「Switch」カテゴリーアーカイブ

全手動社畜装置『ヒューマン・リソース・マシーン』

社畜による社畜のための社畜ゲームであります。

Nintendo Switchのダウンロード専用ゲーム『ヒューマン・リソース・マシーン』をプレイ。ノーマルクリアでエンディングまで到達しました。ブラック企業の新入社員となり、荷運びの肉体労働をプログラムを駆使してこなし、キャリアを積む。プログラム言語的なパズルゲームですが、作中でコンピュータは利用せず、プレイヤーをプログラム通り動かして作業をこなします。たとえば、左から2個セットで流れてくる箱のうち、大きい数字の書かれたものを右のコンベアに運ぶ、といった具合。ふつうのプログラム言語なら、「A>B」ならAを、「A<B」ならBをとif文を書いて判定するところですが、本作には大小を比較する関数が存在しない。かわりに、加算、減算したり計算結果がゼロか、マイナスかを判定する関数があるので、「A-B」の結果がマイナスならBのほうが大きいからBを運ぶ、といった処理を逐次記述する必要がある。

関数を不便にすることで、組み合わせを工夫させるのがおもしろい。中盤までは、クリアするだけなら難しくありませんが、プログラムの行数やステップ数を目標値よりすくなくするお題を極めようとすると、かなり難しい。あの処理を省略しても、動作に支障はない。ジャンプさせずに処理を列挙すれば、行数はふえるけどステップ数を削れる、などなど。コンピュータ関係の方だと、遊んでいるのに、仕事をさせられている気分になること請け合い。数十行記述してクリアはしたけど、合理化すれば十数行で実行できるってマジかよ……。と、ワーカーホリックな絶望感にひたれます。

現在は、クリアしたステージの最小行数と最小ステップを達成するチャレンジと、クリアに必須ではない難関ステージに挑んでる。この手の作業で煮詰まったときは、しばらく時間を置くとあっさり解ける場合があるので、楽そうなステージから順不同で進めてます。プログラミングを通じて、学生のかたは社畜気分を、社畜のかたはより社畜な気分を味わえる、社畜による社畜のための社畜ゲームであります。

Nintendo Switchで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

サブタイトルは、野生の息吹[ブレス オブ ザ ワイルド]だけどな!

任天堂の新ハード、Nintendo Switchを発売日に購入。携帯ゲーム機と見まごうほどのコンパクトさと、それでいて据え置き機として大画面テレビに遜色なく映せる性能に感動。処理能力はプレステ4より落ちるのでしょうけど、携帯性とセットでみると、ゲームと生活の親和性はSwitchのほうが高い。WiiやWii Uがこうだったら便利なのにと思った点が、Switchで実現しています。居間のテレビでプレイしたり、テレビが使えないときは本体の液晶画面を立てかけてプレイしたり、出先で携帯ゲーム機的にプレイしたりと、やりたい時に、やれるスタイルが豊富なのがいいです。本体両脇のコントローラーを脱着するのは面倒なので、なるべくProコントローラを使用し、携帯ゲーム的に使うときだけ本体のコントローラを使用しています。テレビと接続するためのSwitchドックはひとつしかないため、居間用と自室用で、もう1台ほしいですな。4月28日に別売を開始するみたい。

そんな感じで、ソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のダウンロード版を購入。大容量microSDカードはまだ購入してないけど、ゼルダだけなら本体にダウンロードできる。ただ、ダウンロードが完了するまで1時間以上待たされたのは、ちょっとツライ。事前に予約購入したソフトは、本体にダウンロードした状態で発送してくれたらより親切だと思った。

序盤をプレイ中ですが、いつものゼルダとはちょっと毛色がちがう。広大な世界を自由に冒険できるオープンワールドと、SFチックなギミックにあふれつつも、中身はゼルダという感じ。涙滴式ダウンロードなど、超古代文明を感じさせる演出にオリジナリティがある。サブタイトルは、野生の息吹[ブレス オブ ザ ワイルド]だけどな!

武器に耐久度があるので、いいモノを手に入れても無駄に消耗させたくないから、敵からかっぱらったしょぼいヤツを使い捨てつつ、ここぞというときに秘蔵品を使う感じ。序盤でいちばん苦労したのは、謎解きよりも料理素材の肉を得るための狩猟だったりする。野生動物はモンスターのように襲ってこずに逃げ出してしまうため、そっと近づいて弓で狙撃するというゴルゴ的ミッションに苦戦。落下のダメージがでかい上に、登坂時のスタミナもあるから、崖を登る途中で力尽きて転落死、なんてザラ。焚火でリンゴを焼こうとしたら、体に燃え移って焼死するのも経験しました。ゼルダでありながら、従来のゼルダではありえない展開に苦労しつつも楽しんでる。序盤のサバイバルを生きのびると、文化的な生活が送れるようになり、だいぶラクになりました。

キャラクターはリアル調ながらトゥーンシェイドと、時のオカリナ系と風のタクト系のいいとこ取りな感じ。洋ゲーテイストを取り込んだ和ゲーということで、なじみきれてない部分もあるけど、新生ゼルダとして世界市場で戦えるクオリティになってると思う。好きな時、好きな場所で遊べる新しいゲーム機にふさわしい、超大作の大冒険です。