「Android」カテゴリーアーカイブ

GALAPAGOS(ガラパゴス)で読める長編小説『ナスレディン・ギア』

※この作品は無料版です。無料版にはイラストが入りません。

電子書籍リーダー、シャープの『GALAPAGOS(ガラパゴス)』を購入してみた。書籍の購入は、専用のサイト「TSUTAYA GALAPAGOS」から行う。パソコンサイトでも、ラインナップを確認することはできます。

これ以外にも、自前の書籍をスキャナで取り込んだ、いわゆる「自炊」したPDFファイルも読める。こちらはガラパゴスとの連携ソフト、「GALAPAGOS Station」をインストールする必要があります。

──という前提のもとに、本題。

P1110951

ガラパゴスで読みやすい体裁のPDF形式で、新作長編小説『ナスレディン・ギア』を公開します。トルコ革命(祖国解放戦争)を下敷きにしたSFロボット戦記という、混ぜるな危険的アクション。トルコ大好きと、ペダルとレバーだけで人型ロボットが動かせるか!……という反骨精神で書かれています。ガンダムを目指したつもりが、ダグラムとかボトムズっぽくなってしまいましたよ。

『ナスレディン・ギア』

著:郁雄/吉武

目次

灰色の人形機(ククラマキネ)                5
攻防の目玉守(ナザルルク)                 103
海峡大橋(ボアズキヨプリユス)に決す  223

全358ページ、400字詰め原稿用紙換算:500枚

ガラパゴスで読む場合は、「GALAPAGOS Station」のブックシェルフにPDFを登録するのではなく、「Adobe  Reader」で開いて、ガラパゴス用にXMDF形式で出力したほうが読みやすいです。ファイル>印刷をクリックし、プリンターを「GALAPAGOS XMDF Clipper」を選択。「PDFのページサイズに合わせて用紙を選択(Z)」のチェックボックスをONにして「OK」をクリックして印刷を実行します。

WS000340

印刷の処理が進むと、保存するファイル名を聞かれるので、任意の名称を入力します。

WS000341

処理が完了すると、XMDF形式のファイルが、「GALAPAGOS Station」のマイクリップに追加されます。同期させれば、データ移動完了。ガラパゴスで読むには、画面左下のブックシェルフ>マイクリップで、ファイルを指定すれば開けます。

PDF形式ですので、ガラパゴス以外でも、パソコンやiPadなどでも読めます。ためしにiPadで開いてみたら表示は問題ありませんが、ページ送りを右ではなく左に流す必要がありました。左開きの書籍方式ですな。「GALAPAGOS Station」にPDFで登録した場合も、現状では同じく左に流してページを送るようになっています。これ、左右どちらでも選択できるように改良すべきです。

パソコンの「Adobe Reader」で読む場合は、編集>環境設定で、ページ表示>レンダリング>テキストのスムージングを「液晶画面用」にすると、文字がなめらかになります。

■おまけ

本データの作成は、Windows版の「一太郎2010」を使用しています。電子書籍としての体裁は、小学館のガガガ文庫の「文字サイズ中」を参考に。文字組みは縦43字×14行。用紙設定は「Leagal・縦方向」で、標準フォントサイズは20ポイント、ページ番号はページ総数が表示されるよう設定しています。

WS000344WS000345

本当は、目次に該当ページへのリンクを貼りたかったのですが、ガラパゴスに読み込ませた段階でリンクが無効になってしまうので外しました。残念。

電子書籍リーダー『GALAPAGOS(ガラパゴス)』書籍以外の使い勝手

コレはアリかも!
先日購入したシャープの電子書籍リーダー『GALAPAGOS(ガラパゴス)』の5.5型モバイルモデル。さっそく電子書籍読みまくり……とはいかず。読みたい本はあるけど、優先して読みたいほどでもないので、まずは電子書籍以外で使ってる。基本ソフトはAndroidベースですが、アプリを勝手に追加することはできず。最初から入っているのは、ブラウザ、mixiアプリ、Twitterアプリなど。WebメールのショートカットはYahoo!メール固定。とはいえ、ブラウザからGmailなどへアクセスできるので、お好きなWebサービスが利用出来る。僕はGoogle系のWebサービスを中心に使っているけど、お気に入り登録を済ませれば、特に問題なく使える。というか、これだけ揃っていれば、とりあえず実用上は問題ない感じ。

P1110948P1110949
ブラウザからGmailにアクセスしてメールチェック、GoogleリーダーにアクセスしてRSSから最新の情報をチェック、mixiアプリでマイミクの更新情報をチェック、Twitterアプリでつぶやいたり、フォロワーを管理する。なんか、けっこうコレだけで用が足りてしまいます。モバイルモデルの解像度は1,024×600なので、横画面にすればPCサイトも過不足なく表示できる。ポケットWi-Fiなど、モバイルアクセスポイントがあれば、普通にネットビューワとして使えます。というか、ガラパゴスを買ってから、電子書的端末として使うより、ブラウザでサイトをチェックしている時間のほうが長い気がする。
現状の書籍ラインナップだと、ネットビューワつき電子書籍リーダーというより、電子書籍リーダー機能付きネットビューワという印象です。
いいかげん、電子書籍リーダーとしての使い勝手も確認しないとな!

電子ブックリーダー『GALAPAGOS(ガラパゴス)』を初物買い

移動書架みたいなモンですよ。

シャープの電子ブックリーダー『GALAPAGOS(ガラパゴス)』を買ってみた。家が本だらけになるのをすこしでも防ぎたいのと、Android端末に触ってみたい衝動を両立してくれるナイスな端末。家庭用の10.8型と、モバイル用の5.5型がありますが、寝っ転がって読むことを考えれば、5.5型のEB-W51GJ-R/-S一択。

P1110930P1110931

P1110932P1110935

液晶保護フィルムも同時購入。同梱品は、ACアダプタとUSBケーブル、それに8GB microSDHCメモリーカード。大きさは、iPod touch(≒iPhone)の2割増しぐらい。大きさの割に、重量感はないので片手持ちに不自由はありません。メモリーカードを挿入して、セットアップ開始。

最初に無線LANの設定をして、ユーザーIDとパスワードを入力するのだが、ここで詰まった。てっきり、製品購入時に登録したメールアドレスとパスワードを入れるだと思っていたら、そうではなくて製品に同封された紙に印刷されたIDとパスワードのことだった。IDは変更不可。パスワードはすぐに任意のものに変えておきましょう。

機器の登録が完了すると、ストアから本が購入できる。試し読みも可能。どういう本がラインナップされているかは、パソコンからでも確認できます。ただし、閲覧はガラパゴスからのみ。

ためしにライトノベルを1冊買ってみた。ページ送り、文字のサイズ変更など、過不足なく読める。値段も廉価版で安い……のだが、イラストはなし。表紙絵ですら低解像度。ラノベでイラストなしは、ちょっときついです。たまたま、買った本がそうだっただけだろうけど、できればフルプライスでイラストつきのものも用意してほしいですな。

さらに使い込んで、またご報告します。