【ネタバレ注意】モノトーンのディストピア『ブレードランナー2049』を観た

生きる意味を探し、死ぬ意味を見つける、人ならざる者たちの物語。

『ブレードランナー』という映画は、自分にとって特別な作品のひとつ。過去に何度も見返しているし、これからも見返すと思う。闇に濡れた大都会で、はかなくも激しく生きようとする人造人間たちの物語は、時代が物語の舞台である2019年になろうとも色褪せることはない。そんな作品の続編が、2017年に公開されるとなれば、傑作だろうと駄作だろうと観ないワケにはいきません。

35年ぶりの続編『ブレードランナー2049』を立川シネマ・ツーの極上爆音上映にて鑑賞。前日に『ブレードランナー ファイナルカット』と2049にリンクした3本のショートムービーを鑑賞して、事前準備はバッチリ。脳内でヴァンゲリスの伴劇を鳴り響かせながら、仕事帰りに立川へ。映画館ちかくのジョナサンで夕食を摂り、じっくりとブレラン気分を盛り上げる。心身ともにベストな状態で2049をむかえました。

前作から30年後、2049年が舞台。大停電によって過去の記録が消去された世界。人造人間レプリカントであるKが、ブレードランナーとして逃亡したレプリカントを解任(処分)していくうちに、30年前に逃亡した前作の主人公、デッカードと自身にまつわる秘密にせまっていく。前作の陰々滅々とした世界観がさらにパワーアップ。乾燥してモノトーンなシーンが多く、目新しい表現も随所にみられる。前作ファンを楽しませるネタも散見されますが、ぶっちゃけ前作と3本のショートムービーを観ていないとよくわからないと思う。いや、予習したはずの僕でも理解しきれない部分があった。ウィキペディアのネタバレ解説を読んで、なるほどと思ったり。

前作が「生きるために戦い、死ぬために狩る、人ならざる者たちの物語」だとすると、本作は「生きる意味を探し、死ぬ意味を見つける、人ならざる者たちの物語」といったところか。ただ、2049でテーマとなっている新たなる命の存在が、どれほどすごいのかが作中の説明だけではよくわからないので、終盤の展開はピンとこなかった。メカはカッコイイ。音楽は前作ふうの曲調だけど、前作のメインテーマが流れないので、あまりブレードランナーっぽい印象はなく、耳にも残らなかった。前作の続編にはなっているけど、前作が20世紀に与えたインパクト以上のものを21世紀に与えられたかは微妙というのが、初見の評価です。あと何度か観れば、評価は変わるかも。

『JAFオリジナルトミカ 日産ジューク』を購入してみた

JAF会員でないと購入手続きできないようです。

愛車、日産ジュークのグッズをいろいろ集めてる。ミニカー系はけっこう買ったのですが、トミカ版はなんとなく購入してなかった。赤ジュークなのはいいんだけど、造形がイマイチな気がして。

敬遠していたトミカ版ジュークですが、JAFのサービスカー仕様があると聞く。昨年からJAF会員になっていて、さいわいロードサービスのお世話にはなっていないものの、ファミレスなどでの割引サービスがけっこう使えるのが便利。特典プラス、いざという時の備えという意味ではアリかと思ってる。

ということで、JAFサービスカー版の日産ジュークのミニカーを購入してみた。

トミカ版ジュークも、実物はそれほど悪くないかなという感じ。実車のJAFサービスカーをみたことはないですが、ロゴや文字が細かく再現されており、コレクターズアイテムとしてはアリですな。

本製品はe-JAF Shopにて購入可能。2017年10月28日現在は、JAF会員でないと購入手続きできないようです。

Astronaut Blogのアクセス障害顛末

ともかく無事に復旧できました。

週末は、台風21号の関東直撃で大変でしたね。せっかく衆議院解散総選挙の期日前投票に行ったのに、22日は雨やらなにやらで出かける用事も中止になってしまい――でも大雨だから先に行っといてよかったかも、という微妙な感じに。週明け23日は台風上陸のため出社困難なら午前半休かもと覚悟していたら、電車は本数を減らしつつも動いており、仕方なく定時出社となりました。

世間が台風直撃で大わらわだった時、当サイトAstronaut Blogもアクセス障害が発生して大わらわでありました。気づいたのは23日の昼ごろ。www.astronaut.jpにアクセスしようとすると、HTTP 500エラーの画面が表示されてしまう。レンタルサーバ会社のページに障害情報はなし。FTPクライアントからのログインや、HTMLの固定ページへのアクセスは可能なので、ブログを管理しているWordpressまわりが怪しい。調べてみると、HTTP 500エラーが出るのは、ブログの機能をアップグレードした場合や設定ファイルを変更した場合とありますが、23日の当該時間は台風騒ぎでメンテや更新どころではなかった。すくなくとも、僕自身のオペレーションが悪さをした可能性は低い。

そこまで切り分けて夕方、レンタルサーバ会社にメールで問合せ。復旧を確認したのは翌24日の昼ごろです。こちらは一切、設定を変更していないので、レンタルサーバ側になんらかの問題があったのか? 原因調査中というのが現状ですが、ともかく無事に復旧できました。ヤレヤレ。

2017年衆議院議員総選挙の期日前投票に行ってきた

誰かしらに有効票を投じましょう。

2017年衆議院議員総選挙の投票日は10月22日。その日は出かける用事があったので、期日前投票に行ってきた。記録によると、以前期日前投票に行ったのは2009年のこと。

鎌倉市議会議員選挙の期日前投票に行った

前回は、あまりいい印象をもたなかったようですが、今回はまぁ、こんなもんかなという感じ。例によって、なぜ投票日に行けないかを記載させられましたが、腹も立たず。現行ルールでは、これが正しいのでしょう。

以前も書きましたが、僕は投票日を最終日のみにするのではなく、現在は期日前投票を受け付けている期間をすべて『投票日』あつかいにすべきだと思います。

投票率が高くなれば、組織票がとおりにくくなるので、より民意を反映させることができる。民主主義をただしく運用させるため、誰かしらに有効票を投じましょう。

ゴルフ練習な『DIGNOケータイ 502KC』用待受壁紙2017年9月

今月も502KC用に特化した壁紙を公開。週末、ゴルフコースを使ったゴルフ練習に行ってきました。午前中は練習場でのレッスンで、午後からは実際にコースをめぐってのレッスン。3ホールほど実際にプレーしましたが、なかなか練習通りとはいきませんな。

はじめてのロストボール、OB、池ポチャ、グリーン上で右や左の旦那様などを体験。はじめてのパーとかバーディも体験したいものです。

過去に公開した待受壁紙の一覧はコチラ。

2017年の新型日産リーフをみてきた

電気自動車の日産リーフというと、愛車日産ジュークを車検に出したときに代車として借りました。その際は、クルマとしての走行性能に不満はなかったものの、航続距離の短さと充電の面倒さに辟易したもの。

そんなリーフがフルモデルチェンジ。微妙なルックスが改善され、航続距離も400キロにアップ。ただ、電気自動車をフル充電するのは意外と難しいので、安心して乗れるのは半分の200キロぐらいという感じかな。

大々的に発表された新型リーフの実車が、横浜の日産グローバル本社ビルで展示してるというから、仕事帰りにいってみた。何度かおとずれたことがありますが、横浜駅から歩くのははじめてで、ちょっと迷った。そごうのほうから廻っていけばいいのね。入口をはいってすぐに、赤い新型が。

対面した新型リーフは、写真でみるよりも高級感がある。一見するとガソリン車的なフェイスですが、空気取り入れ口は不要なのでフラットなのはいいですね。日産車というよりホンダ車的な宇宙刑事フェイスなのは気になりますが。リアは愛車ジュークに似たL字のテールランプ。外観はなかなかいいと思った。

内部は外観ほどインパクトはなく、値段なりというか、あまり高級感は感じなかった。僕はジュークの安いなりにがんばってる感がある内装が好きなので、新型リーフの内装には感銘を受けませんでした。

1台しか展示してないのかと思ったら、奥の方にたくさん新型リーフがならんでた。最初からツートンカラーがあるのが今様ですな。電気自動車は、これからどんどん性能がアップするだろうから、航続距離と充電の手間がさらに改善されないと乗り換えは厳しいか。いずれ、実車に試乗してみたいと思います。

夏の暮れな鎌倉海岸『DIGNOケータイ 502KC』用待受壁紙2017年8月

今月も502KC用に特化した壁紙を公開。鎌倉在住なのに鎌倉の海へはあまり行かないのですが、夏の暮れの材木座海岸を歩いて素材を撮影。

冷夏でも、それなりに水着姿の方もおられましたね。

過去に公開した待受壁紙の一覧はコチラ。

ネットにつながるIoTエアコン、アイリスオーヤマ『IRW-2817C』を購入

自室で使用しているエアコンが10年超となったので、アイリスオーヤマ『IRW-2817C』にリプレイス。10万弱クラスのミドルレンジエアコンですが、ウリはなんといっても無線LAN機能搭載で、外出中でも専用アプリから操作ができること。

設置工事後、さっそくネット接続させてみた。やり方は、専用アプリ「Net Home Plus」をスマホにインストールして、ユーザー登録してログイン。アプリを登録モードにしてリモコンの風量ボタン10秒間押してから、10分以内に登録したいエアコンに貼られたQRコードをカメラで読み取り、無線LANの設定を済ませれば完了。いったん登録が完了すれば、スマホ経由で自在にエアコンが操作できます。
本機は人感センサー搭載で、人感センサーボタンを押すと人が「いる・いない」を検知して、いない時は省力運転をしてくれる。エアコンをつけっぱなしにすることが多いので、不在時の省力運転はありがたい。以前のエアコンよりも冷却機能が高く、同じ感じで設定したらちょっと冷えすぎる感じでしたが、自動運転の27度設定にしたら快適に。

スマホアプリは、外部サービスを利用しているようですが、いつまで使えるか不安ではある。10年後も同様に、ネット経由の操作ができるのだろうか。ルータなどでよくある、ブラウザでLAN内機器の設定画面に入れる機能があってもよかったのではないかと。

郁雄/吉武の創作小説サイト