ゾンビは所詮、ゾンビか。

以前に水没させた愛用のPHS『Willcom 9』の動作がイマイチ。充電したばかりなのに、その日のうちにバッテリーが切れたり、着信はできるのに発信できなくなったり。電源を再投入すると一時的に直るけど、どうも具合がよろしくない。やっぱり水没させると、たとえ電源が入っても駄目なのか。

修理するのも手だけど、いっそ機種変更しちゃおうかとも思う。『HYBRID W-ZERO3』はどうなのかなあ。

信用していいのかは微妙だけど。

昨日水没させてしまったPHSですが、電池を外し、よく水分を飛ばしてからひと晩乾燥させて、翌朝。何事もなく電源が入りました。水没させると、たとえ電源が入っても正常に動作しない場合があるそうですが、今のところは問題なく動作しているようです。余計な出費がかからず大助かり。

ここしばらく、踏んだり蹴ったりなのですが、これを契機に些少でも幸運が舞い込まないものだろうか?

させてみた、ぢゃねぇ! 落としたんだヨ!

ということで残念ながら、愛用のPHS(Willcom 9)を水没させてしまいました。現在乾燥中ですが、おそらくお亡くなりになったのではないかと。電池を外したら水没チェッカーが変色しており、言い逃れできない状態に。もちろん、勝手に壊れたと主張するつもりはありませぬが。

P1070570 P1070569

とりあえず、通信ユニットであるW-SIMを予備の電話機(nico)に挿しているので、通話もメールも問題なくできます。アスモ(旧ケーイーエス)製端末から、ネットインデックス製端末へW-SIMを挿し替えるという、まるで先日発表された、モバイル事業譲渡のプレスリリースを地でいく展開に。

お茶をぶちまけるわ、ケータイを水没させるわ、厄日だな今日は。ケータイが水没にいたる経緯には、聞くも涙、語るも涙の波瀾万丈伝があるのですが、諸般の事情で割愛させていただきます。うわぁ~ん。

,

ウィルコムのウルトラモバイルPC『Willcom D4』をつかいはじめて、ちょうど1年が経過。

発売当初は、バッテリーがもたないだの、通信不能になるだのと、トラブルつづきでしたが、うちのD4はいまも元気に稼働中です。脚のゴムが溶けてはずれたり、W-SIMのフタについたプラスチックがはずれたり、USBのカバーがどっかいったり、内蔵のW-SIMスロットがちゃんと動かなくなったりと、かなりボロボロですけど実用上は問題なし。

SANY0033

2年契約なので、あと1年はつかいつづける必要が……あるのかな? 通信ユニットであるW-SIMは追加購入した『Willcom 9』に挿して、電話機としてつかっており、D4のデータ通信は無線LANと『WILLCOM CORE 3G』がメイン。DDIポケット時代から、さまざまな端末をつかってきましたが、電話機として契約しているのにまったく通話しない端末は、コレがはじめてです。電話機としてはしょんぼり性能な『W-ZERO3』だって、もうちょっと通話してましたよ。

たしかに電話機としては落第ですが、パソコンとしては大変重宝しています。電車のなかで、立ってブラウジングするのは、ネットブックではきびしいですが、D4では余裕。なんとな~く、動作が不安定になったり固まったりするのにも慣れました。

『WILLCOM CORE XGP(次世代PHS)』サービスがスタートしたら、ぜひXGP内蔵で無線LANとワンセグの感度がよくて、薄くて発熱しなくてバッテリーの持ちがよい、初期トラブルレスな新型機を投入してほしいです。

無理っぽいですね、そうですね。

今朝、通勤のためにJRの改札にSuica定期を通したら、なんだかチャージ金額が引かれているような。

ガビーン。きのうで定期が切れてました。行きで気づいたので昼には更新しましたけど、うっかりさんがデフォルト設定な僕には、定期的な定期券の更新もツライ。そんなときにタイムリーなニュース。ウィルコムのPHSで7月5日から『モバイルSuica』サービスがスタートするそうな。

携帯電話ユーザーなら、モバイルSuicaがつかえてなんぼのもんじゃい、と思われるかもしれませんが、ウィルコムで携帯電話と同等のサービスがつかえるようになるに、数年のブランクは当然。赤外線通信が標準搭載されたのだって、つい最近のことです。PCサイトが閲覧できる音声端末とか、スマートフォントか、PHSも業界初の試みをいろいろやってはいますが、市場規模がケタ違いなためか、携帯で当然のことが、PHSではなかなか実現しないのがツライところ。

そんなPHSでもやっと『モバイルSuica』が使えるようになるわけですが、僕の『Willcom 9』は非対応。使いたければ機種変更しないといけない。ウィルコム版『モバイルSuica』は、「銀行チャージ」と「時刻乗換案内」が使えないそうですけど、クレジットカードからの入金はできるから、個人的には問題なし。EdyよりSuicaが好きな僕としては、ちょっと惹かれますね。

機種変更してまで『モバイルSuica』を使いたいかといえば……う~む。

これは待ち望んだモノ……か?

ここしばらく、他社携帯のデータ通信サービスへ浮気する欲望をおさえつつ待ち望んだ、ウィルコムの新データ通信サービスが開始。ドコモの回線を利用して、下り7.2メガのデータ通信が可能な、個人向けにも対応した『WILLCOM CORE 3G』サービス。本命である次世代PHS(XGP)が本格稼働するまでのつなぎとしては、悪くない。月額基本料は0円で、上限が5985円だけど、インターネット接続に使用するPRINの月額が945円固定なので、月額約千円~7千円のサービスということになります。

モバイルのデータ通信は、つかうときとつかわないときが極端なので、未使用なら月額千円ですむのは魅力的。月額上限に到達するのは167,500パケット以上ですが、これは経験上、パソコンで通信していればたちまち突破してしまう値なので、つかわない月は千円、つかう月は7千円とかんがえておくべきでしょう。

本サービスは6月26日スタートで、いま申しこめば8月末までは無料で使い放題。さっそくウィルコムストアにアクセスして契約を完了する寸前までいきましたけど、ここで突撃して良いものか自信がない。

データ料金試算

現在、ウィルコム回線は新つなぎ放題+話し放題というデータ通信よりのプランなのだが、3Gもふくめて試算してみると、これをウィルコム定額プラン+データ定額に変えるべきかも。新ウィルコム定額プランのほうが、みかけの通信料は安いのだけれど、ウィルコム回線でも月10万パケットほどデータ通信をすることをかんがえると、基本料金に10万パケット分こみの、ウィルコム定額+データ定額のほうがリーズナブルな気がします。

イーモバイルなど、もっと割安な他社プランはあるけど、エリアの広さとウィルコムブランドにこだわるならアリな値段かも。

むぅ、もうちょっとかんがえてみよう。

■2009年6月26日追記

やっぱり契約しちゃいました!

ウルトラモバイルPC『Willcom D4』と平行して、通話端末として使っている『Willcom 9』のファームウェアをV103にアップデート。

P1070152

買った当初は、ブラウジング中にいきなり再起動したりと不安定でしたが、ちかごろはそういうこともなく。こんかいのアップデートでさらに安定性が向上してくれると良いですね。ただ、最近は充電台にのせても、充電が完了せず(行われず?)、気づいたらバッテリーが切れていたという事象が数度発生しています。電源管理といったソフトウェア的な問題というより、接触不良といったハードウェア的な問題っぽい。やっぱり充電台は使わずに、USBケーブルから直に充電させないとダメなのかなぁ。

充電の問題以外は、いまのところ問題ないようです。

,

nineやnine+、Willcom 9などの端末を供給している『KES』が『アスモ』に社名変更したのを記念して、時計ガジェットが公開されました。

シンプルな黒文字の時計って、僕がいぜんにほしいと書いた「プレーンで見やすい時計表示のガジェット」そのものです。さっそくダウンロードして設定してみたのだが……う~ん、いま公開しているカレンダー壁紙にはイマイチあわないな。もうちょっと数字がちいさいか、行間がつまっていると良いのだが。

などと文句をいってもしかたないので、時計ガジェットに最適化したカレンダー壁紙をつくってみた。

200712calc

じっさいにWillcom 9へ設定するとこんな感じです。ふとめのフォントを使用したので、それなりに可読性は良いのではないかと。行間隔がギリギリだな。

P1060998

ともかく、待望の時計ガジェットなので、ありがたくつかわせていただきます。

ここまでやったのなら、ガジェットが表示されるとでなくなる、RSS、アラーム、メール、着信などの状態を表示してくれる通知用のガジェットも造ったらどうかな?

, ,

愛用のツールのアップグレード情報があったので、あれこれためす。

まずはブラウザのOera新版『Opera 10 アルファ』。現行バージョンにさきがけて公開されたアルファ版(開発初期版)。表示は英語のままだけど、動作が機敏になっているらしい。正式版と併用できるのでためしにインストールしたら、ショートカット類がぜんぶアルファ版に上書きされた。動作的には、とくにおかしなこともなく、この調子で正式版にすればよいのではないかと。速度がはやくなった感じはしないけど、自動アップグレードへの対応はうれしいな。

愛用のPHS端末『Willcom 9』のファームウェアをアップデート。おもわず、『nine』時代のクセで、サイトからプログラムをダウンロードしそうになったが、『Willcom 9』は本体だけでアップデートできるんだね。

Webをしているとダウン、RSSリーダーをみているとダウン、ガジェットを動かせばもれなくダウンな現状は、いくらか改善したのだろうか? 乞うご期待。

当ブログでつかわせてもらっている、設置型ブログの『WordPress』がメジャーアップデートで2.7になるそうです。うっかりアップグレードすると、プラグインが動かなくなる場合があるみたいだけど、正式版が出たらためしてみるかな。ブログの頭に、任意のページを表示できるようになるのはうれしい改善点です。

『WordPress』は日本人にはなじまない部分もあるけど、そのぶんカスタマイズしがいがありますな。

,