いや、ホントにiPod touchの後継機だな。

iPod touchは持ってるけど、iPhoneとは距離をとってきた。スマートフォンはAndroid派です。そんな昨今、iPhone 7にて待望のApple Payなるおサイフ機能が搭載され、モバイルSuicaなどが利用できるように。スマートフォンを使うなら、おサイフ機能がないとツマラナイと固く思い込んでいる僕にとっては待望の機能。ここはひとつ、iPhoneに乗り換えちゃう?

――などという妄言はおいといて。だって、Apple PayはAndroidでサポートされているおサイフ機能がすべて使えるワケじゃないし、サービス開始直後にさっそくSuicaでやらかしてるし。いや、iPhoneデビューしたのは本当ですけどね。

本当に購入したのは中古のau版iPhone 5S 32ギガモデル。値段は2万弱ほど。カーナビ用スマホとして運用している旧スマホに挿している、MVNOのmineo auプランnano SIMカードが、そのまま使えるらしいので。mineo用SIMカードは、iPhone系だとテザリングが使えないという欠点があるのですが、そこは納得のうえで。感覚としては、iPhoneを買ったというより、通信機能付きの型落ちiPod touchを買ったという感じです。とはいえ、最新のiOS 10.1が使えるので、使わない機器のアップグレードも欠かさない、アップグレードマニアの僕にはピッタリです。

dsc_1053 dsc_1056

Amazon

楽天市場

機器はパッケージなし、付属品なしですが、母親のiPad用に充電器やライトニングケーブルはあるので問題なし。本体に微細なキズはみうけられるものの、使っていればそのうちつくものなので、気にしません。まずはSIMカードを挿さないで最新状態にアップグレードして……と思ったら、SIMカードがないと初期設定が完了しないのか。側面のSIMカードスロットを引き出すための器具が同梱されておらず、クリップで代用してなんとか挿入完了し、初期設定完了。この段階ではLTE通信の設定はせず、無線LANで通信。iTunes経由でバックアップからiPod touchのデータを引継ぎ、続いてOSを最新のiOS 10.1へアップグレード。最後に、mineo用の通信プロファイルをインストールして、LTE通信可能であることを確認。1時間半ほどでセットアップ完了。体感的には、意外と早かったです。ひさびさに、iOSのアプリ群をみると感慨深い。いや、ホントにiPod touchの後継機だな。

Amazon

楽天市場

主任務はカーナビ用のスマホなので、iOS版のカーナビタイムをインストール。有償契約ずみなので、ログインすればAndroid版で設定した地点登録が継承されます。自家用車に設置して、外部GPS装置であるGNS 2000とBluetoothのペアリング。Android端末とちがい、GPSを中継するアプリは不要。最近、AndroidだとGPS中継ソフトが不安定になり、自車位置を見失うことが多かった。iPhoneを購入したのは、カーナビアプリを安定させるというのが主目的。軽くドライブしてみましたが、動作に問題はなさそう。ロングドライブしてみないと、本当に安定しているかはわかりませんが。画面がちいさいので、設置位置は考慮する必要がありそうです。

Amazon

楽天市場

つづいて、コロプラやポケモンGOなど、位置情報ゲームをインストール。GNS 2000でGPSを参照しても、Android版のように疑似ロケーションで怒られないのはいいですね。コロプラは、Android版とインターフェイスが若干異なり、まだ慣れない感じ。

型落ちとはいえ、iPhone 5Sは2013年のフラッグシップ機だけに高級感がある。指紋認証機能までついてたのか。新品のiPod touchを買うよりはずっといい。MVNO市場で、iPhone 5Sがいまだに現役というのも納得です。

Amazon

楽天市場

,

難点は、Eye-Fiクラウドが年額5,000円の有料サービスになってしまったこと。

デジカメの記憶メディアであるSDカードが無線LANスポットになり、スマートフォンと通信してデータをコピーできるEye-Fi。ここしばらくEye-Fi X2というEye-Fiカードを使っていたのですが、先週末に撮影したデータがパソコンに転送されなくなった。先々週までは転送できてたのに……。

しらべてみたら、Eye-Fi X2以前のバージョンは2016年7月6日でサポート終了、2016年9月16日に一部サービス終了。つまり、9月17日以降は使えなくて当然ということ。お知らせメールは受信はしてたけど、見落としてました。なんてこったい。

Eye-Fi SDカードのうち、現行モデルである『Eye-Fi Mobi』なら今後も使えるとのことなので、さっそく手頃な値段の『Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 8GB Class10』を注文してみた。

DSC_0855DSC_0857

Eye-Fiカードとシリアルが書かれたカードが同梱。どこから取りだしたらいいか迷いましたが、中央横をハサミでぶった切るのが正解なのか。Eye-Fi X2以前のアプリはEyefi Mobi用アプリと同居できないので、スマホ、パソコンともアプリを入れ替え。あたらしくEye-Fiクラウドのアカウントを作ることで、いままでどおりにアップロードとパソコンにダウンロードが可能になりました。

難点は、Eye-Fiクラウドが年額5,000円の有料サービスになってしまったこと。ライセンスが切れると、クラウドにアクセス不可になる。ただ、デジカメで撮った写真をスマホにアップロードはできるので、ほかの無料で利用できるクラウドサービスへアップロードすればよさそう。僕の場合、デジカメ画像はMicrosoftのクラウドサービスであるOneDriveに保存してる。

現在は、

デジカメで撮影→Eye-Fiカード経由でスマホに保存ー→Eye-FiアプリでEye-Fiクラウドに保存→デスクトップパソコンのEye-FiアプリでOneDriveフォルダに保存→OneDriveクラウドに保存

となっているのを、

デジカメで撮影→Eye-Fiカード経由でスマホに保存→OneDriveアプリでOneDriveクラウドに保存→デスクトップパソコンのOneDriveフォルダに保存

とすればいいだけ。後者のほうがシンプルですが、あえて前者の経路を使用しているのは、デスクトップパソコン用のEye-Fiアプリが「OneDrive\Eye-Fi\2016-09-20」のように日付ごとのフォルダで写真を整理してくれるから。OneDriveアプリで直にアップロードすると、「OneDrive\画像\カメラ ロール」にまとめて放り込まれてしまう。

こちらの問題は、『簡単デジカメ写真整理』というフリーソフトで解決。指定したフォルダの写真を、任意のフォルダへ日付ごとに整理、出力してくれる。整理するフォルダの形式を「YYYY-MM-DD」に設定すれば、パソコン用Eye-Fieアプリと同じ規則で出力してくれる。

手間はふえますが、OneDriveアプリは、Eye-Fiアプリではあつかってくれないスクリーンショットもアップロードしてくれるので、その点は優秀。Eye-Fiクラウドの無料期間が終了したら、こちらの方式に完全移行します。

,

よくも悪くも今回は大丈夫そうですな。

iPhone7にあわせて公開された新基本ソフトiOS10。自宅の機器では母親がもつ、タブレット型のiPadがアップグレード対象だった。自分のiPod touchは、とうのむかしに対象外です。許可をもらって、さっそくアップグレードに挑戦。最初、パソコンにUSBケーブルでつないでiTune経由で実施しようとしたのですが、ケーブル接続が不安定でなかなか認識せず。純正ケーブルでないとダメなのか。

このままパソコン経由でのアップグレードには不安があったので、バックアップだけ取得してiPad単体でアップグレード開始。準備には手間取りましたが、作業は1時間ほどで完了。トラブルを警戒したけど特になく、操作を受けつけなくなる「文鎮化」にはならずにすみました。新しいiOS10は……え〜と、なにが変わったの? ロック画面の解除方法が、画面スワイプからボタン押下になってますな。それ以外はあまり変わった感じがしません。

以前、フラットデザインのiOS7にアップグレードしたときは、操作系が変わりすぎて母親に大不評だったので、警戒してたのですが、よくも悪くも今回は大丈夫そうですな。

モロ、一部機京セラ種じゃん!

ワイモバイルのケータイ、Androidガラホ502KC(写真左)を使用中。長年のPHSユーザとしては、PHS方式ではない端末に寂しさを覚えるいっぽう、正常進化した使い心地に満足もしてる。

DSC_0214

そして旧ウィルコムのPHS方式の一部京セラ機種が2016年12月以降、バージョンアップ不可になる。使えはするけど、新たな不具合が見つかっても修正できないということですね。

僕のは京セラ端末の502KCだけど、PHS方式じゃないから関係ないや……と思ってたのですが、よく考えたらメイン以外に基本料無料の2回線、合計3回線契約をしてたのでした。そして、サブの2回線で契約しているPHS端末を調べたらモロ、一部京セラ機種じゃん! 12月以降も知らん顔で使い続けることも可能ですが、サポート切れ機種はなるべく利用したくない。

さいわい、以前メイン回線で使っていたWX12K(写真右)はバージョンアップ対象機種なので、サブ回線のひとつはコレに機種変更すればよろしい。もう1回線は、仕方ないので有償で機種変更することになるかな。PHS回線が続くかぎりは使い続ける所存なので、とことんつき合いますぜ!

WILLCOM WX12K ブラック★USED★
価格:14980円(税込、送料別)

 

しょせんはデベロップメント──開発版という感じ。

先日購入したASUS Chromebook Flipが、予定通りGoogle Playストアに対応し、Androidアプリが使えるように。さっそくアップデートしてみる。Chromebook設定>(右上の)Chrome OSについて>詳細情報>チャンネル>チャンネルを変更>Devを選択して、「アップデートを確認して適用」をクリックすると、更新が開始されます。

再起動すると、AndroidではおなじみのGoogle Playストアアイコンが追加されて、Androidアプリが追加できる。よく使うアプリをインストールしてみましたが、Chromebookに対応していないもの、インストールできるけど起動しないもの、起動するけど不具合があるものなど、まだまだ不安定。

全体的に縦横の切替が正しく行われないので、たとえばKindleアプリで電子書籍を読む場合は、縦で読むか横で読むか決めてからアプリを起動する必要がある。縦横を切替えるときはいったんアプリを落として、切替えてから再起動。ここらへんは、今後のアップデートで直ると思いますが、しょせんはデベロップメント──開発版という感じ。アップグレード好きにはたまらない、アルファ版っぷりです。しばらくAndroidタブレットは手放せませんな。

 

ほかの端末で出るかはわかりませんが、共有まで。

au版『Xperia Z5 SOV32』をAndroid 6.0へアップグレード。おおむね問題なくサクサク動いているのですが、ロック画面の通知に一瞬、空の通知が出るようになった。

写真中央の灰丸通知で、出た瞬間に消えてしまう。連写モードのカメラで、やっと撮影に成功。通知することがないのに、通知しようとしてる感じです。「設定>音と通知>アプリの通知」で最近通知のあったアプリの設定を片っ端から無効化して調べたところ、au標準のEメールアプリを「すべてブロック」にしたら空の通知がでなくなった。

Screenshot_2016-06-11-10-10-45-480x853

2016年6月現在の現象で、ほかの端末で出るかはわかりませんが、共有まで。

 

これでバリバリ使えます。

インターネットを閲覧するためのブラウザは、Internet Explorerベースのタブブラウザ、Operaと使ってきたのですが、最近は『Vivaldi』を使用中。古めのOperaを別方向に進化させたような使い心地がいい。Opera時代から、アドオンを入れなくても、最初からほしい機能がそろっているほうが好きです。

ただ、ベータ版から正式バージョンになってから、タブレットPCでタッチ操作ができなくて、タッチが使えた旧版を使い続けるハメに。デスクトップPCは最新版を使ってたけど、タッチ操作がメインだと使い物にならない。Vivaldiがキーボード操作で完結できることを狙ったブラウザだとしても、タッチで操作できないのは困る。しかし先日、バージョン1.2がリリースされて、おそるおそるタブレットPCへインストールしたら、バッチリタッチ操作が復活。これでバリバリ使えます。

Windows、Mac、Linuxと順調に対応プラットフォームが増えてますが、次はぜひスマートフォンに対応していただきたい。AndroidタブレットではOperaを使用中ですが、Vivaldi版があれば移行したいです。

,

待ってた甲斐がありました。

au版『Xperia Z5 SOV32』をAndroid 6.0にアップグレード。Z5は各キャリア版がありますが、6.0へはdocomo版が2016年3月でいちばん早く、5月にSoftbankときて、au版がラスト。遅かったけど、待ってた甲斐がありました。公開開始は6月7日18時からでしたが、仕事帰りに1.4ギガのファイルをダウンロードするのは厳しいので、自宅にもどってからWi-Fi経由でダウンロード。1時間ちかくかけてAndroid 6.0へのアップグレードが完了。

ウイルスバスターが無効化されていたので手動で有効化したのと、Google開発者サービスをアップグレードするためにいったん無効化する必要があったぐらいで、おおきな問題はなし。一見するとなにが変わったかわからないぐらいですが、明らかに改善されたのはカメラの起動。以前のもっさりから、瞬間起動になった。これは嬉しい。ホームボタンを上にスライドさせて出していたGoogle検索画面が、ホームボタン長押しのNow on Tap機能に変更。全体的に動作がサクサクになったようですが、まだ負荷をかけた操作をしてないので実感はないです。いまのところ問題なさそう。

 

32bitの古いノートパソコンだと、最新のLinuxも動かせない時代になっていたのか。

以前は、あまったWindowsパソコンにLinuxのディストリビューションをインストールして遊んでた。無料で新しいマシン環境が手に入るのが楽しかったけど、いつのまにやら面倒でやらなくなっていた。ひさびさに、古いノートパソコンに入れていたubuntuというディストリビューションのマシンをメンテナンス。Ubuntu 14.04 LTSを最新のUbuntu 16.04 LTSにアップグレードしようとしたら、64bit版のISOファイルしかない。32bit版は14.04までで、もしアップグレードしたければダウンロードでアップグレードする必要がある。Linuxのアップグレードって、成功してもまともに動いた試しがないんですけど。

案の定、14.04→15.10→16.04にアップグレードしようとしたら、15.10へのアップグレード中にマシンが動かなくなって、起動不可に。どうしても動かしたければ、14から16へ一気にアップグレードできる、16.04.1 LTSを待つしかないか。お遊び用のマシンなので、毎回新規インストールでも構わないのですが、32bitの古いノートパソコンだと、最新のLinuxも動かせない時代になっていたのか。