ライセンスは1アカウントに1つで十分なんだな。

Wii/Wii U/Windows『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』をプレイ中。ついにバージョン2.0こと『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』が発売。AmazonでWii U版とWindows版を購入しました。誤解していたのだけど、バージョン2.0は1つのアカウントに対して1本、購入してライセンスを登録すれば、Wii/Wii U/Windowsのどれでも遊べる。2.0を遊ぶためにはパッケージをインストールする必要があるけど、最初のパッケージのように、Wii/Wii U/Windowsそれぞれのライセンスを購入する必要はありません。それを知らず、Windows版のパッケージを2本買ってしまいました。僕は2アカウント持ちなので、Wii U版、Windows版を1本ずつ買うだけで良かったのか。むぅ、失敗。

レベル開放や新大陸への渡航など、新要素をゆっくり楽しみます。

,

帯に短したすきに長しでトホホ。

Winodws8.1にアップグレードしたタブレットPC『VAIO Duo13』を使用中。重いし、キーボードを出した時に画面の角度を変えられないと持ちはこぶのに完璧ではないけど、バッテリーの持ちが良いのと、ドラクエXがサクサク動く処理能力の高さには満足。Windows8のクセのある操作も、慣れてしまえば問題なし。

ただ、想定外に困ったのが電子書籍ビューワとして使いづらいこと。いちばんメインで使ってる電子書籍サービス、Amazon Kindle用の日本語版ビューワがないのだ。せっかくの大画面を活用するアプリできないのは、非常にもったいない。早急に日本語版の公式アプリをリリースしていただきたい。

とりあえず、『BlueStacks』というソフトでAndroidアプリを擬似的に再現し、Duo13でもKindleが使えるようにはしてる。ただ、動作が不安定で重いため、快適とはいいがたい。ならば、Androidを開発するツールである『Android SDK』を入れてみた。開発ツールに付属して、エミュレーターもついてくるからアプリも入れられるし。

導入じたいは、パッケージをダウンロードして解凍し、ファイルを実行するだけと簡素。実行するマシンを設定して起動すれば、お好みのスペックでAndroid環境を再現できる。基本的に、モバイルマシンを再現した設定で動かすものですが、Intel系のCPUで動く前提の設定も可能。Duo13のBIOS設定で「Intel VT」機能を有効化して「Intel HAXM」をインストールし、x86系のイメージで起動すればサクサク動く。

……のだが、これだとGoogle Playにアクセスできず、Kindleアプリがインストールできない。色々な設定で試しましたが、サクサク動いてKindleアプリを導入できる設定がどうしても見つからず。仕方なく『BlueStacks』に戻したらなんだかアップグレードしてて、Andoroid 4.0相当になってた。あいかわらずKindleは重いけど、いくらか挙動が安定したので当分、『BlueStacks』で行くしかないな。

Window版のKindleアプリはよ!

スタートボタン復活……したけど?

Windows 7から8へアップグレードしたタブレットPCに、Windows 8.1プレビュー版を入れてみた。正式版ではないので不具合があってもノンサポートですが、まぁ良い。7から8にアップグレードする時は、Cドライブの容量不足に苦しめられましたが、8.1の導入は2ギガほど空きがあれば良いので、容量面では苦労せず。

8.1では、8で削除されたスタートボタンが復活! と騒がれてました。たしかに、8.1プレビュー版ではデスクトップ画面左下にウインドウをマークのボタンがある。ただ、クリックして起動するのはWindows 8のスタート画面。つまり、Windowsボタンを押した時に表示されるのと同じもの。いくから、以前のWindowsに近づけてはみたけど、あくまで8のインターフェイスに慣れろということか。

8.1プレビュー版のデメリットとしては、『ウイルスバスタークラウド』が無効化され、かわりにWindows Defenderが有効化されてしまうこと。最低限、ウイルスチェックはしてくれるだろうけど、ここらへんは正式版で対応されるのを待つしかないですな。

やはり、ICONIAタブではダメか。

唐突にWindows版が発表された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族』。WiiとWii U版だけでは厳しいのかな。ともかく、遊べる環境が増えるのは歓迎なので、自前のタブレットPC『ICONIA (アイコニア)タブ W500』にベンチマークソフトを入れてみる。これでプレイ可能と判定されれば、ベータテストに参加できる。

寸劇仕立てのベンチマークソフトはどうにか完走したけど、映像がカクカクで、判定は892と動作困難。Windows 7のタブレットをWindows 8化したのが問題というより、そもそもスペックが低すぎるということか。

20130624dqcx01

タブレットPCを持ち歩いて、どこでもドラクエXができたら素敵だと思ったけど、コレじゃだめっぽい。自室のデスクトップPCでも試してみましたが、こちらは2010年当時のハイエンドマシンなので、2013年現在でも超余裕。8267で、とても快適と出た。

20130624dqcx02

タブレットPCはあきらめて、デスクトップPCでベータテストに応募。軽くプレイできることを確かめようとしたら、ベータテストの時間外と言われてしまった。ま、いいか。

いまのセカンドキャラを別アカウントで登録するかは別にして、既存アカウントを使ってWindowsマシンでもプレイできるなら、とりあえずWindows版も買ってみるかな。

あと、Androidの連携アプリも公開されたので、サクッと導入。有料版で10キャラまで表示できるようにしました。実際に使うのは、メインとサブの2キャラなんですけどね。なにげに、全大陸からバザーの品をチェックできるのは便利です。

減力してはいるのですが。

なんだかんだで、色々ゲームをしている。家庭用ゲーム機も、携帯ゲーム機も、スマートフォン、タブレットPCでも遊んでる。家庭用ゲーム機はドラクエ10を、引きこもりがちながらも継続中。携帯ゲーム機はドラクエ7と、どうぶつの森。ドラクエ7をメインに、森は石突きと化石集めで小銭を稼ぐのみ。スマートフォンは、コロプラの『コロニーな生活』と、『駅奪取』、それとTポイントと連動した『Tの世界』も。なめこデラックスは、新しい要素が追加されたら再開する予定。Windows 8のタブレットPCでは、ソリティアと上海の日替わりチャレンジを。今月分はコンプリートしそうなので、来月からはマインスイーパーの日替わりチャレンジをするかも。

こうして書き出してみても、ちょっとプレイしすぎな気が。やるにしても、もうちょっと減らしたい。最近話題のスマホゲーム、パズドラこと『パズル&ドラゴン』も気になりますが、とても手を出す余力なし。つ~か、ハマるのが怖くてあえて避けてます。もっと時間を効率良く使わないとな。

,

これはマウスでやるべきかも。

Windows 7のタブレットPCを、今年の正月休みにWindows 8へアップグレードしてみた。正直、Windows 7はタッチ操作には不向きだと思ってたけど、Windows 8にしたらなかなか快適。作法が従来のWindowsとは異なるけど、覚えてしまえばサクサク動かせる。で、やっていることといえばメールチェックでもなければ、サイト閲覧でもなく、ゲームアプリ。しかも超古典のソリティア(Microsoft Solitaire Collection) やら上海(Microsoft Mahjong)やらをやってる。題材は古典でも、今様なリッチな造りになっており、無料アプリにしてはじゅうぶん遊べる内容。ただ、Windowsの古典ゲーム代表格であるマインスイーパー(Microsoft Minesweeper)は、ダウンロードはしたものの、ほとんどプレイしてなかった。けど、ソリティアと上海はひととおりプレイして満足したので、満を持してマインスイーパーに挑戦。

ルールはおなじみ、マス目に隠された爆弾を避けつつ、爆弾以外のマスを開くこと。開いたマスには隣接するマスの爆弾の数が表示されるから、それを参考に爆弾を回避する。Windows 8アプリ版もやることは一緒ですが、画面がゴージャスになり、日替わりのチャレンジモードや、アドベンチャーモードなんてモノまである。これはこれで面白いのですが、プレイしてたのは上級モード。30×16マスの爆弾解除を目指す。これがなかなか難しい。どうしても運だのみでマスを開く瞬間があるので、運悪く爆弾が爆発してなかなかクリアできない。

正確な操作が要求されるので、タッチ操作との相性は悪い。最初はタッチでやってたけど、間違ってとなりのマスをタッチして起爆などのミスが発生しやすいので、最後はマウスでやってた。もともとこのゲーム、マウス操作の練習用なところもあるし、仕方ない面はある。数時間ねばって、やっと上級モードをクリアしました。慣れると、かなり運の要素抜きの、理詰めでマスを開けるようになります。

いまいち評判の悪いWindows 8だけど、タブレットPCのゲーム用としては、なかなか遊べるガジェットだと思います。こんなにWindowsでゲームするようになるとはね。

なにげにゴージャス。

Windows7のタブレットを、Windows8にアップグレード。新しいOSで色々遊んでますが、Windowsの定番ゲームといえば、トランプを使ったソリティアや、地雷を推理するマインスイーパ-など。Windows8では、これらは最初からインストールされておらず、Windows8のストアからアプリとしてダウンロードする必要がある。タイトルは、「Microsoft Solitaire」と、「Microsoft Minesweeper」。遊ぶためにはXboxのアカウント登録も必要と、手軽にサクサク遊べるモノではありません。

そのかわり、画面がやたらとゴージャスになり、ルールも複数から選択できる。さらに、毎日お題が出て、クリアボーナスのコインを集めるなんて要素もあります。面倒にはなったけど、遊び甲斐はグンとアップ。ついつい、毎日のお題に挑戦しまくりの日々。頭を使う問題なら時間をかければ解けるけど、厄介なのは時間制限があるお題。数分で解かないといけないとなると、機器の処理速度がネックになる場合も。レスポンスが遅くてイライラすることもあるけど、慣れればかなりハマリます。

DVDが観られるよ!

Windows7のタブレットを、Windows8にアップグレードした。もう、二度と勘弁して欲しいと絶叫するぐらい面倒だったのだが、完了後はなかなか快適。8独特の操作もだいぶ慣れてきた。クセはあるけど、タッチ操作は、7よりずっとやりやすいです。アップグレードが安いのは1月31日まで。そして、Windows Media Center Packという追加プログラムも同日までは無料でインストールできるらしい。

何が便利になるのかイマイチわからないまま、プロダクトキーを入手してアップグレード。こちらは、特に問題なく追加完了。どうやら、チューナーつきパソコンならテレビ録画ができるみたいですが、そういうのはついてないので意味なし。追加ソフトなしでDVDの再生が可能になるので、そこは便利かな。とりあえず、あって困るものではないモノを無料で入手できたので良しとします。

タブレットPCは8にアップグレードする価値があると思うけど、デスクトップのWindows7パソコンを8にアップグレードする気にはなりませんな。ピーキーすぎて、オイラにゃ無理だよ。

デスクトップ版最高。

出先でブログを更新中。自宅のパソコンを遠隔操作して更新したいので、Windows8にアップグレードしたタブレットPCに『TeamViewer』というリモートアクセス用アプリを入れてみた。Windows8専用のバージョンを入れたので、普通のWindowsデスクトップ版とは勝手が違う。Windows8用だけど、iOS版に近いか。で、昨日このアプリを使って自宅のパソコンを操作し、ブログを更新しようとしたのだが、これがダメ。動作がすぐ重くなって、思ったように操作できない。ウェイトのついた手袋をつけて操作しているようなもっさり感。最後は、Andoroid版の『TeamViewer』で更新を確定したぐらい。まだ、こなれていないんだろうけど、現行のバージョン(8.0.16594 CL)では、ちょっと使い物にならないな。

せっかくのWindows8なので、アプリ版を使いたかったけど断念し、デスクトップ版からこの記事を書いてる。文字入力もバッチリできてるし、固まったりすることもない。これぞ『TeamViewer』。ネット接続はLTEスマートフォンのテザリングなんだから、回線品質に問題があるわけもなし。Windows8アプリ版は、今後の改良に期待するしかないですな。

,