こういうのも売ってるんですな。

2013年の東京モーターショーで発表された日産のコンセプトカー、『IDx フリーフロー』。旧車っぽいテイストのコンパクトスポーツカーで、日産ジュークのデザインに惹かれて購入した僕にはズブリと刺さった。こいつならジュークから乗り替えてもいいですよ! ということで、IDxがAmazonで売ってたのでサクリと購入。これでIDxオーナーだぜ。

P1040920P1040923

P1040926DSC_0287

まぁ、ミニカーなんすけどね。

市販されていない、こういうのも売ってるんですな。モーターショーで見たときは側面のゴールドが目立ってたけど、全体をみると中央の白い部分の面積が広い。あと、後席が広くはないがギリギリ実用的な広さにみえるので、4人乗りはできそう。背が高いひとだと、トヨタ86みたくリアウインドウに後頭部がぶつかりそうではありますが。

購入した『 トミカリミテッドヴィンテージ Idx Freeflow 【2013 TOKYO】 』は1/64とこぶりながら、別パーツでフェンダーミラーを付属させるなど芸が細かい。日産のライセンスモデルなので造形もバッチリです。

販売モデルはコンセプトカートは変わってしまうというはなしもありますが、ぜひともこのモデルと同等のデザインで市販していただきたい。そう思ってる車好きは、結構いると思うんだけどな。

急がなければお得です。

定額で複数の雑誌が読めるスマホアプリ、dマガジンで週刊ファミ通を読むようになった。ファミ通電子版は、電子雑誌としてはクオリティが高いほうだと思う。dマガジンでもひどいのになると、いちぶ抜粋のうえに表紙のタレント写真がぬりつぶされているなんていう、いっそ掲載しないほうが潔いのではと思えるガッカリ雑誌もある。その点、ファミ通は小冊子のような付録も収録され、いちぶのタレント写真以外はほぼ書籍版と同等に収録されている。僕はゲームの攻略情報よりも、新作ゲーム情報とコミック、コラムを読むのがメインなので、読み捨て上等なdマガジン版ファミ通でじゅうぶんです。初期のころは劣悪だったdマガジンアプリも、リストの手動更新が可能になったことでだいぶ改善。これで、ページの読み込みが遅いのが改善されれば大きな不満はなくなるのだが。

ただ、ファミ通の付録でゲームのダウンロードコンテンツがつく場合は、dマガジン版には収録されないので別途購入する必用がある。この点は、読み放題版だし仕方ないかなと納得はできるけど、いちどdマガジンで目を通した雑誌の書籍版を買いなおすのもコスト的にもったいない気が。そんなときに使うのが、BOOK WALKERという電子書籍サービスのファミ通電子版。雑誌ごとに購入する必要はあるけど、一週遅れになると250円と割安で購入できて、ダウンロードコンテンツも収録されている。中身はdマガジン版で読んでるから、たしょうダウンロードコンテンツの入手が遅くなることを我慢できればリーズナブルです。

ちなみに、ファミ通の同じ号を、dマガジン版とBOOK WALKER版で比較してみたのですが、明らかにBOOK WALKER版のほうがレスポンスが早い。BOOK WALKERも、比較的高スペックを要求するアプリで、以前に試した端末だと遅くて使い物にならなかったのですが、現在使用しているNexus 7(2013)ならサクサク動く。どちらもデータをダウンロードずみなのでネットワークは関係ないはずですが、dマガジン版はページをめくって粗い画像から最高の解像度のなるまで数瞬から数秒、待たされる。ページをめくると新しいページが素早くクリアに表示されるという、電子書籍としてできて当然のことができてないあたり、dマガジンは非常に惜しいアプリだと思う。

,

ありそうでなかった!

月例のケータイ用ワイドQVGA(400×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。ありそうでなかった、愛車日産ジュークの壁紙。ドレスアップしまくりです。

201412cala201412calb

カレンダーは不要なかたに、待ち受け画像も公開。

201412cala2201412calb2

,