神事ゆく死不夜
得美数王咲き
西覆い
夢差し越す儀
進化は先
陽光は魔
堡導が野火が使徒通過
突羽化翁鮒
鬼多寡枕
禍真暗図誌
 
──復活を祈念して。

白石でまぶされた舗装路は、桜吹雪と縁がない。
古刹へといたる路、灰色の電柱を背に、ちっぽけな桜の樹が咲く。
盛りを過ぎた、枝先は緑がち。
虚栄と朽ちはじめた、白紅の衣。
紅色の寂寥を晒す、翼をもがれた花托。
ちっぽけな樹は、今年もちっぽけな満開を終えていた。
背に立つ電柱が悪いのか。
幹は中途で断たれ、枯死した昇天の穂先が、ぞろりとした芯を晒している。
いまは、幹の中腹より分かたれた先から、ちっぽけな春の証を示すのみ。
真正直に育めぬまま咲き、きたる春。
声高に誇れぬまま散り、おわる春。
ちっぽけな桜は、生きている。
ちっぽけな葉に、明日を託して。
ちっぽけな命が、息づいている。
ちっぽけな春よ、またね。

 水槽で縛られた、ロブスターより紅くない。
 カップに満たされた、コーヒーよりも淡い。
 重くくすんだ陸海空は、黒胡麻の粉を溶き混ぜた牛乳のように、ざらつきながら深みを増す。
 かわりとばかり、ぬくもりを秘めた輝きが、陸海空を染め上げていく。
 玻璃のあちら。
 ぬくもりは、橋の上で彗星の尾を引き、橋の下で銀河がぎらつく。
 玻璃のこちら。
 ぬくもりは、天井から宇宙船を吊り下げ、天井から星座をうがつ。
 黒胡麻の粉が泥濘と化し、仕舞いには、ぬくもりの宇宙的背景と化す。
 わずか、両眼をおぼろげな感覚に任せると、積層された次元の秩序が明らかになる。
 野暮はよそう。
 ぬくもりの宇宙が、玻璃のあちらこちらで再統合される。
 ふとコーヒーで満たされる、干されていたカップ。
 ぬくもりの雫は、これぞロブスターの紅さ。
 迅速に干される、赤黒い液とともに、終焉を迎える、ぬくもりの宇宙。