実は写真サイズは変わってない。

月例のケータイ用ワイドQVGA(400×240ピクセル)カレンダー壁紙を公開。今回から、QVGA(320×240ピクセル)でなはく、縦長のワイドQVGAにしてみた。QVGAサイズの方も、従来通り指定していただければ、上下が切られて今まで通り使えます。

201206cala201206calb

カレンダーなし壁紙も公開。

201206cala2201206calb2

喉イタから鼻ズルへ。

ちょっと風邪気味。ここしばらく喉が痛かったのが、鼻水ズルズル状態に移行。ちょっと体がダルい感じ。こういう時、以前なら熱を測らず、風邪だかなんだか不確定な、「シュレーディンガーのよっしい」状態で耐えたもの。最近は、辛い時はツライと言うべきだと思っているので体温を測ると、微熱があった。大人しく寝て、最小限の発熱で治そうと思います。ゲホゲホ。

2台持ちが正解だと思う。

ソフトバンク、ウィルコム合同の新製品発表会があり、ウィルコム側からは初のAndroidスマートフォンである『DIGNO DUAL WX04K』が発表されました。京セラのミドルレンジスマホで、3G回線とPHS回線の両方が使える。PHSは通話用と割り切って、データ通信は3G回線のみ。3Gデータ通信が使えるウィルコムのスマホではなく、PHS通話ができるソフトバンクのスマホという感じ。メールアドレスも、既存の「pdx.ne.jp」や「willcom.com」ではなく、新しく割り当てられた「wcm.ne.jp」のみ。防水、ワンセグ、赤外線はあるものの、おサイフ機能はなし。

僕は現在、PHS端末は折り畳み型の「WX01K」、スマホはauの「ARROWS Z ISW11F」を使ってる。「ARROWS Z」は何かと不具合が多い端末ですが、通話機能はPHSをメインにしているため、通話もできるデータ通信端末として重宝してる。PHSを「DIGNO DUAL」にすれば、これ1台で済むわけですが、「ARROWS Z」よりマシとはいえバッテリーの持ちが悪く、メールアドレスが変わり、おサイフ機能がないスマホには、魅力を感じません。これなら先日発売された、PHSとモバイルルーター機能が合体した「PORTUS WX02S」とiPod touchのセット運用のほうがマシかな。この組み合わせでも、おサイフ機能は使えませんけど。

PHSもスマホも機種変更したばかりなので、しばらくは現状のまま運用するつもりです。

高級アイスは買わないな。

Tポイントと連動するAndroidアプリ『Tの世界』で、ジェラートをゲット。ファミリーマートでTポイントを溜めるとゲーム内で宝箱がもらえ、当選するとジェラートの引換券がもらえる。ファミマに出かけて、シリアル番号を入力し、引換券を印刷してもらう必要があり、ちょっと面倒。画面を見せたら即ゲットぐらいにして欲しい。

DSC_0388DSC_0391

引換対象が品切れだったらどうしよう、と心配する必要もなく、「Sweets+ ジェラート アルフォンソマンゴー」をチョイス。普段、アイスは100円のアイスモナカとかを買うことはあっても、250円のちっこいカップアイスを買うことはなかった。ねっとりと甘さ控え目で、なかなか美味だったけど、自腹で買うかは微妙だな。

ご注意してたのですが……。
今年2月、自家用車をダイハツ『初代ムーヴカスタム(裏ムーヴ)』から、日産『ジューク 15RX Type V』に乗り換えました。約3ヶ月間、5,000キロちょっと乗ってみた感想です。

そもそもこの車に興味を持ったのは、『週刊東洋経済』2011/7/9号「日産の個性派SUV ジュークはなぜ売れた」という記事。日本のメーカーが欧州をターゲットにした車を開発したら、予想以上に日本でも売れたという内容。ここで紹介されていた写真を見て、一発で気に入りました。CMで言うところの、「一目ぼれにご注意を。」という奴です。

曲線を多用した、ずんぐりしたフォルムに、スモールランプとヘッドランプが分離し、フォグランプと合わせると2×3の6灯で、一見するとどれがヘッドランプ化わからない。およそ日本車らしくない「なんじゃこりゃ~」なデザイン。コンパクトSUVだけに、実車はさほど大きくないのですが、デザイン的には大きく見える。コンパクトカーとしては大柄だけど、SUVとしては小柄。何を基準にするかで「大きい車」か「小さい車」かが変わってくる。僕は軽自動車からの乗り換えなので、第一印象は「大きい車」でしたが、慣れてくると日本で乗りまわすのに過不足がない大きさだと思えてきました。

慣れは必要だけど、クセになるデザイン。トータル的には何物にも似ていない、オンリーワンっぷりが好印象。

P1000063

車高が高いわりに、走行性能はそれなりに良い。カーブもキビキビ曲がってくれるし、加速も日本で走らせるには十分。初期状態で、エンジンの性能を限界まで引き出しているそうなので、余裕はない感じですが、ムーヴの時に痛感していたパワー不足に悩まされることはない。

予想以上に良かったのは、横風の影響を受けにくいこと。数メートルの風ならまったく影響がないし、わずかにあおられると感じるぐらいだと、10メートル近くはある感じ。風雨の日に運転して、たいした風じゃないと思って降りたら、意外に風が強くてビックリしたことも。車高は高くても空力性能は高いです。

燃費は公称19キロですが、実燃費は12キロちょっと。長距離だと理想値に近づきますが、短距離の街乗りだけなら、もっと低くなると思われます。ここらへんはムーヴと同じか、ちょっと良いぐらい。最先端のエコカーと比べると見劣りはしますが、走行性能がアップして前の車と大差ない燃費なので、満足はできないまでも納得できる水準。トヨタ『アクア』も検討しましたが、発展途上のハイブリッドよりは完成されたガソリンエンジン車を選んだ次第。

走行モードはノーマル、スポーツ、エコとあり、普段はエコにして、カーブの多い道ではスポーツにしてる。スポーツだとパワーは出ますが燃費は落ちるので、完全に趣味のモード。燃費を重視するか無視するかの二択なので、結果的にノーマルは全く使ってません。

車内は、バイクをイメージした曲面的なデザインが良い。運転する側としては、外側のデザインと同等に、内部のデザインも重要。ただ、見た目は面白いのですが、基本が欧州車のため左ハンドル用にボタンやレバーが配置されている。具体的には、サイドブレーキや走行モードを変更するボタンが左寄りになっており、右側から操作しづらい。日本車なのに外車みたいな不便さがあるのを良しとするか? 僕はそういうところも面白と思ったので、まったく問題なし。

居住空間は、前の運転席と助手席は十分な広さがあるものの、後部座席は天井が低めで、足先のスペースも最低限。大人5人が乗れるとはいえ、実用的な定員は前席に大柄な人2名、後席に大柄ではない人2名の計4名といった感じ。後部のラゲッジスペースは、後部の局面があるため高いものを積むのには適していませんが、必要十分な容量。足りなければ後席を倒し、フラットな室内にもできる。この状態だと、176cmの僕が車内で仮眠できる広さが確保できる。斜めに寝れば、足を延ばせないまでも、苦しくない広さは確保できます。
色々とヘンテコな車ではありますが、実用性は十分。見て楽しい、走らせて嬉しいコンパクトSUVであります。

スローパンクというそうです。

愛車ジュークを洗車していたら、後輪に木ネジが刺さってた! なんじゃこりゃ~。

P1000061

幸い、空気が盛大に漏れている様子はない。ゆっくりと空気が抜ける、スローパンクというものらしい。オートバックスでパンク修理を依頼したんだけど、なんでも釘が斜めに刺さっているとかで、完璧には修理できないらしい。しばらく様子を見て、エアーが抜けるのが止まらないようなら、タイヤを交換する必要もあるそうです。ちゃんと直ってくれると良いのだが。

トップツイートから除外されない単語を選択しないと。

Twitterで書いている、140文字小説のログです。

161)●保険交渉:「甲種保険の適用をお願いします」『どういう状況でしたか?』「それが、気づいた時にはもう……」『そういう方、多いんです。では、甲種に直接聞いてみては?』言われるままに、左手の甲を見る。甲種呪詛により仮初めの命を宿した人面瘡は、「知らんね」と鼻で笑った。

162)●コンプガチャ:あと一枚でカードがそろう。端末を握りしめ、新たなカードパックを購入。クズの山を築きながら最後の一枚を開くと、狙う「退」のカード。さっそく合体カード「退会完了」を発動。退会すらコンプを求める鬼畜仕様が好きだったけど、コンプガチャ終了なら未練はない。

163)●不審者情報:【発生時刻】午前0時頃【不審者】黒コートの女性(年齢不詳)【被害者】児童1名【状況】通学中の児童に声をかけた女が、「滅せよ人類の敵め!」などと叫びながら、銀製の杭を児童の胸部に突き立てようとした。児童の反撃により、旧人類は我が夜の眷属へと転化した。

164)●不死者情報:【発生時刻】午前0時頃【不死者】小学生型【被害者】退魔協会職員の女性【状況】警戒巡回中の職員が、児童から転化した不死汚染者と遭遇。駆除を試みたが、不死者は夜の王直属の精鋭であったため、職員は不死汚染を受けた模様。人類は不死者共に屈するしかないのか。

165)●BBQ:毎年、母に連れられて行くバーベキュー大会で、いつも肉を焼いてくれるおじさんがいた。分別がつくにつれ、その人が本当の父ではないかと思うようになっていた。けど、違った。金網の上で、一番美味しく焼けた肉だけを食べるように、けだものが私の肢体をむさぼっている。

166)●木漏れ日:徹夜明けで帰宅中。今朝は932年ぶりの金環日食だが、疲労が蓄積し、空を見上げる気分じゃない。「ほら見て、すごいよ!」子供が指差す地面の先で、木漏れ日が無数の円環を刻んでいる。ピンホールカメラの原理だ。そうか、俯いていても、空を知ることはできるんだな。

167)●新塔:その塔は、串の先端に団子を刺したような形状をしている。「これが、東京スカイツリー?」「こちらでしたら、待たずに頂上まで登れます」「634メートルないよね?」「63.4メートルです」「あの丸い部分の、緑と黒の縞模様は?」「本塔は、東京スイカツリーですので」

168)○御食D亭:アミノ酸にはT型とD型があり、生命体は決まってT型で構成されている。「何でD型の生命体がいないかって? そりゃ美味すぎるからさ」その料亭は、D型アミノ酸で合成された食材の専門店だ。体内で消化吸収されない、美食のための美食として、一部で愛好されている。

169)●冤罪:満員電車の人混みから声がする。「この人、痴漢です!」「何言ってんだ、やってないぞ」声はすれども、当事者たちの姿は見えない。言い争いが続いたが、駅につくと静かになる。窓外を見ると、男が駅員に何事か訴えている。「痴漢です!」「いや違う」実に見事な一人芝居だ。

170)●鼓動:徹夜仕事が続く。「その顔色で大丈夫?」「仕事だしな」そう言って一時帰宅した同僚が、遺体で発見された。死亡推定時刻は、一週間前だという。この忙しさでは、死んだことにも気づくまい。試しに自分の胸に、土気色の手を当ててみる……やっぱりな。さて、仕事でもするか。

胸ポケットはないのか。

クラブニンテンドーのポイントで注文した、『オリジナルポロシャツ2012』が届いた。色やデザインをカスタマイズできるので、「グリーン+ハイリアの盾の模様」で注文してみた。

P1000054P1000059

こういうデザインなら日常で着られるし、以前にもらったハンカチともども実用性は高そう。こういうグッズをもっと充実させて欲しいですな。

地球の人口は、多く見積もっても240億人なのか。

山賀進著『地球について、まだわかっていないこと』を読む。地球科学について、まだはっきりわかっていないことを紹介する本。わかっていることを書いている本は多いですが、わからないことがわかる本というのは面白い。地球の内部構造についても、地球温暖化についても、原子力問題についても、人口爆発についてもわからないことは多く、それでも何らかの判断をしなければいけないということか。