年相応な趣味のはずなのに、なんたるアウェイ感。

「ゴルフ経験は?」と問われると、ファミコンのゴルフ、ディスクシステムのJAPANコース、USコース、プレステ系のみんなのGOLFなどをプレイしてます。マンガやアニメのゴルフ作品はけっこう好きです……という感じで、フィクションやバーチャルな世界のスポーツ。あるいは、日曜の夕方にやってる興味のないスポーツ番組、ぐらいの印象。ルールや用語、クラブの選び方は知ってるけど、リアルにプレイしたことはないスポーツ、それがゴルフでした。

そんな僕が、リアルゴルフですよ。週末にゴルフ練習場でレッスンを受けたのですよ。年相応な趣味のはずなのに、なんたるアウェイ感。コーチの指示で専用器具によるストレッチを行い、打ちっぱなしで打ちまくる。ドライバーは貸してもらいましたが、最初はなかなかボールに当たらず。あとは、50球500円でボールを借りて、ひたすら打ちまくりで200球。腰と腕の使い方にコツが要り、腰の回転でクラブを横にふり廻し、腕はクラブの動きに逆らわず、ムチのように柔軟に動かす感じでそれなりに飛ぶように。理想的なショットだと、何の抵抗もなくスッと打球が蒼穹に消えていく……みたいなのを想像してたけど、うまく打てたときもガキッと衝撃を感じるのは、まだまだ修練が足りないのか、そんなものなのか。

やりすぎると後が大変そうだったので、もうちょっとやりたいなというトコロで終了にしました。思ったよりは当たるようになった気はしますが、狙った場所に飛ばすなんてのは夢のまたユメ。前に気持ち良く飛ばすことに集中しておりました。ただ、リアルゴルフをやって困ったのは、自分の打った球を見失いがちなこと。当日は曇天で空が白いものだから、白い飛打がどこにあるのかわからず。ボテボテの球なら地面を転がるからみえるけど、気持ちよく打てた球ほど空に溶けてよくわからない。コーチに相談したら、まずは足元の球に集中し、頭を動かさず打つことが第一で、慣れれば自分の打った球の方向は見当がつくようになるから、気にするなとのアドバイス。ゴルフゲームで自打を見失うなんてことはないので、新鮮なリアルゴルフ体験ではありました。

慣れない運動をしたので、手にマメができたり、軽く筋肉痛になったりしましたが、おもしろかったです。とはいえ、ティーショットの練習をしただけなので、フェアウェからのショット、バンカーからのショット、アプローチ、パッティングなど、覚えなければならないことは山積み状態。どこまでやるかわかりませんが、行こうと思えばコースを廻れるぐらいにはなりたいかな。

ジャストフィットなセミオーダーシューズでバリバリ歩いていただきたい。

父親を、行きつけの靴屋へ連れて行く。自分の靴修理を依頼するのが目的だったのだけれど、ついでに父親用の靴をセミオーダーしてみる。専門のシューフィッターが、足のサイズを細かく計測して、ピッタリの靴をみつくろってくれる。フルオーダーも可能みたいだけど、セミオーダーで既成品をカスタマイズするほうが実用的。既成品が合いづらい足のサイズだそうなので、思い切ってセミオーダーの靴を注文。完成までひと月かかるそうです。

父は大病をしたこともあるけど、日本人の平均寿命よりも長生きしてる。これからも、ジャストフィットなセミオーダーシューズでバリバリ歩いていただきたい。そういえば、本日は父の日だったのか……じゃ、父の日ギフトということで。

 

反対側に操作するひとがいなかったので安心して開閉プッシュしていたのですが……。

職場のエレベーターは乗員が操作する方式で、ボタンがドアの両脇にある。誰かが任意で操作するわけですが、気になるのは両脇に立っている人が同時に開閉ボタンの操作をすること。だれかひとりがすればいいのに、どうして同時に押そうとするのか?

自分がボタンの前に立ったときは、

  1. 反対側に操作するひとがいなければ開閉操作を担当
  2. 反対側に操作するひとがいて先に反応していれば、そちらに一任
  3. 反対側にいるひとが遅れて操作していても、操作をやめなければそちらに一任

というポリシーで対応してる。

押すとボタンが光るので、誰かが操作しているのはわかるはずなのに、なぜか両側で開閉ボタンを押している光景を目にする。マナー的に、操作をする必要があろうとなかろうと、ボタンの前に立ったら操作しなければならないと思ってるのだろうか?

先日は、僕がボタン操作をしていて、反対側に操作するひとがいなかったので安心して開閉プッシュしていたのですが、みんなが降りる階になったら、ひとりが反対側に立って開ボタンを押しやがった。僕がすでに開ボタンを押しているにもかかわらず、です。ポリシー3に従って先に降りましたが、親切心で操作を替わってくれたのだろうか? 個人的には、こちらが開ボタンを押しているのだから、さっさと降りてくれればいいのだが。

そもそもの間違いは、ドアの両脇にボタンが配置されていることだとは思う。でも、あきらかに反対側が先にボタン操作をしているのに、遅れてボタンを押しはじめる神経が理解できない。

些細なことで、マナーに反する行為とも思わないけど、毎日こうした無駄な両側プッシュを見せつけられて、イラッとしているのです。

通勤電車が混雑&遅延気味で、「とてもつらい」。

無事に10連休を消化。前半に長野、新潟へドライブに出かけ、中盤、後半は家で溜まっていたビデオを消化しつつ、近場にドライブ三昧でした。なんだかんだで、毎日車に乗っていたので、休日ドライバーの面目は保てたかと。愛車にクルーズコントローラーを追加したおかげで、ロングドライブが苦にならなくなったのは大きい。熊本地震がなければ、たっぷり時間をかけて九州など西日本をドライブしたかったのですが、それは次回のお楽しみということで。

休日明けは、いきなり通勤電車が混雑&遅延気味で、「とてもつらい」。10日ほどでも、仕事のカンを取り戻すのに時間がかかります。海外のようにひと月以上の長期バカンスをとるような方は、職場復帰をどうしているのやら。などと、常に100パーセントの仕事をして当然、と考えてしまうのが日本的ワーカーホリックなのかも。のんびり働きますよ。

しばらくは静観ですね。

14日の夜、神奈川の自宅で、huluのネット配信ビデオを観ていたころ。スマートフォンに速報メッセージが出て、熊本県で大きな地震があったとののこと。あわててテレビをつけると、最大震度7の地震があったと報じていた。東日本大震災のときは、関東もかなり揺れましたが、今回はまったく感じず。朝のニュースで現地の状況を見るに、建物が崩れるほどではないにしろ、瓦屋根が痛んだ家屋がかなりあるようです。熊本城は屋根のほかに石垣も崩れて痛々しい。阿蘇山は大丈夫かな? 現在は九州の親戚と連絡を取っている状態です。九州、四国はまだ行ったことがないので、いずれドライブ旅行をしたいと思っていたのですが、しばらくは静観ですね。

被災地の早期復興を願うと同時に、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

,

分相応に、がんばってくれるようになりました。

auスマホ『Xperia Z5 SOV32』がソフト更新された。ビルド番号は「32.0.D.0.328」。最近は、複数のアプリを立ち上げると重くなったり、しまいには勝手に再起動するようになっていたのですが、更新後はそういう現象がなくなったように感じる。性能がアップしたというより、重すぎる荷物を持とうとしてフラフラしてたのが、早めに持ちきれない荷物を捨てるようになった感じ。分相応に、がんばってくれるようになりました。妙に重くなることもなく、いまのところ安定しています。

,

スーパーのカゴを持ち出したワケじゃないよ。

週末に車でスーパーマーケットへ買い出しに行きます。まとめ買いするので結構な量になるため、マイバッグを持参してる。エコを気取るつもりはないけど、慣れた入れ物のほうが面倒くさくない。定番のマイバッグといえば、コストコの保冷バッグですが、最近はスーパーにあるカゴ的な、マイ買い物カゴを併用してる。スーパーのカゴを持ち出したワケじゃないよ。

DSC_0294

メリットは一般的なスーパーのカゴと同型のため、スーパーのカートに積みやすいことや、出し入れがしやすいこと。100円ショップにて500円ぐらいで購入。誤認されないためか、スーパーではまず見かけない、ライトグリーンになってます。数年使ってますが、近所の店舗で同色のカゴを見たことはありません。要冷凍、冷蔵品はコストコバッグを使用し、それ以外の常温保存可能な品を買い物カゴに入れてる。

車に積んでおけば、ちょっとした品を入れておくのにも使えるし、なかなか便利ですよ。

昨今のサービス過剰ぶりは異常。

ネット通販サービスの中では、Amazonを使う率が圧倒的に高い。Amazonを利用しはじめたころは、1,500円以上だと送料無料だったので、本や電子機器を規定額以上にまとめる「Amazon固め」をして購入してた。それが、年額支払いで送料無料になるAmazonプライムサービスが開始されて以来、なんとなく継続してきました。とはいえ、Amazonはもともと届くのが早いし、そのうち一般会員も送料無料になって、いったいなんのためのプライムなのかと疑問を持つ日々。そんな古参のプライム会員からすると、昨今のサービス過剰ぶりは異常。ビデオ観放題、ミュージック聞き放題、地域、商品限定で即時配送と充実しまくり。ここまでやれるなら、もっと前から優遇しておくれよ!

プライム暗黒時代を生き抜いた僕からみると現状、Amazon会員ならとりあえず入っておいて損はないプライムサービスですが、かわりに一般会員の送料が復活。こんどは2,000円のAmazon固めが必要に。ユーザの囲い込みに必要な施策であることは理解できるけど、値上げが喜ばれるわけもなく。とはいえもしいま、はじめてAmazon会員になったら、速攻でプライム会員になっちゃうだろうな。プライム会員になるのに躊躇しているなら、とりあえずお試しで入ってみてはどうかと思いますよ。いまのプライムは良いです。

売れるフリをしていることに不快感を覚えるだけ。

職場の自販機でお茶やジュースを買うことが多い。利用者が多いからか、昼すぎに業者が品物を補充している。それでいざ、購入しようとボタンを押すと、電子音とともに購入の意思がキャンセルされてしまう。いわく「準備中」。購入意欲をくじく、イラッとする瞬間。

品物は補充されているけど、所定の温度になっていないから売れません、という意味で「準備中」と表示しているのだろうけど、買う側からすれば何の意味もない。個人的には、ぬるくても構わないから、いますぐ売って欲しい。

一期一会の自販機で、「準備中」だからと準備が完了したらまた買いに行こう、なんて思う機会はそうそうないでしょう。売れもしない状態で、もうすぐ売れますよアピールをしていることに不快感を覚えるだけ。所定の温度になるまで売りたくないというなら、売れる状態になるまで「売切れ」と表示しておけばいいと思う。売れるものがないんだから「売切れ」でしょう。