偽色っぽく攻めてみた。

月例のケータイ用QVGA(320×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。

201112cala201112calb

カレンダーなし壁紙も公開。

201112cala2201112calb2

,

おいしくいただきました。

ドラクエで敵を倒しても、やっつけただけで、殺してはいない気がしますが、人類はスライムを食するという業を背負うことに。ファミリーマートで売っている『スライム肉まん』を購入。

P1130167P1130169

しかしこの肉まん、どう頑張ってもグロ画像にしかならないな。味は、いたって普通なコンビニ肉まん。スライムというキャラクターを題材にしなければ、絶対にチョイスしないであろう青色と、造形クオリティの低さが、スプラッターな不気味悪さを自動生成している。

しかし、ここで歩みを止めてはならない。スライム肉まんが進化を遂げれば、フィギュアと見紛うばかりの超絶クオリティに進化させることも不可能ではないはず。求む、進化の秘宝!

オフラインでも快適。

iPod touch用に、地図ソフト『MapFan for iPhone』を購入。定価2,300円のところ、12/8まで900円だったので。いずれ、iPadも自分用に買いたいので、そのためにも手に入れておこうかなと。

15D30F20-A115-4F65-966A-115B4BDDF03B

touchにはGPSがついていないので、位置情報はあまり正確ではありませんが、それでもおおまかなナビはできる。データをダウンロードしているので、読み込みのストレスもなし。ただ、そのためにダウンロードするデータも大きいので、モバイルルーター経由で落としたら、数時間かかった。その上、モバイルルーターのバッテリーが、電源へ繋いでいるにもかかわらず、ぎゅんぎゅん減りはじめたのにはまいった。やっぱり無線LANで落とすべきアプリですな。

予備の電池やメモリーカードを入れておくスペースは絶無。

新型ポメラDM100の専用ソフトケース、『DMC4 ブラック』を購入。DM10、DM20の頃は『ソフトケース DMC2』を愛用していたけれど、これは折りたたみ式のキーボードが安定しないため、膝打ちする時の下敷き用だった。DM100はシンプルなふたつ折りなので、そもそも膝打ちに下敷きは不要なのですが、純正品ということで購入してみた。

P1130159

毎度のこととはいえ、タンカーに一斗缶を積むような、Amazonさんの巨大梱包に辟易しつつ、開封。

P1130161P1130160

外は黒くて、中は赤。DM100本体右上の、ストラップホールに使っちゃいけない不思議突起に合わせたデザインなので、差し込む方向が限定される。この突起、折っても実用的に問題ないよね?

P1130164

純正品だから当然、ジャストフィットするのですが、予備の電池やメモリーカードを入れておくスペースは絶無。前のソフトケースは、予備の電池を挿すスペースが用意されていたのに……。本体の完成度が高いのだから、ケースも長期戦に耐えうる備蓄能力を兼ね備えて欲しかったです。

持っていて嬉しくなる、テキスト入力専用機です。

キングジムの『ポメラ DM100』を購入。さっそく開封してみた。

P1130141P1130143

漆黒のパッケージが渋い。

P1130145P1130147

同梱品はUSBケーブルのみ。試供品の単3電池はなし。バックアップ用のリチウムコイン電池(CR2016)は設置ずみ。本体はDM10やDM20にくらべ横幅が広くなり、薄くなりました。

P1130151P1130153

とりあえず、新機能のBluetooth接続でiPod touchと接続してみる。ペアリングは問題なく完了。文字入力は快適ですが、「無変換+スペース」で入力切替、「Shift+@」で+を入力など、独特のルールを覚える必要があります。それと、touchをDM100に立てかけてスタンドがわりにすることは可能ですが、トップヘビーになるため手で押さえていないと後ろに倒れます。

WS000376P1130155

PC用のATOK辞書をDM100へインポート。パソコンでATOKの辞書ユーティリティを起動し、「ツール>単語・用例の一覧出力」からファイル名「pcatok.txt」にて、DM100本体の「PcAtok」ディレクトリへ保存。初版のマニュアルP.60にはSDカードへ保存するとありますが、誤記なので注意。パソコンで長年育ててきたATOK辞書が移植出来るは心強いです。

P1130157

DM20からの移行ですが、フタを開けば電源が入り、バックライトがつく。従来機にくらべてクセのない、まっとうな進化だと思う。縦書き表示も可能だし、電子辞書の参照も可能と死角なし。持っていて嬉しくなる、テキスト入力専用機です。

目標は、とりあえず1000本。

Twitterで書いている、140文字小説のログです。

31)■百億: 俺は、人口が百億を越えた日に生まれた。地球の人口は百億以下であるべきだという風潮から、ずっと差別を受けてきた。そんな時に、あの隕石落下だ。人口は一挙に半数以下。いまでは、産めよ増やせよの時代。子作りのノルマを果たしている今も、俺は百億の屈辱を忘れない。

32)■読書屋:契約読者の仕事をはじめた。依頼された本を購入、読書してアンケートに答え、報酬をもらう。本代は会社持ちで、おそらくは依頼主が支払うのだろう。それにしても、依頼されるのは平積みのベストセラーばかり。最近は、出版不況を脱したなどと言われているが、まさか……。

33)■飛翔する船: 深淵に投錨すると、見えざる腕が錨を曳きはじめる。その推力が大気を食み、船は一気に高度を稼いだ。外界船は、気流と深淵流を頼みとする。深淵とは何かと尋ねると、若い女の船長は「頼るべき、不確かなもの」と答えた。船乗りらしからぬ合理性に、私は好感を抱く。

34)■置換: 生きるしかない。決意した私は、楽に生きる手段を模索する。着火は辛いらしい。絞首は漏らすらしい。泥酔して、浴槽内で手首を切る。よし、これで生きよう。おい、全然ダメじゃないか。言われた通り、「死ぬ」を「生きる」に置き換えたけど、生きる気力なんか湧かないぞ。

35)■無能者(むのうしゃ):彼は自他ともに認める、無能な人。任務に無駄な手間をかけ、必要な手間をおろそかにした。その非難を避けるため、昼夜を問わず働き続け、体臭を撒き、能力の限界と主張する。改善の努力は丹念に無視した。ゆえに彼は、自他ともに認める、無能者に相違ない。

36)■見守る理由:確かに異星人は、我々を見守っていた。彼らは我々の未来を賭の対象にしていたのだ。さまざまなリスクを乗り越え、外宇宙への進出を果たすほうには、賭けていなかったらしい。失礼な話だが、今、我々が見守っている地球という惑星の未来は、滅亡するほうに賭けている。

37)■一輪車: 夕闇に、傾ぎながら走る一輪車へ、違和感をおぼえる。乗っているのは子供。道はせまく、車が激しく行き交う。声をかけることすら危うく思え、そのままやり過ごした。違和感の正体に気づいたのは、振り向いた時。その子供には足がなく、車輪の上から半身が生えていたのだ。

38)■鎌倉沈没:東海大震災によって、鎌倉の旧市街が海中に没した。震災当時、私は鶴岡八幡宮の国宝館におり、稲村ヶ崎沖で発見されたという太刀を見学していた。新田義貞が鎌倉攻めの折に、海中へ投じたとされる太刀の真贋はともかく、震災直前に不可解な鳴動をしていたのは確かだ。

39)■死の密林:枯死した命の渦巻く中に、結晶核はあった。命令は、これを持ち帰ること。だが彼は、それを肋骨の隙間から心臓へ埋め込む。投与された抗体が反応し、死の密林に命が弾ぜようとしている。苦痛の中に後悔はない。彼女の死を知った以上、躊躇する理由はどこにもなかった。

40)■右弦:「兄様に何をするか!」若い女が、男をかばって裏町に虚勢を張る。帯刀した男の腕は、知れていた。刺客は握る剣先に、裏暗い誇りを秘めて、奮う。萎縮した男の先に、女が飛び出し、一閃。刺客の首を断ったのは、女の左手が抜刀した男の太刀。邪剣、右弦居合の使い手だった。

回避至上主義、ここに極まれり。

3DSダウンロードソフト『ひらり 桜侍』をクリア。少年剣士、桜丸となり、河童から託された剣を手に、コノハナサクヤヒメを救うために単身、敵陣に乗り込む……という、ストーリーはかなりどうでも良くて、ひたすら居合斬りで敵を倒しまくるチャンバラゲーム。このゲームは居合最強の世界なので、先の先で切り込んでも必ずガードされてしまう。攻撃を当てるためには、敵の攻撃を回避してから斬る必要がある。このルールになじめないと、開始5分でクソゲーと投げ出す危険があります。

主人公を強化するためには、アイテムを購入したり、刀を強化する必要があり、そのためには資金が必要。敵を倒しただけでは、たかが知れているので街の大道芸で稼ぐ。賭け金はMAX100両の一発勝負。あらかじめ宿屋でセーブしておき、成功するまでリロードを繰り返せば、いつかは成功します。消耗品の補給も面倒なので、ボスのいる城に乗り込む際もセーブ&ロードは必須。

敵の攻撃はパターン化しており、トライ&エラーでパターンを覚える必要がある。途中から遊べる三十人、五十人、百人斬りモードをやり込むのがオススメ。上手い人なら、ノーダメージでクリア出来るのでしょうけど、僕はアイテム頼りでどうにかクリアしました。普通のアクションゲームでも、攻撃を当てるために回避することはありますが、このゲームは回避できたことの「ご褒美」として攻撃を当てられる感じ。回避至上主義、ここに極まれり。

今度のゼルダは幼なじみの美少女!

Nintendo Wii『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』を開始。アクションRPGの雄、ゼルダの伝説シリーズの最新作。今回の舞台は天空に浮かぶ島。そこで暮らす少年、リンクと、幼なじみのゼルダが、世界の危機に立ちむかう。序盤を終えて、いよいよ本格的な冒険というところまでプレイしました。

毎回、ヒロインを務めるゼルダという名の少女ですが、今回は幼なじみの美少女という、王道すぎてかえって目新しい直球設定。好感度マックス状態から引き離されるので、助けなければというモチベーションを高めてくれる。Wiiモーションプラス装着か、Wiiリモコンプラスが必須の操作は、縦斬り、横斬り、突きを自在に繰り出せる。アクションにスタミナ制が導入されるなど、従来の操作とは一線を画すので、古参のプレイヤーでも慣れが必要です。

天空の世界をはなれ、いよいよ大地に立つリンクの大冒険を堪能する所存。

,

これ、ずっと遊べますね。

ニンテンドー3DSのダウンロードソフト『引ク押ス』が、またまたバージョンアップ。QRコードまわりの不具合が解消されたそうです。自作のステージを気軽に公開出来るようになったので、あちこちから落としてみた。

P1130137

既存のキャラをパズルにしたものから、アクション要素を追求したものまで、多彩なステージを楽しめる。ギミックも、なるほどと感心させられる使い方が見受けられ、大変勉強になります。