家の風呂釜が使用不能

2日連続はキツい。

家の風呂釜が使えなくなった。火をつけようとしてもランプが点滅して、さっぱり着火できない。原因は、排水溝がつまって風呂釜に浸水し、安全装置が働いたから。洪水などで浸水した場合を想定した機構のようですが、問題は復旧のための手段が「自然乾燥を待つ」以外ないこと。マニュアルを見ても「業者に連絡せよ」しかなくて、水抜きの手段もない。今回は人災ですが、もし天災で一時的にでも冠水したら、ガスや水道が使えても、しばらく風呂が沸かせないということ。安全に配慮してるのでしょうけど、入浴したい時に使えないというのは困りものです。

そんなこんなで、2日連続で入浴できない状態になってしまったので、近場の日帰り温泉で入浴してきた。風呂釜が壊れたから銭湯へ、という昭和マンガ的シチュエーションが現実のものとなるとは、なかなかレアな体験をしました。女湯をのぞくイベントは発生しなかったがな。

コメントを残す