『Nintendo Switch』本体とソフトや周辺機器を注文完了

Amazon待機が、いちばんイライラせず購入できてイイなぁ。

ゲームハードをオンラインで最初に予約したのは、プレイステーション2だったと思う。激重な直販サイトで、粘土のプールを泳ぐがごとく、もっさりとした購入プロセスにイライラしたのも、いまは昔の物語。カートに入れたはずなのに、購入処理でなかったことにされるのが、いちばんムカツクのです。

そんなトラウマが去来するなか、2017年3月3日発売予定の新ハード『Nintendo Switch』が予約開始。1月21日午前9時からとのことなので、9時前からPC待機。購入サイトは本命がAmazonで、念のためヨドバシドットコムにもアクセス。事前に商品ページをさがしたけどなさそうなので、検索キーワードに『ニンテンドースイッチ Nintendo Switch』と入れて逐次検索する。9時ちょうどに、Amazonに商品が表示されたので、『Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド』を選択し、無事購入完了しました。数分後には購入不可になりましたが、サイトがアクセス不可ということはなく、さすがはAmazonさんといったところ。いっぽうヨドバシドットコムは負荷でアクセス不可。ああ、やっぱりね。超大手以外は、有名どころもプレステ2時代と変わらないな。

ゼルダ者なので当然、ソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版』を予約。Amazon経由のダウンロード版です。中古に売るつもりはないし、特典もいらないし、パッケージとかマニュアルとか邪魔ですから。経験上、アクセサリー類は後日購入可能とおもわれるので、ひとまずパス。

1月23日に、任天堂直販のオンラインストア『My Nintendo Store』がオープン。ここでは限定商品も購入可能とのことだったけど、通称ニンゴジラなる、怪獣が京都タワーを襲ってる画像が表示されるばかりでアクセス不可。任天堂、おまえもか。ようやっとアクセスできたのは1月24日の午後になってから。当然ながら、『Nintendo Switch』本体は完売してました。ちょっと面白いと思ったのは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の限定特典「のみ」が販売されてたこと。ソフト本体はナシで、特典のみ別売。つまりは、僕のようにダウンロード版を買ったひとでも特典をゲットできますよということで、なかなかに親切。いや、ゴミになるだけだから買わないけどさ。

『Nintendo Switch』本体とソフトの手配がひと段落したところで、周辺機器を物色。純正の保護フィルムつき本体ケースと、Proコントローラを追加購入。テレビでゼルダをするなら、Proコントローラは必須でしょう。『My Nintendo Store』限定の、色つき本体ケースは売り切れでした。あと気になるのはJoy-Conストラップぐらいだけど、色にこだわらなければ購入は難しくないだろうから保留。

あとは、モバイル給電用にUSB Type-Cのケーブルと、ダウンロードゲーム保存用に大容量microSDカードを購入するぐらいか。これらは汎用品なので、あわてず直前に購入するつもり。

そんな感じで、予約日当日にAmazon待機が、いちばんイライラせず購入できてイイなぁと思った次第。

コメントを残す