特にやりたいソフトはないんですけど。

ソニーの新型携帯ゲーム機『PlayStation Vita』が12月17日に発売。高性能になったPSPという、凄いけど、そこまでして携帯ゲームをやりたいのか微妙なハード。大攻勢をかけている3DSにくらべ、あまり盛り上がっていない感じ。とはいえ、それほど高いものではないので、買ってみても良いとは思う。PSPは持っているけど、UMDディスクの読み込みが嫌いだったので、新型PSPとしてVitaに買い替えるのはアリです。

ただ、Vitaでやりたいソフトがないんだよな。リッジレーサーと塊魂ぐらいか。無理に携帯ゲーム機で遊びたいというほどでもなく。PSP用ソフトをダウンロードして買おうか……そのために、Vitaを買うのもなあ。店頭で即購入できたら、気の迷いで買うかもしれない、というレベルで購入意欲はありますよ。

こんなこともあろうかと!

相変わらずの計画停電第1グループ。色々と事情もあるのでしょうけど、計画停電と言うよりは気まぐれ停電という感じですな。本日は午前中から停電が実施された。といっても、僕は仕事で東京にいたので停電には遭っていないのだが、鎌倉の自宅にいる両親用のヒマ潰しアイテムとして、PSP+ワンセグチューナーでワンセグ放送を観られるようにしてみた。

P1120239

ポイントは、ワンセグチューナーに挿した白いケーブル。鎌倉は三方を山に囲まれたテレビの難視聴地域なので、ケーブルテレビでも契約しないとマトモに放送が観られない。ワンセグ放送も同様で、アンテナから分岐した線を挿す必要がある。コレが面倒で、PSPのワンセグチューナーはまったく使ってなかったのだけれど、計画停電となれば話は別。停電中に、映像信号が届くか不安でしたが、そこは問題なかったみたい。両親には、停電中にテレビが観られると好評でした。先日のLEDランタンといい、何が役に立つかワカランものですな。

,

あくまで個人の見解です。

「モンスターハンター(モンハン)」系のゲームが苦手です。以前、勧められてPSPとモンハンポータブル2を買ったのだが、序盤をいくらか進めたところで断念。改良版であるモンハンP2Gは、ソフトを買ってキャラクターをコンバートして終了。モンハンP3にいたっては、ソフトすら買ってません。僕は、『ゼルダの伝説』や『世界樹の迷宮』といった、やり込み系のアクションやRPGが好きなのだが、モンハン系とはとことん相性が悪いみたい。面白ければ、カジュアなルゲームでもコアなゲームでも、分け隔てなくやってるつもりなのだが、なぜここまでモンハンがダメなのか、自己分析してみた。

まず、オンラインゲーム的な他者との結びつきが億劫。そして上級プレイヤーとの差を見せつけられるのも屈辱。これはモンハンに限ったことではないけれど、オンライン(協力)プレイをするために集まったり、常に仲間を気にして行動しなければならないのが辛い。そして、大概は自分よりまわりのプレイヤーの方が上手いうえに、そこから上達しようと思うほど、オンラインプレイに魅力を感じない。たとえば、昨年末にハマっていた西部劇ゲーム『レッドデッドリデンプション』も、オフラインモードでやり込みまくってから、オンラインモードを遊んでみたけど、上記のようなオンラインモードに特化した上級者が幅を効かせていて、オフラインモードほどプレイしたいとは思えなかった。

では、オフラインの1人プレイゲームとしてならモンハンは面白いのか? というと、それも微妙。アナログスティックでキャラクターを操作しながら、人差し指で十字キーによる視点操作を行うという、いわゆる「モンハン持ち」がダメ。楽にできるはずのことを、あえて面倒にさせられている感じがして、テクニックを習得しようという気にならない。キャラデザインが気に入らないとか、素材集めが面倒すぎるとか、ほかにもダメな点はあるけど、操作系の苦手感がいちばんデカイ。

操作系に馴染めない上に、協力プレイが億劫。そして、いつ終わるという目的もなしにただ戦い続けるという作業が耐えられない。僕はイベントをクリアするという「終わり」を目指すために「作業をする」ことは好きだけど、「作業をする」こと自体がが楽しいわけじゃない。目的は二の次で――みんなで楽しくワイワイと――狩りという名の「作業をさせられる」のは苦痛なだけです。

僕にとって耐えられるオンラインゲームというと、mixiアプリの牧場シミュレーション『サンシャイン牧場』あたり。できることは色々あるけど、どれも強制ではなく、やることがなくなってきたなと思うと、工場だの図鑑だの新しい要素が追加される。他のプレイヤーとの順位はつくものの、熱心なプレイヤーは成長も早いけど飽きるのも早いので、そのうち離脱して自分の順位はいつも上位をキープできる。オンラインゲームは、これぐらいヌルくないとダメですな。

まとめると、コアなゲームは明確な達成目標があって、他者との差を意識する必要のないオフラインゲーム。カジュアルなゲームは目標が次々と追加され、他者との差が気にならないオンラインゲーム。ここらへんが、僕がハマれる、遊べるゲームの基準のようです。

──以上の理由で、モンハン的ゲームは勘弁な。

もうええっちゅうの!

『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売となるわけですが、ぼくの関心は、このゲームをいかに「プレイせずに」済ますか。食わず嫌いはよくないと思って、2rdは買ってみたのだが、どうにもなじめず。周囲からは、僕はモンハン向きの人間と思われていたらしいが、ひたすら狩りつづけるゲームとか、ゾッとする。終わりが見えるからこそ、何度でもチャレンジしちゃう人間に、無間地獄は耐えられませんよ。

いまのところ、モンハンへのお誘いもないようなので、このまま粛々と3rdとは距離を取ることにします。お義理で買って、ロクにプレイしないのも失礼だしね。異論は認める。

何年かけてんだヨ!

RPG『英雄伝説 空の軌跡FC』のPSP版をクリア。ゲームを購入したのが2007年10月19日で、そのころからプレイしているので、実に2年以上もかかったことになる。もちろん、間に別なゲームをプレイしていたわけだけど、PSPには常にこのソフトが入っており、思いだしたように進めてた。積みゲーはしない主義なので、クリアできてヤレヤレです。

ゲームの感想としては……まったく終わってないよ。むしろ、新たなるプロローグだよという展開。続きは『空の軌跡SC』をやってねというコトらしい。お話は面白いと思うし、続きも気になるのだが、街の探索やら戦闘やらが冗長で、サクサクプレイできないのが辛かった。あまりゲームに時間を割けないので、続きは機会があったらということで。

ゲームをクリアしてから、クリアデータで2週目を開始して、2年ぶりにオープニングとプロローグを見たら、映像の意味が理解できてちょっと感動したよ。

『PSP go』よりも経済的かつ、現実的な選択だと思う。

しばらく行方不明だったPSPに、大容量のメモリースティックを増設。いままで1GBだったものを、16GBに換装。これで5,380円って、ずいぶん安くなりましたな。Amazonさんのレビューで、PSPに使用できることは確認ずみ。もちろん、問題なく認識しました。

P1070752

これで、PSPレベルのゲームなら、10本以上は保存しておける。今後、PSPソフトはなるべくダウンロード購入するつもり。ギュルギュル読みこむUMDとは、おさらばしたいですな。

お手つきゲームをクリアするのが先だよな~。

べつにソニーが嫌いなわけではないのだが、ファミっ子の血が騒ぐのか、しばらく任天堂ハードに傾倒していた。というか最近、PSPが半年ほど行方不明だった。DSは、LLまで購入しているというのに、PSPの扱いが我ながらヒドイです。で、ようやく行方不明だったPSPを発掘。しばらくぶりに起動したら、当然ながらバッテリーが枯渇し、ファームウェアの更新もままならない状態。

さらに、トロステーションを起動したら、これまたバージョンアップされてて、新版ダウンロードに時間を取られる。どうにか最新状態になったところで、『ファンタシースターポータブル2』の体験版をダウンロード。個人的に、モンハンよりは遊べるソフトだし、社交ツールとしてもレベルを上げておきたい。とりあえずは体験版を進めてますが、製品版の購入方法で悩んでる。

ソフトはゲームショップで購入できますけど、UMDでギュルギュル読みこませるのは嫌なので、プレイステーションストアのダウンロード版を購入するのもアリかと思ってる。そうなると現状の、1ギガのメモリースティックでは容量不足なので、大容量のモノを購入せねばならぬ。PSP goを買うよりは、大容量メモリースティックを買う方が安価なのは確かなのだが……。

とりあえず、体験版をクリアするまでは現状維持の方向で。

 米二値遺書

 PSPのシステムソフトウェアが5.00にアップデートされ、PSP単体でダウンロードコンテンツを落とせるようになったダス。
 くわえて、いままではPS3専用だった無料コンテンツ『まいにちいっしょ』のPSP版、『まいにちいっしょポータブル』があそべるように。『どこでもいっしょ』系のコンテンツとして気にはなっていたけど、コレのためにPS3を買う気にはなれなかったので、PSP版の登場はねがったりかなったりなのニャ~。

★つづきを読む

, , ,