僕はスマブラをやってない。

ゼルダの伝説のフィギュアを2体ゲット。リアルなリンクと、トゥーンなリンク。ただのフィギュアではなく、アミーボといって、Nintendo Wii UやNew 3DSなどに読み込ませることで、ゲームと連動できるのが特徴。

おもに『大乱闘スマッシュブラザーズ』と連動させるものですが、僕はスマブラをやってない。かわりに『ゼルダ無双』でリンク2体を読み込ませてみる。スタート画面でアミーボをWii Uゲームパッド左下のポートに置くと、データが読み込まれて新武器のスピナーが開放。

フィギュア型のコンテンツ開放キーといってしまえばそれまでですが、なかなか面白い試みですな。スマブラもやったほうがいいのかしら?

Wii U用なら、これで十分。

最近、なるべくゲームも書籍もダウンロード版を購入するようにしている。購入特典がつかないなど不利なことが多いですが、メディア、パッケージ、マニュアルといったゴミになるものが出ないのは便利。無期限レンタル的なサービスだから、記録メディアが壊れたり、メーカーがダウンロードサービスを終了すれば使えなくなるけど、そこは仕方ない。

ただ、ガシガシとダウンロード版を落としていると、機器のデータ保存容量がいっぱいになってしまうのは困りもの。Wii Uは32ギガのUSBメモリを挿して対応してたけど、今週末発売の『ベヨネッタ2』は特典の初代ベヨネッタとあわせて30ギガほど必要なので、もう限界。いまプレイしてるソフトを消さないと入りません。

ということで、Wii Uに対応したポータブルHDD  HDPC-UT500YKを購入。容量は500ギガと、USBメモリにくれべれば潤沢ながら、テラ単位のハードディスクがあたりまえの昨今では、むしろ小容量といえる。ただ、それは動画をバンバン保存するような用途でのはなしで、ゲームのダウンロード版だけなら容量の心配はいらないでしょう。

Wii Uに既存のUSBメモリと新しいポータブルHDDを同時に挿して、USBメモリからデータを移動させれば完了。セーブデータもちゃんと引き継がれます。USBメモリにくらべると大きいとはいえ、ポータブルな機器だから、Wii Uに結束バンドとかでくくりつけておこうかな。

まぁ、実際にプレイしてるのはベヨネッタじゃなくて、クリア済みの『レゴシティ アンダーカバー』なんだけどね。容量不足で消してたのを再インストールしたら、つい達成率100%を目指しはじめてしまったよ。

なるべく正解は見ないように。

Wii Uのダウンロードソフト『引ク押スワールド』をプレイ中。3DSで出ていたアクションパズル『引ク押ス』の続編ですが、新ルールの続編『引ク押ツ』ではなく、初代『引ク押ス』のルールで新ステージが遊べる、引ク押ス2といえるのが『引ク押スワールド』。

初代『引ク押ス』をがっつり遊んでいたので、ルールはよく理解してる。序盤のチュートリアル的なステージはサクッと終わったけど、中盤以降はけっこう歯ごたえがある。いまはエクストラステージを攻略中ですが、詰まるとなかなか進めず。本作は日本語の攻略サイトが見つからなかったのですが、海外版で攻略動画がアップされていたので貼っておきます。

なるべく正解は見ないようにすべきですが、どうしても詰まった場合にどうぞ。

★つづきを読む

サブ用と割り切っても、ツライ。

Wii/Wii U/PCなどで展開している『ドラゴンクエストX』をプレイ中。あたらしく、3DS版がリリースされたので、ためしに購入してみた。予約はできなかったので、発売日にイオンで購入。オンラインゲームですよと念を押されました。それはわかってたんだけど……。

現在、2アカウントでプレイ中で、メインキャラはタブレットPC、サブキャラは自宅ではWii U、出先ではタブレットPCで2つめのクライアントを立ち上げてます。出先でも遊べないことはないので、3DS版は不要なのですが、どんなものかとサブキャラを登録。3DS版はゲームプログラムを本体に持たず、サーバ上で処理したデータを転送して表示するシンクライアント型。必要なのはキー入力に応じて画像と音を表示するプログラムだけなので、ソフトウェアのダウンロードは比較的軽く、すぐに遊べるようになりました。新規にWii/Wii U/PC版を遊ぼうと思ったら、セットアップ完了まで数時間以上かかりますから、これは便利。

ただ、よかったのはそこまで。サブキャラでログインすると、いつもどおりの世界に入れますが、画像が粗い。既存のプラットフォームでいちばん低解像度なWii版よりも粗く、文字のフォントが読みづらい。あきらかに判読不能な文字もあるので、文脈で判断する必要がある。そして、移動していると不意にコントロールが効かず、フラフラしたり、音がブツブツ途切れたりという状態が頻繁に起こる。3DS版は、キー操作に応じた結果を、サーバ上で計算してからダウンロードしているので、何らかの遅延が発生すると、キー入力から反応が起こるまでに時差が発生し、意図しない結果となってしまいます。

メインキャラでPC版、サブキャラで3DS版をやっているとわかるのですが、PC版はサクサク動いているのに、3DS版は遅延が発生していることが多い。通信状態によっては、PC版でも遅延が起こる場合はありますが、ひょっとしてこれは、通信速度の問題ではなく、サーバ側の処理が追いついていないのでは?

ここ数日、なるべくサブキャラは3DS版でやるようにしてますが、とても他人様とパーティプレイできる状態ではないのでログイン非表示状態にしてる。フレンドやチームメンバーにあいさつされても、返事するだけでひと苦労ですから。3DSは液晶画面にアナログキーと、必要なものがすべてそろっており、手軽にプレイするには適していると思う。ドラクエ10というゲーム自体、ネットゲームとしては難易度が低く、一部のクエスト以外は、サポート仲間をやとい、ひとりでゲームを進めることも十分可能です。

ただ、この記事を執筆している時点でのバージョンでは、3DS単体で開始してプレイを継続するのは困難なレベルと言わざるをえません。接続の安定性とサーバ処理速度の向上、3DSに最適化したインターフェイスの改善。それと、改善がすむまで60日間の無料プレイ期間を延長する。最低でも、これぐらいは実施しないとまずいでしょう。てか、Wii/Wii U/PC版でやってたベータテスト、3DS版ではやってないよね?

ドラクエ10は、細かい問題はあるにせよ、オンラインゲームの中では比較的うまく運営されているほうだと思ってたけど、3DS版はあきらかに商品レベルに達していない。サブ用と割り切っても、ツライ。けど、僕みたいな既存プレイヤーはほかのプラットフォームで遊べばいいだけなので、さほど腹も立たちません。いちばんかわいそうなのは、3DS版なら遊んでみようと、新規ではじめた方々。序盤すらまともにプレイできず、投げ捨ててしまう方も多くいるだろうし、そういう方に、Wii/Wii U/PCでやりなされともいいづらい。

2年以上プレイを継続しているオンラインゲームはドラクエ10がはじめてなので、低レベルなプラットフォームのせいで、ゲーム全体に否定的な評価を受けては、たままったものではありません。3DS版が、Wii/Wii U/PC版と同等に遊べる環境になることを切に願います。

,

ポートピアというより、ファミコン探偵倶楽部。

Wii/Wii U/PCのオンラインゲーム『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友』をプレイ中。最新のクエストとして、ミステリークエスト「妖魔のまなざし事件」をクリアしました。プレイヤーが探偵役となって事件を解決するわけですが、ネタバレは書いちゃダメということなので詳細は実際にプレイしていただきたい。ノリはファミコン探偵倶楽部っぽかったかな?

ドラクエでミステリー、というかアドベンチャーゲーム的なことをするのは、試みとしては面白い。ただ、和製アドベンチャーには名作がたくさんあり、それと比較してシナリオが面白かったかというと、長いだけで面倒という感じ。「逆転裁判」ほど斬新ではないし、「ポートピア連続殺人事件」や「ファミコン探偵倶楽部」といった古典とくらべても質で劣る。続編をやるのなら、ドラクエの名を冠するんだから、「犯人はヤス」な大御所にシナリオを書いてもらったほうがいいのでは?

無念無想は修正されないか心配。

Wii/Wii U/PC『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友』をプレイ中。アップグレードにより、各職業や武器に割り振れるスキルポイントの上限が120から130にアップ。さっそくクエストをクリアして、130まで開放しました。今回は職業スキルに豪華な能力が多く、僕はメインが武闘家なので、きあい、かくとう、ツメを130にしてみた。特に感激したのがきあい130の無念無想。一定時間ごとにMPを中回復できるというもの。発動まで時間はかかるけど、戦闘ごとに50ポイント前後のMPが回復できるのは超便利。かくとうの岩石おとしも、テンションMAXでバイキルトがかかっていると、1000オーバーのダメージなので、武器スキルのない職業でも、素手でそれなりの戦力になりそうです。

ほかの職業スキルもかなり強力みたいだから、いろいろと戦略が変わりそう。ねがわくば、無念無想の便利スキルが今後のアップデートで弱体化しないとよいのだけど。

スキルのマネジメントが重要ですな。

Wii/Wii U/PC『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友』をプレイ中。バージョン2.1後期のアップグレードにより、各職業や武器に割り振れるスキルポイントの上限が100から120にアップ。さっそくクエストをクリアして、120まで割り振れるようにしてみた。何をどう振るかなやんだけど、メインで使ってる武闘家のツメスキルなどを中心に120までアップさせてみた。かわりに、他の職業の専用スキルを削り、全職業の底上げとなるパッシブスキルのみ残すように。ここらへんは、サブ職業のレベルアップで補填すればよろしいかと。

あまり時間がなかったので新スキルは試せていないけど、武闘家はかなりパワーアップできました。

自キャラ同士ですれちがえます。

Wii/Wii U/PC『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友』をプレイ中。このゲームには、3DSを利用したすれちがい通信による遊びがある。ダブルすれちがいといって、リアルですれ違ったプレイヤーのキャラクターが、ゲーム内でもすれちがうとポイントをゲットし、商品がもらえます。メインキャラのよっしいは初期からやってるのですが今回、サブキャラクターのヴェーデもダブルすれちがいが可能なよう設定。親の3DSに設定したので、出先で僕とは違う相手とすれちがう可能性がある。

ただ、ドラクエXのすれちがい自体はあまり盛り上がっていないので、いちばんの目的は僕がメインで使ってるよっしいとのダブルすれちがいが期待できること。サブキャラのほうはあまり熱心にやってないけど、ぼちぼち進める所存です。

色違いは在庫がない場合アリ。

Wii Uのエクササイズソフト『Wii Fit U』と連動する歩数計、『Wii Fitメーター』を追加購入。ミドリ、クロ、アカと三色そろえ、自分用と両親用にセットアップ。今回のWii Fitメーターは単体で歩数が表示されるので、無理にWii U本体に読み込ませなくてもよいのが便利。そのぶん、本体へ接続する頻度が減ってる気もするけど。

長年、DSの生活リズム計を常備していたので、Wii Fitメーターへの移行はスムーズでした。また使い倒します。