Amazonアプリに、定期的に課金するものがあるならお得。

ネット通販でよく利用するAmazonで、Amazonコインなるサービスがはじまった。Amazonでの買い物で使えるのは、Amazonギフト券で、購入金額に応じて付与・使用されるのはAmazonポイント。う~ん、ややこしい。Amazonコインとは、Amazonで提供しているアプリの課金用に使うためのもので、それ以外の用途には使えない。また、Amazonコインを使うためにはGoogle Playストア経由ではなく、Amazonアプリストア経由でアプリをダウンロードする必要がある。メリットとしては、コインが常時最大1割引きになること。1万コインが、9千円で購入できる。しかも9月8日までは最大2割引きなので、1万コインが、8千円となる。

僕の場合、定期的に課金しているのは『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』と、『ドラゴンクエストⅩ 冒険者のおでかけ便利ツール』。このうち、黒ウィズはAmazonアプリ版があったので、課金方式をAmazonコインに切替えることにする。変更方法はまず、スマホにインストール済みのGoogle Play版黒ウィズをアンインストール。機種変更のためのメールアドレスとパスワード登録は忘れずに。次は、Amazonアプリストアにアクセスするためのアプリをインストール。

ここから、黒ウィズを検索してインストールします。アプリを立ち上げたら、機種変更の手続きに進み、登録したメールアドレスとパスワードを入力すればOK。新規インストールあつかいになるので、カードのお気に入り登録はやりなおしになります。ゲーム自体は、Google Play版と変わりませんが、唯一、クリスタルの購入だけはAmazon経由になる。ここで支払方法としてAmazonコインが選択できる。Kindleを購入した特典として付与されていた500コインがあったので、ためしにクリスタルを6個購入。問題なく購入できたので進撃ガチャをやってみたけど、またリアル女神かよ……。

人気アプリ『パズル&ドラゴンズ』の場合、アプリとしては用意されていますが、僕の使用しているau AQUOS SHL25ではインストールできなかった。Google Play版ではインストール可能なので、インストール可能機種が制限されている模様。Amazonアプリに、定期的に課金するものがあるならお得ですが、自分のやりたいアプリがストアに存在するかと、それがインストール可能かは、事前に調べておくべきでしょね。

,

LED! LED!

愛車、日産ジュークにはおおむね満足している。ハイブリッドカーでもダウンサイジングエンジンでもない以上、燃費性能はそこそこレベルだけど、オンリーワンな外観や、キビキビ走る足まわりはお気に入り。そんなジュークですが、2014年のマイナーチェンジ版で気になっていたのが、LED式になったテールランプ。社外品では以前からあったのですが、マッチングがよくないとの話だったので、見送っていた。純正品のLEDテールランプを取り寄せて、交換してみました。

DSC_0099DSC_0102

形状的には旧型でもそのまま使え、マッチングも問題なし。黒でふちどられたクリアな質感がカッコイイです。ほかにもアップグレード用のパーツを注文しているので、まだまだウチのジュークは進化しますよ!

ラストで中盤の未来を覆したってこと?

3D CGによって描かれた長編映画『STAND BY ME ドラえもん』の3D版を劇場で鑑賞。ネタバレ注意。ダメな先祖の未来を改変すべくやってきた、22世紀のネコ型ロボット、ドラえもんと、のび太少年の交流を描く……って、書くまでもないド定番ですな。いままで3Dアニメになってなかったのが、かえって不思議なぐらい。髪の毛フサフサなのび太は新鮮です。

物語は、大長編の冒険物ではなく、原作の日常エピソードをつなげて、雪山のロマンス、さようなら/帰ってきたドラえもんで締める流れ。ところどころ、オリジナルの要素が入ってますが許容範囲という感じ。『ALWAYS 三丁目の夕日』における、ヤング茶川さんや、女体化六さんにくらべれば、じゅうぶん原作準拠といえる。本作では、のび太が改変した未来に満足するまで未来に帰れない、帰ろうとすると苦痛を受けるという、ドラえもんを束縛する設定に否定的な意見が多いようだけど、これはつまり、さようならドラえもんにおける、原作では説明のなかった、なぜ急にドラえもんが未来へ帰ることになったのかの動機づけとなっている。結果から見れば、納得できる改変となってます。

ただ、ラストで現代に残れるようになったドラえもんは、中盤の大人のび太が言っていた「子供時代の友達」という、突き放された存在とは別物ということなのだろうか。そラストで中盤の未来を覆したってことなのか、それとも、のちに真の別れを経験した上での「子供時代の友達」なのだろうか。

原作では語られていないが、結果としておとずれるであろう、のび太とドラえもんの真の別れとは何かが、本作では不明確というか、ぼかされているのが、すっきりしない感じがしました。3Dの人形劇としては水準以上ですが、終盤の戸惑いがあったせいか「泣ける」ほどではなかったな。

原作のドラえもんは締切に追われて量産された作品でもあるから、重複したり矛盾したりする設定やエピソードがある。ここらへんに整合性をもたせ、長編としてまとめようとしたのはわかるけど、オリジナル設定を追加するなら、ラストで大人のび太に、「それでもいつか、ドラえもんとわかれる日はくるんだよ」的なセリフを言わせるぐらいのアレンジをしても、良いと思いました。

よく考えたら、アレを見なかったな。

突発的新潟ドライブ2日目。ホテルの提携駐車場に停めたんだけど、提携割引より、12時間以内に出庫したほうが安いですよと言われて、そそくさとチェックアウト。特に観たい場所もなかったので、さっさと帰ることにする。

そんなこんなで、軽く観光して目についた旨そうなもの喰って帰宅。帰路は、ほとんど渋滞せず。もう1泊すればガッツリ観光できたかもしれないけど、だったらもう1日早く出るべきだった。

短いながらも充実した旅だったけど……よく考えたら、新潟まで出かけたのに日本海を一度も観ずじまいだった。帰り際に、かるく海沿いを走るべきだったなと、それだけは軽く後悔しています。

思いつきの旅も、いいものですな。

お盆休みに出かける計画があったのだが、中止になってしまった。どこにも行かないのもツマラナイので、1泊で行けるドライブを思い立つ。ゴールデンウィークで青森旅行へ行った経験から、宿を取って速攻で移動するのは慣れました。半日ぐらいで行ける場所として、新潟をターゲッティング。

午前中に出かけたけど、関越道に入ったあたりで渋滞に巻き込まれる。ここらで混むのは覚悟してたので、それほどツラくはなかったな。上里から先は順調で、夕方には新潟へ到着。

ホテルの場所を確認してから、チェックインまで時間を潰す場所をさがす。どこに何があるかとか、まったくノーチェック。

ホテルから車で5分ほどのばしょにあった、北方文化博物館の新潟分館へ。郷土の書家について展示されていた。

P1040838P1040840

P1040862P1040864

お次はとなりにあった、旧齋藤家別邸。見るからにお金がかかってそうな邸宅でした。

P1040869P1040881

P1040871P1040873

P1040907P1040882

ホテルのチェックイン直前だったので、駆け足で展示品を見学。写真撮影不可なので内部の写真はありません。常設展示の他に、アラーキーこと写真家・荒木経惟(あらき・のぶよし)さんの作品が展示されてた。奥さんと飼猫が大好きだったんだな。

ツイートにある通り、新潟市内は右折禁止が多くて、なかなか目的地にたどりつけず。渋滞解消のためだろうけど、一見さんには厳しい街です。

なにか郷土料理的なものが食べたくて、近くにあった『田舎屋』という店へ。鮭わっぱ飯を食す。あまり考えずに行った店だけど、なかなか美味でした。

ホテルにもどって、ドラクエ10やって、大浴場に入って寝ました。

だって、安かったんだもん。

Google謹製の7インチタブレット、Nexus 7の2013年モデルを購入。カラーは白でメモリは32メガ、ケースと保護フィルムつき。そろそろ2014年版Nexus 8(?)が発表されるころだというのに、2013年モデルを購入した理由はズバリ、安さ。定価34,765円がなんと、1,9990円。アウトレット品とのことで箱に傷があるそうですが、この値段なら箱なしでもOKなぐらい。ついでに、充電スタンドも購入したけど、ケースを外さないといけないからイマイチか?

ここ2年ほど、2012年モデルのNexus 7を使ってきましたが、バッテリーの持ちが悪くなったのと、dマガジンアプリの表示が遅いこと、メモリが16ギガで電子書籍を入れまくるとパンパンになることなど、不満がつのっていた。

DSC_0062

Androidタブレットは、すでにそこそこ使えるレベルになってるから、今年出るであろう新モデルも、1年後に安くなったら買おうかな。

※現在アウトレット品は販売終了しています。

撮りたてホヤホヤです。

月例のケータイ用ワイドQVGA(400×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。今朝、撮影したばかりのフレッシュ朝撮り画像を使用。

201408cala201408calb

カレンダーは不要なかたに、待ち受け画像も公開。

201408cala2201408calb2

,