無料バージョンでも、かなり素敵な感じに。

スマートフォンで当サイトを閲覧されている方は、全アクセスの何パーセントぐらいなのだろうか。それはわかりませんが、WordPressで作成したブログを、スマホ用に最適化するWPtouch 4.0.4というプラグインをカスタマイズし、パソコン用のサイトとデザインを合わせてみた。

610611

WPtouchプラグイン自体は、かなり前のバージョンから導入していたのですが、デザインは標準のまま。上部左右のメニューや検索機能が正常に表示できず、無料版ならこんなものかと思っていた。しかし、デザインをいじっているうちにメニューと検索を正常に表示させることに成功。

方法はWPtouchプラグイン用のデータが保存されている「~/wordpress/wp-content/wptouch-data」以下のパーミッションを、フォルダは755、ファイルは644に変更すること。特に重要なのが「~/wordpress/wp-content/wptouch-data/cache」以下のファイルで、ここのパーミッションを644に変更したらメニューと検索機能が有効化されました。無料バージョンでも、かなり素敵な感じに。

有料版のWPtouch PROというのもありますが、いちばん安いので88ドルもするので躊躇してる。ウチのサイトの規模なら、無償版で大丈夫かな。

検索上位を最速で実現させるWordPress SE...

検索上位を最速で実現させるWordPress SE…
価格:2,484円(税込、送料込)

これなら有償でもいいかも。

Windows 8.1のタブレットPCを使用中。これ1台でブログの更新からお絵かきやドラクエX、確定申告や小説書きまでできてしまう。はっきりいって、デスクトップPCがなくてもコレ1台持ってれば、仕事もホビーも完結できちゃうスペック。満足度は高いですが、それでもガッカリした点は、電子書籍が読みづらいこと。特にAmazonのKindleが日本むけのアプリを用意していないため、買った電子書籍は結局、Androidタブレットを持ち歩かないと読みづらい。タブレットPCはかなり重いので、すこしでも荷物を軽くするため、Androidタブレットは持ち歩きたくないのだが。

そんな問題の解決策として、WindowsでAndroidを動かせる『BlueStacks』というアプリがある。仮想的にAndroidが起動するのでKindleアプリも動かせて便利……と行きたいのですが、はじめて『BlueStacks』を使ったころは、Androidのバージョンが古く、動きももっさりで、ちょっと実用に耐えないレベル。その時はあきらめてAndroidタブレットにもどってしまったんだけど先日、あらためて『BlueStacks』を入れてみたら、アップグレードされており、レスポンスがだいぶよくなってました。これなら実用レベルかも。しばらく、Androidタブレットなして行けるか試してみます。

現状、『BlueStacks』はベータ版で無償だけど、いずれ有償版に移行するとのこと。だいぶ完成度が上がってきたので、これなら費用をかけて使う価値がありそう。てか、現行バージョンだと無料なかわりに、やたらとゲームアプリへ誘導しようとするから、有償でプレーンなAndroidとして使えるバージョンを早く出してほしいです。

とりあえず無料版で十分かな。

ブログツールWordPressのプラグインで、スマホ用に表示してくれる『WPtouch』をアップグレード。以前のバージョンでは、一部のAndroidで正しく表示されない問題がありましたが、今回は正常に表示されます。有償バージョンだとデザインを変更できますが、無料バージョンでとりあえず見栄えの問題はクリア。

僕のスマホだと検索やメニューボタンが動いてませんが、記事は問題なく読めるので実用上の問題はないかと。これでいいかな。

そのうち直ると思ってたんだけど……。

当ブログは、フリーのWordPressというツールを使っています。WordPressには、さまざまな機能をプラグインで追加でき、モバイル表示は『WPtouch』で対応。iPhoneやAndroidスマホからだと、専用のモバイルページが表示されてるはず。スマホから閲覧されてる方、このブログ、ちゃんと見えてますか?

実は、先日までAndroid4.1の標準ブラウザから閲覧すると、文字だけでデザインが消えた状態で見えてました。スタイルシートという見栄えを指定するファイルが読み込まれてないっぽい。調べてみたら、他の方も同様の状況になっていたみたい。数ヶ月前から気づいてたけど、そのうち直るだろうと放置してたら、最新版にアップデートしても修正される気配なし。修正用の追加プラグインを作成された方がいたので、それを使用させてもらいました。自前のAndoroid4.1スマホから、正常にモバイルサイトが表示されることを確認。

フリーツールなので多くは望めないから、問題は自力でなんとかするしかないですな。

共有してもらえる記事を書かないと。

ブログの記事を外部のサイトと連携できる、ソーシャルボタンを設置。フェイスブックやツイッター、LINEなどに、記事のURLを投稿できるようにしてみた。WordPressの「WP Social Bookmarking Light」というプラグインを使用したら、けっこう簡単に設置できました。ミクシィと連携するためにチェックキーを登録するのが、少々面倒でしたが、あとは問題なし。肝心なのは、ソーシャルメディアに連携できることより、連携してもらえる記事を書くこと。記事を充実させないとな。

当サイトの約4割は、Windows以外からのアクセスです。

WordPressで構築したブログに、iPhone/iPod touch表示用のプラグイン『WPtouch iPhone Theme』を導入。以前から、ケータイ表示用のプラグイン『Ktai Style』を入れてたけど、iPhone/iPod touchには対応させてなかった。プラグインをいろいろ試したけど、『WPtouch iPhone Theme』がいいみたい。

IMG_0049[2] IMG_0050[1]

左が、『WPtouch iPhone Theme』プラグインを導入して、「Safari」ブラウザで表示させたもの。右が、「Opera Mini for iPhone」ブラウザで表示させたもの。「Opera Mini」では、『Ktai Style』プラグインで最適化されますので、お好みでどうぞ。どちらも、PC版で表示させることもできますよ。

WordPressでサイトをブログ化してから、記事の執筆に専念できるようになりました。

むかしは月末に月ごとのログページを手作業で作成してたけど、そんなわずらわしさからサクリと解放。サイト管理の簡素化とともに、記事ごとに個別ページが自動生成されるため、検索エンジンからヒットしやすくなったのも利点です。

そんなWordPressの最新版『WordPress 2.8 ベイカー』の日本語版がリリース。アップグレード好きとしては──日本語版がリリースされてから──速攻で入れてみた。トラブルがなければ、作業はオートであっという間。バックアップ作業のほうが時間がかかるぐらいです。

WS000161 WS000162

ダッシュボードの表示カラム数が変更できるので2カラムから3カラムにしてみた。あと、ウィジェット管理画面のレイアウトが変わった。そのほか、790個以上のバグを修正し、180以上の新しい機能・変更・更新・改善があるそうですよ。

こちらの環境では、アップグレード作業もアップグレード後の動作も問題ないようです。

■2009年6月15日追記

WordPress 2.8の自動アップデートにバグが発見されたそうです。サーバ上のフォルダが削除される場合があるので、手動でのアップグレードを推奨とのこと。自動でやっちゃったよ!

ブラウザは、Opera 9.6を愛用中です。

さいきん、どうもInternet Explorer 7(IE)が使いにくい。メインはOperaにするとしても、Operaだと正常に表示されないサイトを閲覧するためのセカンドブラウザとしてすら、IEはイマイチ。Webアプリケーションなら、Firefoxのほうがプレーンに動作してくれる気がします。

先日、友人の家でブログをメンテナンスしようとパソコンを借りて、IEで『WordPress』のWeb管理画面にアクセスさせてもらったのだけれど、どうしても意図したとおりに動かず、しかたなくFirefoxを入れさせてもらったぐらい。もはや、ウインドウズアップデートとか、マイクロソフト系のウェブアプリケーションとか、意地でもIEでないと表示してくれないサイトを閲覧するときぐらいしか、用途がなくなりつつあります。

WS000108

そんなイマイチさんなIEの最新版候補である、『Internet Explorer 8 RC 1』がリリースされたので、さっそく入れてみた。閉じたタブの履歴が表示されたり、サイトへの訪問履歴の残らないInPrivate ブラウズ機能が追加されたりと、『Google Chrome』を意識している感じです。

新しいタブをひらくときのもっさり感が、IE7よりいくぶん緩和されましたが、ほかのブラウザでは当然できていたことなので、進歩したというよりは、マトモになったというていど。動作速度で勝負するつもりは、さらさらないようです。

自分としては、オールインワンでほしい機能がそろっているOperaで満足してるけど、たがいに競い合うほうが進歩がはやいので、IEもデファクトスタンダードにあまんじることなく、さらなる性能向上につとめていただきたいものです。どうなるのかな~。

サイトの右側に表示されていた、Twitterのブログパーツを更新。
いままではテキスト版でしたが、Flash版に変更しました。どうもWordPressの『LigheBox 2』プラグインと干渉していたらしく、いちぶのブラウザでエラーが出ていました。当方の環境では発生しなかったため、気づくのがおくれましたが、現在は正常に表示されるはずです。

たいへんご迷惑をおかけしました。