、先代の余を弑逆したのだから。

208)●私道:『通り抜けはお勧めしません』と、私道に立看板。「不可でも禁止でもなく、非推奨なんだ」「近道だし、通っちまおうぜ」だが、道を抜けた二人が、現世に戻ることはなかった。冥界へ直結する「死道」。杜撰な管理が指摘されるのは、死後の世界が証明されてからのことである。

209)●益化:「この益虫、サイコーに逝けすぎィ!」薬剤では耐性と中毒性が増すばかり。患者は増加を続け、社会機構は崩壊寸前だ。「益虫サマに、最・敬・礼ッ!」遺伝子操作によって生まれた、刺されてもかゆくならない『蚊』は、幻覚作用を持つ害虫として世界中で猛威を振るっている。

210)●願望:「このゲームの最新作って、ネットに繋がなくても遊べるよね?」「オフラインモードもあるけど、オンラインが本番だよ」「オフラインで遊べるんだよね!」「うん。でも、レベル制限があるしオンラインじゃないと……」「オフライン!」「ゴメン、君が望むゲームじゃないね」

コメントに書いておけば大丈夫か。

Nintendo Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。武闘家でツメがメインですが、サポート仲間に登録するときは攻撃力重視で棍に持ち替えていた。ただ、スキル的にはツメを伸ばしているので、棍よりは多彩な技が使える。硬い敵にダメージを与えにくい点は、こおりのツメを道具として使うことで補えるけど、サポート仲間の時にやってくれるかは不明。

とりあえず、コメントにツメ装備であることと、攻撃力、防御力を記載して、検討してもらいやすいようにした。ツメの特性を知っていれば、やわらかい敵を狩る用に使ってくれるでしょう。あとは、装備の性能を高めてステータスを底上げするぐらいか。MP回復用に、ちいさなメダル30枚でもらえる「ひらめきのゆびわ」も欲しいな。

ついにヒューマンバディだぜ!

Nintendo Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。ようやくレベルが40を突破し、とうぞくのカギをゲット。6つ目のキーエンブレムもゲットし、ついに人間の姿を取り戻しました。派手な色の5種族から、人間に戻ってヤレヤレなのですが、人間男だとみんな似たような顔と髪型になりやすいのが難点。最初は、人間以外の種族でプレイを強要されるのはどうかと思ったけど、見慣れるとツノやらヒレやらが生えてるのも良いのかも。とりあえず、これからゲームをはじめる方は、人間男を無難な悟空顔にしないことをオススメしておきます。

同じイベント連続はツライ。

Nintendo Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。現在39レベルで、そろそろ第2段階のキーエンブレムもゲットできそうな感じ、なのですが。友人のヘルプをしてたら、なんだかWii持参で自宅に召喚され、メシつきで第1段階のキーエンブレムゲットの手伝いをすることに。僕のレベルなら余裕ですが、30弱の友人にはギリギリか、ちょっときつい。ということで、1段階目のキーエンブレムイベントを連戦。いちど観たイベントを再見、それも2回も連続やるのはヘビーだった。必死こいて自力でクリアしたイベントを、鼻歌まじりにクリアされてしまうのは納得行かないと思いつつも、みずからの力で強敵をうち砕く喜びは僕だけのものだと思ったり。でもやっぱ、人間の操作するキャラとプレイするのは楽しいです。

ひさびさに課金オンラインゲームをやります。

Nintendo Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。無料プレイ期間が終了し、月額1000円の有料プレイとなった。課金オンラインゲームはウルティマオンラインなど、やったことはあるけど、本当にひさびさ。ドラクエ10が良いところは、オンラインゲームだけど、協力プレイが必須ではないこと。多少不利ではあるけど、地道にひとりでプレイしても何ら問題なし。オンラインゲームをやっていても、オフラインと変わらない、などと揶揄されてきた僕にはやさしい仕様。今後の拡張も控えているので、遊びつくせるまで遊び倒す所存。

友人のヘルプではありますが。

Nintendo Wiiト『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』。オンラインとはいえ、ひたすらひとりでプレイすることも可能。そんなこんなで、レベル30代後半まできましたが、ここで初のパーティプレイに誘われた。友人のヘルプで、クエストの敵を倒し、そのまま軽く経験値稼ぎ。自分のストーリーを進行中でしたが、こういう意外な展開があるのも、オンラインの魅力。パーティプレイ上等であります。

ちなみに、僕のキャラ「よっしい」は以下の通り。ウェディの武闘家で、ツメと棍を使います。フレンドに誘っていただければ、基本的に断りませんよ。よろしく~。

[よっしい]
キャラID: RA062-121
種 族: ウェディ
性 別: 男
職 業: 武闘家