もうちょっと軽くて安くてシンプルな構成にできないものか。

家庭用ゲーム機でVR体験ができる素敵ガジェット『Playstation VR』を、なんと無料でゲットしてしまいました。昨年末にプレステ4をプレステ4 Proにリプレイスしたときに、「PlayStation 4 ゲットチャンスキャンペーン」というものに応募したら、1等に当選。

このツイートをした段階では、にわかには信じられず、実は当選を装った詐欺なのではないかと何割かは疑ってた。だって、当選通知には、指定期間以内に指定ページで配送先を入力しないと無効ですとあり、入力しても受け付けメールすら届かない。ドメインは本物っぽいし、カード情報とか不自然な入金の指示もないから、大丈夫……だろうとは思うけど、絶対安心とも思えないまま商品到着を待ってました。

そうしたら、ちゃんと商品は到着したので、さっそくセットアップをはじめたのですが、PS VRって、かなりめんどくさい周辺機器でした。PS4本体とVRゴーグルの間に拡張ユニットをはさみ、さらにHDMIケーブルも経由させる必要がある。セッティングをはじめて、だいぶ後になって気づいたのは、PS VRにはPlayStation Cameraが必須であるということ。PS VRは、VRゴーグル本体に点灯する青色LEDの光をカメラで検知して、プレイヤーの頭の位置や方向を検知している。コレがないと、そもそもVRシステムは動かない。動かないのですが、もらったVRセットには同梱されておらず、追加購入する必要があった。

翌日、家電量販店でカメラを購入。新旧カメラが同じ値段で売ってたのは、旧型カメラが大人気なのか、新型カメラが不人気なのか、気になるところではありますが、新型を購入。事前準備の苦労で、ちょっと嫌気がさしてきてましたが、ようやくPS VRで遊べるように。ソフトは無難に、ミニゲーム集である『PlayStation VR WORLDS』を購入。無料でダウンロードできるソフトも、けっこうありました。

VRゴーグルの装着にも作法があり、後頭部のボタンヘッドバンドをゆるめて装着し、ゴーグル下部のボタンで微調整し、さらに後頭部のダイヤルでバンドを締めて……と難解。慣れないと映像の焦点が合わなかったり、眼鏡がズレたりくもったり。まぁ、しばらく使ってたら装着はだいぶ慣れましたが。ヘッドフォンは付属してますが、自前のごついヘッドフォンでも装着できないことはない。ただ、VRゴーグルを装着すると、外部がまったく見えなくなってしまうので、ゴーグルを外さなくても外界が確認できるような仕組みが欲しいところ。

ひととおりVRゲームを試してみましたが、ゲーム空間への没入度は高い。360度、どこを見廻しても景色が映るのは新鮮な体験でした。個人的には、映像に酔ったり、目が疲れたりということもなく。プレステ4のホーム画面もVRゴーグルで見ることができるから、1人用のコンテンツならテレビも不要なのは便利。せっかく買った4Kテレビが、役立たずさんになってしまいますが。ただ、VRユニットは成人男子でもちょっと重いし、見える範囲のグラフィックも荒い。ケーブルの複雑さもあって、もうちょっと軽くて安くてシンプルな構成にできないものか。

とりあえず手軽にVR体験をするには、『PlayStation VR WORLDS』に収録された「オーシャン ディセント:サメとの遭遇」がオススメ。美麗な海中散策とサメに襲われるスリルが楽しめる。周囲をながめるだけで操作は不要だから、敷居は低いです。まぁ、海底探査で見つけるモノのヤバさは、サメどころの比じゃないですが。

『Playstation VR』が買いかどうかと問われれば、興味はあるし面白いけど、5万円以上払うほどではないという感じ。つまるところVRって、360度網羅した画像を、頭部の動きにあわせて一部分だけ表示するものなわけで、だったら一部じゃなく全部見せてくれればVRユニットは不要なのではないかと思ってしまった。せっかくもらったPS VRなので、いろいろとVR体験を楽しむ所存。

ケーブルのほうがHDMIセレクタより高いです。

居間のテレビを4Kテレビに、プレステ4を4K対応のプレステ4 Proにリプレイスしました。現時点で最高画質の家庭用ゲーム機環境に満足していますが、ちょっと困っているのがHDMI入力。現在の4KテレビにはHDMI入力端子が3つあり、ハードディスクレコーダ、CATVのチューナ、あとはゲーム機用として割り当ててる。ゲーム機は複数あるのでHDMIセレクタで適宜切替えておりますが、プレステ4 Proを接続するとうまく表示してくれません。セレクタの問題かなと思い、4K対応とうたわれているモノを購入したところ、たしかにプレステ4も映るのですが、バチバチとノイズが入って安定しない。Nintendo Switchなどプレステ4 Pro以外の2K出力機器はちゃんと映るし、HDMIセレクタに挿す端子を変えても結果が変わらないことから、テレビとHDMIセレクタをつなぐケーブルに問題があると推定。3千円近くする高級HDMIケーブルに交換したら、プレステ4 Proもノイズなしで映るように。ケーブルのほうがHDMIセレクタより高いです。ただ、4Kテレビの入力端子によって、映る端子とそうでない端子があるようなので、本当にケーブルとセレクタだけの問題かはわかりません。

参考までに、成功したプレステ4 ProとHDMIセレクタの接続は以下の通り。

テレビ(ビエラ TH-40DX600 HDMI端子3)⇒HDMIケーブル(VX-HD115E-B)⇒HDMIセレクタ(GH-HSW301)⇒プレステ4 Pro同梱のHDMIケーブル⇒プレステ4 Pro

4K対応機器は結線がシビアなんですね。4K出力機器のHDMI切替が成功してヤレヤレなのですが、冷静に考えてみると、2K出力で安定しているCATVチューナとプレステ4 Pro以外のゲーム機を既存のHDMIセレクタで切替え、プレステ4 Proは4Kテレビに直結させれば、新たに4K対応の切替器を用意しなくてもすんだのではなかろうか……ま、まぁ映ったからイイや。

,

トリコさんの素敵な犬っぷりを堪能するのが楽しい、大鷲だけど。

プレイステーション4Proを購入し、ノーマルプレステ4をリプレイス。せっかく4Kテレビを購入したので、ゲーム機も4K対応に。ただ、プレステ4でいちばん使っていた機能であるhulu、Netflix、Amazonプライムビデオの視聴は4Kテレビ側の機能に移行したので、相対的に稼働時間は低下してる。せっかくなので、4K対応のゲームもしないとな。

そんな感じで、Pro対応のプレイステーション4『人喰いの大鷲トリコ』を購入し、クリア。ネタバレ注意。『ICO』や『ワンダと巨像』の系譜で、超古代文明的な不思議構造の中で、主人公の少年が巨大な大鷲トリコと協力して冒険していくアクションアドベンチャー。主人公は非力ですが、相棒が強力なので、大移動や敵の討伐はお任せできる。トリコは大鷲と呼ばれ、羽毛も生えているものの、見た目や動きはモロに犬のソレ。能力持ちの超大型犬を使役すると考えれば、目安となるでしょう。トリコさんの素敵な犬っぷりを堪能するのが楽しい、大鷲だけど。

舞台は天空の城ラピュタを超大型にしたような古代遺跡。端々に高度なテクノロジーを感じさせる構造物にはロマンがあります。さまざまな仕掛けを解いて進んでいくわけですが、狭い場所、足場の悪い場所での活動に適した主人公と、戦闘や大ジャンプで頼りになるトリコの能力を組み合わせるアイデアが多彩。戦闘で興奮したトリコを主人公がなだめ鎮めたり、逆に落下しそうな主人公をトリコがキャッチしてくれたりと、相互補完関係にある。

大鷲の巣とよばれる古代遺跡は、圧倒的に巨大で美麗。シネマチックな演出で冒険を盛り上げてくれる。難点としては、遺跡の雰囲気が終盤まで変化がすくないこと。暗灰色で統一感はあるけど、中盤は見飽きてちょっとダレました。灼熱ゾーンでトリコがハァハァするとか、極寒ゾーンで庭かけ廻るとかしてもよかった。遺跡のなかで、自分がどこに位置して、どう移動しているのかイメージしづらいのも一因でしょう。

主人公がトリコにつかまることで大ジャンプしたり、足場にしたりできるのですが、たまに意図しない動きをすることがありストレスを感じた。トリコが思ったとおりに動いてくれないのは意図した演出でしょうけど、主人公が意図したとおりに動かないのは困りもの。中盤以降、アクションが多彩になるぶん、やりたい動きができないことでイライラすることが多かった。

操作感でストレスを感じる部分はあったけど、巨大な魔獣と共闘する一体感と多彩な謎解きは楽しい。「人喰い」の大鷲と銘打たれている割に、人を喰うシーンがほとんどないなぁと思っていたのですが、終盤の展開で納得。たしかに「人喰い」だわな、コレ。

「キコキコ作戦です!」は僕の好みではなかった。

第一次世界大戦を舞台にしたPS4のFPS『バトルフィールド1』をプレイ中。シングルプレイのキャンペーンモードをノーマル難易度でクリアしました。さまざまな主人公を操作して、ヨーロッパや中東を転戦。戦車や戦闘機を操作できるゲームは多いけど、第一次世界大戦当時の発明まもない兵器を操作できるのは新鮮……と期待していたのだが。なんか、思ってたのと違う。

初期ストーリー「血と泥濘の先に」ではイギリス軍のMark V戦車を操縦します。銃撃をものともせず、砲撃にもかなり耐える頼れる兵器なのですが、耐久度がゼロになるまでは火ダルマになろうと元気に動ける。初期の戦車は故障ととなりあわせで、マトモに動かすほうが大変というイメージだったのですが、超元気。しかも、大破寸前でも安全な場所で修理ボタンを押しているとキコキコ音がしてゲージがたまると修理完了し、また無傷な状態で戦える。乗員が外部にでて戦車のそばで修理ボタンを押すと、さらに高速でキコキコ修理。予備部品も修理部隊もなく、スパナを動かしているだけのアクションで完全修復とは、カスミかなにかで修理部品を生成しているのだろうか? 履帯やエンジン、兵装の故障、破損、乗員の死傷など、戦車が戦闘不能になる要素は山盛りのはずなのに、すべてキコキコ修理で解決。あ、点火プラグだけは生成できず、敵陣から集める必要がありましたが。

「高き場所の友」というストーリーではブリストル F.2戦闘機を操縦して、敵戦闘機や飛行船と戦える。地面に激突すると大破するのはいい。でも、かなり耐久度が高いので敵機と激突したぐらいではまだ飛んでいられる。例によってキコキコ修理が可能なので、攻撃を回避しつつ敵機のバックをとって銃撃で撃墜するより、体当たりで大ダメージをあたえるほうが効率よく感じてしまう。羽布張りの複葉機で体当たりしつつ、ゾンビのごとくキコキコ修理。そのいっぽう、敵飛行船も耐久度が高く、ロケット弾をガスガス打ちこんでもなかなか爆発炎上しない。水素風船のクセに頑丈だな、オイ。

「ランナー」というストーリーではオスマントルコ帝国の首都、イスタンブールに進撃するためのガリポリ半島上陸作戦が舞台。トルコに2回洋行するぐらいはトルコ好きな僕としては、のちのトルコ共和国初代大統領、ケマル・アタテュルクことムスタファ・ケマル大佐とともに、祖国防衛のために連合軍を撃退してくれるわ、トゥルキエ! と奮戦を期待したら、連合国側の伝令として負け戦に強制参加。トルコ兵は敵でした。キャンペーンモードは連合国側しかないのか。ドイツやトルコなど同盟国側のシナリオもプレイしたかった。日本など東アジアはそもそも舞台にすらなってない。

回復が簡単なぶん、攻撃も激しいわけで、よりエンターテイメント的に誇張しているという理屈はわかるのですが、「キコキコ作戦です!」は僕の好みではなかった。洋ゲーFPSなんてそんなモノと割り切るべきなんでしょうけど、最後までなじめませんでしたね。とりあえずエンディングには到達したので、オンラインモードはそれなりに。

,

火ダルマになって墜落するんだろうけどな!

第一次世界大戦を舞台にした一人称シューティング『バトルフィールド1』に注目してる。第二次世界大戦から現代戦はよくゲーム化されてるけど、第一次世界大戦はあまり見たことがない。動画を観るに、中世と近代が入り混じったバイオレンスな世界観が魅力的。自分的に大注目なのは、兵器に硬式大型飛行船が登場すること。ドイツのツェッペリン飛行船ですな。

ゲームに登場する飛行船というと、ファイナルファンタジー的な不思議動力で浮かぶ飛空艇がメジャーで、リアルな飛行船が登場するのって、あまりないのでは。

P1050169-640x480

1929年、霞ヶ浦に飛来したツェッペリン伯号飛来の地を記念する碑を見に行くぐらいには飛行船大好きなので、本作には大変期待しております。

まぁ、大型硬式飛行船の常として、火ダルマになって墜落するんだろうけどな!

,

ものすごく美麗な、いつものアンチャーテッドという感じ。

プレイステーション4『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』を中級でクリア。海賊の宝を求めて冒険しまくりでした。

グラフィックがとにかく綺麗で、ひと昔前の作り置きCGデモ並か、それ以上のクオリティを実際に操作できるのはすごい。モジャモジャした髪とか、CGで表示しづらいオブジェクトも自然に動いてます。いっぽう、内容的にはいつものアンチャーテッドで、なじみやすくはあるけど、目新しさはあまりない。決められたルート以外は即死という、デッドオアアライブな死生観も従来通り。

ただ、シリーズではおなじみの、後半に登場する謎の襲撃者や、超文明の遺産といった「飛び道具」がでてこないあたり、素のグラフィックに自信があることがうかがえる。ものすごく美麗な、いつものアンチャーテッドという感じ。

作中で遊べる『クラッシュ・バンディクー』がけっこう難しくて、序盤に遊べるほうだとハイスコア更新ができない。海賊王の秘宝を手にしてるのに、妻にゲームで勝てない主人公というトホホっぷりが楽しいです。

正解ルートを進む限りは無敵超人だけど、不正解だと即死するのは、いつもの通り。

プレイステーション4『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のダウンロード版を購入。現代を舞台とした冒険活劇。ダウンロードに1時間以上かかりましたが、インストールは数秒で終わった。

シリーズ4作目にあたる本作を遊ぶため、旧作3本のHDリマスター版『アンチャーテッドコレクション』をプレイ済み。予習はバッチリだぜ。

インディ・ジョーンズ的な超アクションを、自身の操作で楽しめるのですが、アンチャーテッドの主人公ネイトは、謎解きもアクションもこなすけど、困ったときはとりあえず武力解決が基本。立ちはだかる敵を何百人殺せば気が済むのやら。とはいえインディ・ジョーンズ最新作、クリスタル・スカルの王国を観てたら、謎の敵がわらわら出てきて超文明の遺産に到達して最後は……という展開が、いかにもアンチャーテッドっぽいなと思ったり。

旧作をプレイ済みなので、操作感は理解してる。チュートリアル的な序盤を終え、オープニングを観たあたりまで進めました。画像はトップクラスに美麗。正解ルートを進む限りは無敵超人だけど、不正解だと即死するのは、いつもの通り。不死身だけど虚弱ボーイだよな。家庭人となったネイトが、いかにして冒険の世界に「復帰」するのか、今後の展開が楽しみです。

もうちょっとヒントがあってもいい気が。

プレイステーション4版『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』をプレイ中。シナリオモードはクリアしましたが、フリービルドモードを継続してやってます。シナリオモードは次に何をすればいいか逐一指示してくれますが、フリービルドモードは自分で考える必要がある。マインクラフトほどではないですが、放り出された感が強くて、ネットで情報収集が必要。住民に喋らせるなど、もうちょっとヒントがあってもいい気がします。

フリービルドモードで造った建物をネット経由で公開できるのですが、素材を集めて欲しいパーツが造れるようになるまでが結構手間がかかる。シナリオモードで条件をクリアしないと造れないものもあり、やり込もうとするとまだまだプレイする必要がある。

シナリオモードにくらべると、フリーモードは完成度が低い感じがしますが、好きに街を発展させられる点は将来性を感じる。次回作があるならフリービルドをパワーアップというか、こちらが本番と感じられるクオリティになることを期待します。

最近はホント、ゲーマー力が低下してますね。

先月のAmazonプライムデーで、プレイステーション4がじゃっかん割引で売ってた。さほどお得感はなかったけど、いつかは買おうと思ってたので思い切って購入。最新型ではありませんが、重量とか消費電力とか、あまり重要性を感じないアップデートのみだったので問題なし。

深刻な問題なのは、購入してから使っているのが動画サービスであるhuluとPS4では無料のアニマックスPLUSしか使ってないということ。いや、プレステ3よりもレスポンスがよくて使い勝手は向上しており、重宝してる。ただ、別なハードディスクレコーダーを参照した動画再生はできないので、その点はプレステ3のほうが優れてます。てか、劣化しておる。

肝心カナメのゲームですが、まったく購入しておらず。百年戦争とかドラクエヒーローズとか気になるソフトはあるのですが、積みゲーを消化してからやろうと思っているのに、そっちが消化できず、プレステ4に手をつけられない状態。まぁ、ドラクエXIやらリメイク版FFVIIやら、購入予定のソフトはあるので、ぼちぼち遊んでいきますよ。