料金抑えめで、車で行きやすいのはポイント高い。

ふと思い立って、日帰り天然温泉竜泉寺の湯へ行ってみた。地元鎌倉からだと、車でちょっと遠いのがいい感じ。閉店時間が午前1時なので遅めに出発。やたらと広い駐車場完備で、車で行きやすいのもよし。入湯料は大人600円で、岩盤浴は別料金。風呂のみに入りました。

券を自動改札に通して入館するシステムにはびっくりしたけど、中はオーソドックスなスーパー銭湯。タオルなし、シャンプー、ボディソープあり。屋根つきの露天風呂と内風呂であたたまり、リフレッシュできました。料金抑えめで、車で行きやすいのはポイント高い。竜泉寺の湯は茅ヶ崎にもあるので、そのうち行ってみたい。

それなりに混んでました。

すっかりリピーターになった、日帰り温泉『湯快爽快たや』へ。ただし、夕方からではなく土曜日の午前中に行ってみる。たやは、平日料金と土日祝日料金にわかれており、当然、平日の方が安い。平日回数券を持っている場合、土日祝日は差額券を買う必要がある。しかし、土曜日の午前中は早割となり、平日料金で入湯できるのだ。客の入りが少ないから、回転率を上げたいんだろうな。

そんな感じで、土曜午前の『湯快爽快たや』へ行ったわけですが、早割の効果か、それなりに車は停まってる。店も閑散としている感じはなくて、普通に温泉を堪能。平日回数券を愛用している割に、あまり平日に行く機会があないので、今後も有効活用したいシステムです。

オーソドックスな店。

近場の日帰り温泉にあちこち出かけるのが好きです。スーパー銭湯系は、どこも押さえるべきポイントがあるようだけど、微妙な差異があって、それもまた楽し。今回で出かけたのは『湯の市』藤沢柄沢店。オートバックスのそばにあると覚えておこう。店内は清潔で明るい感じだけど、若干設備が古い感じ。ロッカーの鍵が、コインも入れずに抜けたのはビビッた。複数の露天風呂と室内風呂、サウナが揃っており、スーパー銭湯系に行き慣れていれば迷うことはない。名物的な湯は、天然マグネシウム含有高濃度炭酸泉「クレオパトラの炭酸泉」大層な名前ですが、要はしょっぱい炭酸風呂ということか。いまいち売りに欠ける気はしますが、欠点もなく楽しめる入湯スポット。近場の選択肢が増えるのは良いことです。

店の前の道が、もうちょっと広ければなぁ。

戸塚にあるスーパー銭湯『泉温泉 葛の湯』へ行く。地元鎌倉からだとちょっと遠いのですが、ドライブがてら新規開拓。ナビに従って行きましたが、最後の数百メートルがかなり細い道となる。車一台は十分通れる道なのですが、すれ違いは少々厄介。軽自動車でも、あまり通りたくない道を抜けると、ようやく目的地に到着。

中は、食堂とマッサージルームと床屋と各種風呂という、オーソドックスな構成。面白いのが料金体系。一般浴場コースは普通の銭湯料金で入れるが、シャンプーやボディソープは無し。ロイヤルコースは割増料金となるが、地下にあるサウナ付きのゆったりした入浴施設が利用できて、そこにはシャンプーやボディソープも完備されてる。つまり、安い銭湯形式と、高めのスーパー銭湯形式のハイブリッドな施設なのだ。石けんやシャンプーの用意はしてなかったので、ロイヤルコースを選んで正解であった。

家から遠いのはともかく、立地があまり良くないのが気になる。施設としては平均的な水準ですが、わざわざ遠出してまで行く所ではないと思いました。

リーズナブルですな。

夕方から、いつも行く近場の温泉『湯快爽快たや』へ。夕食は、途中で『やよい軒』という定食屋で安く済ませる。「土鍋蒸しゃぶ定食(790円)」を食す。昼食としては、ちょっと高めですが、夕食としては格安の部類でしょう。たやでは、入浴前に床屋で髪を切る(10,00円)。ちょっと短めになりましたが、これぐらいのほうが、しばらく切らなくていいかも。入浴(650円)は、ぬるめの露天風呂に入ってから、洞窟風呂→五右衛門風呂→炭酸風呂→サウナの順。湯上がりに、ヨーグルト(100円)を飲み帰宅。

週末リフレッシュの定番コースです。

うむ、快調なり。

自家用車が車検から戻ってきた。平成十年型、ダイハツムーヴ。十年以上乗ってますが、いまだに走行機能に重大な支障はなし。とはいえ、細かいところで色々問題が起きており、そろそろ買い替えも検討中。とりあえず、タイヤも交換したし整備も済んだので、あと1年ぐらいは大切に乗ろうと思います。

車検上がりの車で、さっそく近場の温泉へ。整備したての車は快調で良いですな。次の車はどうしよう? また軽自動車を買うか、ランクアップして白ナンバーの車にするか。悩まし楽しみであります。

買い占めは良くないけど、自粛ばかりじゃね。

夕方、自家用車でホームセンターに出かける。震災後恒例、ガソリンスタンドの行列は、だいぶ短くなっていた。もうちょっとガソリンが少なくなったら、僕も並ぼう。隣町のホームセンターは、一時ほどの大混雑はなし。乾電池は、単1、単2以外は売ってました。携帯ラジオは、あいかわらず売り切れ。先日コストコで単2電池を確保したので、CDつきラジオを買おうかとも思ったが、条件に合ったものがなくて断念。

それからいつもの温泉『湯快爽快たや』へ。計画停電時以外は営業しているそうです。最近はどこも、照明を落として薄暗い中で営業するのがデフォルト。たや温泉も、食事はいつも通り提供していたけど、お茶のサービスがなかったり、自販機に見慣れぬメーカーのコーヒー飲料だけしかなかったりと、震災の影響はそこかしこに見られる。そんな中でも、温泉であったまって骨休めをしました。

買い占めにならないよう注意しつつも、ぼちぼち消費活動をして行く所存。

マシなロクデナシを目指せ!

日曜日は仕事だったので、本日は代休。プレステ3の『レッドデッドリデンプション』で、愉快なならず者ライフを送ったのち、近場の日帰り温泉『湯快爽快たや』へ行く。設定温度が低いのか、微妙に寒くて、ブルブル気味に温泉を堪能。洞窟風呂が、ちょうどいい温度でした。

帰宅後は、ふたたび『レッドデッドリデンプション』。舞台はアメリカからメキシコに移り、政府側と革命側を行ったり来たり。このゲームに存在するのは、ロクデナシか、少しマシなロクデナシだけだな!

,

友人の引っ越しの手伝いをした後に、『よみうりランド丘の湯』へ連れて行ってもらった。

よく行く『湯快爽快たや』と系列はちがいますが、食事処があって様々な風呂があるというパッケージングはよく似てる。遊園地の客を当てこんでいるのでしょう。

すぐそばに、観覧車が廻ってるけど、もちろん風呂からは見えないようになってます。一通りの露天と屋内の風呂、サウナをめぐって、フルーツ乳飲料を飲んでコンプリート。こういうのもアリですな。