2017年の新型日産リーフをみてきた

電気自動車の日産リーフというと、愛車日産ジュークを車検に出したときに代車として借りました。その際は、クルマとしての走行性能に不満はなかったものの、航続距離の短さと充電の面倒さに辟易したもの。

そんなリーフがフルモデルチェンジ。微妙なルックスが改善され、航続距離も400キロにアップ。ただ、電気自動車をフル充電するのは意外と難しいので、安心して乗れるのは半分の200キロぐらいという感じかな。

大々的に発表された新型リーフの実車が、横浜の日産グローバル本社ビルで展示してるというから、仕事帰りにいってみた。何度かおとずれたことがありますが、横浜駅から歩くのははじめてで、ちょっと迷った。そごうのほうから廻っていけばいいのね。入口をはいってすぐに、赤い新型が。

対面した新型リーフは、写真でみるよりも高級感がある。一見するとガソリン車的なフェイスですが、空気取り入れ口は不要なのでフラットなのはいいですね。日産車というよりホンダ車的な宇宙刑事フェイスなのは気になりますが。リアは愛車ジュークに似たL字のテールランプ。外観はなかなかいいと思った。

内部は外観ほどインパクトはなく、値段なりというか、あまり高級感は感じなかった。僕はジュークの安いなりにがんばってる感がある内装が好きなので、新型リーフの内装には感銘を受けませんでした。

1台しか展示してないのかと思ったら、奥の方にたくさん新型リーフがならんでた。最初からツートンカラーがあるのが今様ですな。電気自動車は、これからどんどん性能がアップするだろうから、航続距離と充電の手間がさらに改善されないと乗り換えは厳しいか。いずれ、実車に試乗してみたいと思います。

夏の暮れな鎌倉海岸『DIGNOケータイ 502KC』用待受壁紙2017年8月

今月も502KC用に特化した壁紙を公開。鎌倉在住なのに鎌倉の海へはあまり行かないのですが、夏の暮れの材木座海岸を歩いて素材を撮影。

冷夏でも、それなりに水着姿の方もおられましたね。

過去に公開した待受壁紙の一覧はコチラ。

ネットにつながるIoTエアコン、アイリスオーヤマ『IRW-2817C』を購入

自室で使用しているエアコンが10年超となったので、アイリスオーヤマ『IRW-2817C』にリプレイス。10万弱クラスのミドルレンジエアコンですが、ウリはなんといっても無線LAN機能搭載で、外出中でも専用アプリから操作ができること。

設置工事後、さっそくネット接続させてみた。やり方は、専用アプリ「Net Home Plus」をスマホにインストールして、ユーザー登録してログイン。アプリを登録モードにしてリモコンの風量ボタン10秒間押してから、10分以内に登録したいエアコンに貼られたQRコードをカメラで読み取り、無線LANの設定を済ませれば完了。いったん登録が完了すれば、スマホ経由で自在にエアコンが操作できます。
本機は人感センサー搭載で、人感センサーボタンを押すと人が「いる・いない」を検知して、いない時は省力運転をしてくれる。エアコンをつけっぱなしにすることが多いので、不在時の省力運転はありがたい。以前のエアコンよりも冷却機能が高く、同じ感じで設定したらちょっと冷えすぎる感じでしたが、自動運転の27度設定にしたら快適に。

スマホアプリは、外部サービスを利用しているようですが、いつまで使えるか不安ではある。10年後も同様に、ネット経由の操作ができるのだろうか。ルータなどでよくある、ブラウザでLAN内機器の設定画面に入れる機能があってもよかったのではないかと。

au版iPhone 5Sのバッテリーを交換

サポート切れまで安心して使えます。

格安SIMであるmineo用に、中古のau版iPhone 5Sを使用中。中古で買うあたり、期待値の低さがうかがえるチョイスですが、なにげにセカンドスマホとして活躍中。主な用途は、カーナビアプリのカーナビタイムと、インターネットラジオアプリのRadiko、ゲームアプリのポケモンGOなど。どれもメインのスマホであるXperia Z5でも使えるのですが、分散させることで快適度がアップ。iPhone 5Sは旧型機なので性能限界は低いですが、予想以上に快適なので、次回は新品で買おうかなと思うほど気に入りました。

ついにiPhoneデビューしました!

とはいえ、中古の端末であるだけに、しばらく使っていたらバッテリーがヘタってきた。自宅と職場の通勤時間は1時間半ほどですが、その間にポケモンGOをプレイしてると、ほぼ満充電でも到着前にバッテリー切れを起こすように。モバイルバッテリーにつなげばいいのですが、ヒモつきはなにかと不便。いっそ、ワイモバイル端末をiPhone SEに機種変更しようかとも思ったけど、5Sもバッテリーの持ち以外は我慢できる範囲ではあります。iPhoneのバッテリー交換費用について調べたところ、アップル公認のショップでは8,800円から、非公認のショップでは4,500円からとのこと。半分ちかく安いなら非公認ショップでもいいかなと連絡してみたところ、4,500円とはバッテリー代のみで、別途3,000円の工賃がかかるから、実質は最低7,500円から。う~ん、そのていどの差額なら、公認ショップで交換してもあまり変わらないような。公認ショップだとバッテリーを交換してくれない場合があるので、どうしても交換したい時に頼むモノ……とのことですが、釈然としないものを感じて公認ショップに依頼しました。

職場のちかくに公認ショップがあったので、週末に予約して持ち込んだところ、たしかにバッテリーが消耗してるので交換が必要。費用は税込みで10,908円からとののこと。8,800円じゃないのかと思いはしたけど、対応が丁寧で感じがよかったので交換を依頼。バッテリーの在庫がないとのことで、週明けに再度訪れて交換してもらいました。バッテリーを交換するだけなのですが、データが飛ぶかもしれないからバックアップしてください、もし故障するようなことになれば交換対応でもっと費用がかかります、などと恐ろしげな「確認事項」を了承し、作業開始。15分ほどで、バッテリー交換は無事に完了。データが飛ぶことも、起動不能になることもなく、あっさりと戻ってきました。

iPhone 5Sは、サポートが継続している端末のなかでは古いほうなので、いつまでアップデートが続くか微妙なところ。とはいえiOS 11までは対応が確定しているので、最低でもあと1年ほどは使える。その間、ヘタったバッテリーでイライラすることがなくなったので、サポート切れまで安心して使えます。ためしに、仕事帰りにポケモンGOをやってみましたが、自宅についた段階で半分以上残ってた。以前ならバッテリー切れか、寸前まで消耗してたから大幅に改善しました。投資が無駄にならないよう、iPhoneを活用していきます。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

posted with カエレバ

ケイ・オプティコム 2015-03-27

対戦ゲームで手加減すべきかの私見

だから最近は、最初にボコられるとわかっているネット対戦を、あまりしなかったりするわけですが。

テレビを前に、ゲーム機で仲良く対戦。ファミコン時代ではありふれた光景でしたが、最近はネットゲームやスマホゲームが主流になって、あまりやらなくなりました。とはいえ、対面での対戦プレイはたまにやることがある。その際に問題になるのは、技術に差がある相手に手加減すべきか否かという問題。いわゆる、接待プレイというヤツですね。わざと負ける、負けないまでも攻撃を食らってやる、などの忖度、手加減を要求されることがままあります。相手も楽しめるよう、手心をくわえるのがマナーみたいな考えもあるかもしれませんが、僕は基本、手加減はしないことにしてる。相手が頼めばしますけど、自分からわざと負けることはしません。

こういう考えになったのは、ネット対戦をするようになってから。基本は1人用ゲームでも、ネット対戦モードつきのものがあります。1人用でひととおり遊んだのでネット対戦してみるか……とはじめてみると、まず最初はボコボコにされます。ほどよく負けてくれる1人用モードとちがって、ネット対戦モードは勝つ気満々の人間が相手ですからね。そこで折れずにプレイを続けると、次第に対戦のコツをつかみ、勝てるようになってくる。最強のプレイヤーにはなれずとも、努力すればそこそこ戦えるようになる。この、「そこそこ戦える」状態で対面での対戦プレイをはじめると、まず不慣れな相手なら圧勝できてしまいます。はじめてネット対戦した相手のように、初心者をカモれてしまうワケです。接待プレイで手加減しろと? でも、ネットで対戦することを基準に考えれば、ネットだろうが対面だろうが、全力で相手をするのが当然だし、叩きのめされて嫌気がさすようなら、そのゲームには向いてないと思う。

もちろん、指導を目的とした手加減プレイというのもアリだとは思うし、求められればやります。が、僕の方から率先して接待しようとは思わない。逆に、僕が不慣れなゲームで相手に全力でボコボコにされても、正当なプレイであるかぎりは文句をいうつもりはないです。だから最近は、最初にボコられるとわかっているネット対戦を、あまりしなかったりするわけですが。

僕は対戦プレイで手加減はしませんし、相手にも求めません。手加減や指導プレイをしてほしいなら、申し出てください、というハナシ。

Amazon

楽天市場

huluを解約して1ヶ月、Amazonギフト券を申請する

不具合があろうとなかろうと、これ以上サービスを追加する必要はなさそうなので。

オンデマンドのビデオサービスを整理して、huluを解約しました。NetflixとAmazonプライムビデオがあればじゅうぶんという判断。huluが2017年5月のリニューアルでトラブルを連発したのは、ちょうどいい解約するきっかけでした。

ビデオオンデマンドサービスを比較してhuluを解約した

あれから1ヶ月、huluなしで生活してきましたが……特に問題はありませんね。観たいコンテンツは、おおむねNetflixとAmazonプライムビデオがカバーしてくれてる。たまに、アレはhuluでないとダメというものもありますが、ふたつのサービスだけでも観きれないボリュームだし、Amazonプライムビデオなら有料でレンタルするオプションもある。見放題プランにないコンテンツでも、いざとなれば有料で観られるというのは心強い。

「ギフト券」の申し込みについて/Notice on How to Apply for the Gift Ticket

特にhuluがなくても困らないとわかったので、5月のトラブルでのお詫びにもらえるギフト券は、Amazonギフト券1,000円分にしました。hulu利用券1ヶ月で、あわよくば復帰をと期待してるんでしょうけど、不具合があろうとなかろうと、これ以上サービスを追加する必要はなさそうなので。

お詫びの準備に1ヶ月かかって、さらにギフト券の配布が8月4日以降って、けっこう時間がかかるものですな。対象の方は、2017年7月10日(月) 午前10時00分 ~ 2017年7月23日(日) 午後11時59分までなので、申請をお忘れなく。

祭りだドンドコ『DIGNOケータイ 502KC』用待受壁紙2017年7月

ここで商売するのは厳しいんじゃないかなぁ。

今月も502KC用に特化した壁紙を公開。ドラマでやってた、鎌倉の某代書屋さんの近くです。祭りだったのでにぎわってたけど、ここで商売するのは厳しいんじゃないかなぁ。

過去に公開した待受壁紙の一覧はコチラ。

【WordPress】ブログのテーマを『Twenty Fourteen』に変更して追加CSSでカスタマイズ

追加CSSという機能でカスタマイズしてみました。

WordPressにて構築したブログのデザインをリニューアル。これまでのデザインも気に入ってましたが、10年以上おなじテーマを使うとさすがに古くさくなってきた。従来はPC用サイトがメインで、モバイル用には別デザインが適用されていたけれど、スマートフォンなどモバイルデバイスでのアクセスが増加してきたのでPC用と親和性をもたせたい。WordPress用にオフィシャルのテーマが公開されているいっぽう、個人で凝ったテーマも公開されている。ただ、個人公開のテーマはセキュリティ的な問題があるし、メンテナンスが継続する保障もない。あるていど信用できてアップデートも期待できるとなると、オフィシャルのテーマにせざるをえません。WordPressオフィシャルテーマとしてTwentyというシリーズがあるうち、『Twenty Fourteen』というテーマをカスタマイズすることにしました。

このままのデザインでも悪くはないですが、エントリーのタイトルフォントがでかすぎたり、サイドバーやエントリーの幅がせますぎたりと気になるところがある。テーマそのものを改造することもできるけど、それだとテーマがアップデートされると元にもどってしまうので、追加CSSという機能でカスタマイズしてみました。

追加CSSとは、テーマの標準設定を特定の部分だけ上書きできるもの。旧デザインの色遣いやレイアウトに近い感じで変更。『Twenty Fourteen』のスタイルシート(style.css)を調べて、変更したい箇所の設定を洗い出し、追加CSSに追記しました。新しいテーマはブラウザのウインドウサイズごとにレイアウトが最適化されるので、PCでもスマホでもいい感じで表示されるように。

ご参考までに、現時点での当サイトに適用されている『Twenty Fourteen』用追加CSSを公開。必要と思われる箇所のみなので、気になる場所があったら随時追加、変更するかもしれません。てか、こういう情報があまりなくて、トライ&エラーでの解析が面倒でしたよ。

Amazon

楽天市場

/**
 * Twenty Fourteen for Astronaut Custom ver1.2
 * -----------------------------------------------------------------------------
 */

/**
 * 1.0 Reset
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * リンク色、選択色を変更
 */

a {
	color: #006699;
}

a:active,
a:hover {
	color: #FF5E06;
}

::selection {
	background: #099999;
}

/**
 * 2.0 Repeatable Patterns
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * ボタンの色を変更
 */

/* Buttons */

button,
.button,
input[type="button"],
input[type="reset"],
input[type="submit"] {
	background-color: #006699;
}

button:hover,
button:focus,
.button:hover,
.button:focus,
input[type="button"]:hover,
input[type="button"]:focus,
input[type="reset"]:hover,
input[type="reset"]:focus,
input[type="submit"]:hover,
input[type="submit"]:focus {
	background-color: #FF5E06;
}

button:active,
.button:active,
input[type="button"]:active,
input[type="reset"]:active,
input[type="submit"]:active {
	background-color: #099999;
}

/**
 * 3.0 Basic Structure
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * メインコンテンツを中央寄せ
 */

.site {
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
}

/**
 * 4.0 Header
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * ヘッダーの背景色変更、検索ボタンの色変更
 */

.site-header {
	background-color: #099999;
}

.site-title {
	font-size: 20px;
}


/* Search in the header */

.search-toggle {
	background-color: #006699;
}

.search-toggle:hover,
.search-toggle.active {
	background-color: #FF5E06;
}

.search-box {
	background-color: #006699;
}

/**
 * 5.0 Navigation
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * メニュートグルの色変更
 */

.menu-toggle {
	background-color: #099999;
}

/**
 * 6.0 Content
 * -----------------------------------------------------------------------------
 */

.site-content .entry-header,
.site-content .entry-content,
.site-content .entry-summary,
.site-content .entry-meta,
.page-content {
	max-width: 750px;
}

/**
 * 6.1 Post Thumbnail
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * サムネイル画像の背景を無地に
 */

.post-thumbnail {
	background: #FFFFFF;
}

a.post-thumbnail:hover {
	background-color: #FFFFFF;
}

/**
 * 6.2 Entry Header
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * エントリーの文字サイズ、色、幅を調整
 */

.entry-title {
	font-size: 22px;
	font-weight: 600;
	color: #006699;
	text-transform: none;
}

.entry-title a {
	color: #006699;
}

.entry-title a:hover {
	color: #FF5E06;
}

/**
 * 6.3 Entry Meta
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * エントリーリンクの色変更
 */

.entry-meta a:hover {
	color: #FF5E06;
}

.entry-meta .tag-links a:hover {
	background-color: #FF5E06;
}

.entry-meta .tag-links a:hover:before {
	border-right-color: #FF5E06;
}

/**
 * 7.1 Widgets
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * ウィジェットの色を変更
 */

.widget a:hover {
	color: #FF5E06;
}

.widget_calendar tbody a {
	background-color: #006699;
	color: #fff;
	display: block;
}

.widget_calendar tbody a:hover {
	background-color: #FF5E06;
}

/**
 * 8.0 Footer
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * フッターの背景色変更
 */

.site-footer {
	background-color: #099999;
}

.slider-direction-nav a:hover {
	background-color: #FF5E06;
}

/**
 * 11.0 Media Queries
 * -----------------------------------------------------------------------------
 * 背景色を変更し、サイドバーの幅を260px、ウィジェットの幅を200pxに変更
 */

#secondary {
background-color: #099999;
}

.primary-navigation li:hover > a,
.primary-navigation li.focus > a {
	background-color: #FF5E06;
}

@media screen and (min-width: 1008px) {
	.search-box-wrapper {
		padding-left: 260px;
	}
	.site-content {
		margin-left: 260px;
	}
	.site:before {
		background-color: #099999;
		width: 260px;
	}
	#secondary {
	width: 200px;
	}
}

@media screen and (min-width: 1080px) {
	#secondary {
	width: 200px;
	}
}

『Potensic キーファインダー』で失せ物探し

ケータイやスマホに必要かは微妙。

先日、愛車の鍵を紛失してしまいまして、1週間ほどスペアキーで運転してました。支障はないものの、誰かに拾われて悪用されたらと思うと不安がつのる。結局、鍵は何度もポフポフしたはずのスーツのズボンに入っていたというオチ。今回は事なきをえましたが、いざという時に見つける手段がないのは問題と感じました。

でもって購入したのが、『Potensic キーファインダー』という商品。リモコンとタグ6個がセットになっており、リモコンのボタンを押すと、対応するタグから電子音が出るしくみ。リモコンとタグは、CR2032のボタン電池を使用。最初にリモコンとタグをペアリングさせる設定が必要ですが、以後は鳴らしたいタグのボタンを押すだけ。もちろん、クルマの鍵にも取り付けました。あとは、よく見失うケータイとスマホとタブレットにも取り付け。電話を鳴らすという手段があるので、ケータイやスマホに必要かは微妙。タグも4cm角とそれなりに大きく厚いので、カチャカチャと邪魔ではあります。ただ、慣れてしまえば気にならないサイズですし、ボタン1発で音が出るのはやっぱり便利。ストラップがつけられないiPadは背面にマジックテープで貼りつけましたが、みつからずウロウロする手間を考えれば、コレはアリですな。ストラップのつく機器も、カチャカチャいわないようマジックテープで固定可能にして運用中です。

本来は、失せ物探し用なんでしょうけどコレ、ネームプレートとかにつけて、近距離呼び出し用にも使えそう。電波は最長40m到達するそうなので、いろいろと使い道がありそうです。ペットの首輪につけて、鳴ったら来るように仕込むとか、できるかも。

郁雄/吉武の創作小説サイト