コストコ買いで気をつけるポイント

大型店舗ならではの注意点も。

倉庫型の大型店舗であるコストコへ、定期的に行ってる。会員制で、安いけどまとめ買いを求められると、日本的には異質なサービスだけど、慣れると便利。そんなコストコ買いで気をつけるポイントをいくつか。

まとめ買いして使いきれるの?

最初、コストコへ行く時に不安だったのは、まとめ買いして使い切れるのかということ。買ったはいいが、腐らせちゃったらもったいない。この疑問にはズバリ、ライフスタイルを大量購入に合わせることで解決。ディナーロールなど、食べきれない分は冷凍保存。とりあえず買ってみて、よければリピートするし、ダメなら買わない。毎日少しずつ使うものなら、多めにかってもいずれ消費できる。

安いのはいいけど質はいいの?

全体的に、値段の割に質は高いと思う。他店の特売品と同等の値段なので、会費をふくめると1回の来店ではお得感は少ないかも。定期的に通えば会費分はじゅうぶんペイできます。ただし、店舗が異常に広いので管理しきれないのか、箱が潰れたものや、腐ったフルーツを見かけることも。返品は可能だけど、買う前に良くチェックしたほうが良いでしょう。

あの商品は売ってるの?

特定のブランドを求めるのではなく、求めるジャンルに合致するものが存在するという感じ。たとえば、シャンプーが欲しければ、特大サイズの何かが売ってるけど、この会社のこの商品という狙いがあるなら、ほかの店を探したほうが良いかも。以前はヱビスビールを箱で売ってたのですが、最近は扱いをやめてしまったようなので他店で買ってます。超巨大なビニールプールとか、明らかに日本向けじゃない商品もありますが、それはそれで面白いので眼福だと思うべきかと。

コストコで買い物を続けているとどうなるの?

週末に車で出かけて、ドカッとまとめ買いして消費する生活スタイルになります。これはコストコに限ったことではなく、深夜営業のスーパーに出かけても1回の購入額が増えました。ロスを出さない範囲で大量購入、備蓄するってのは、震災などの災害対策にもなる。ライフスタイルをコストコに合わせられれば、非常に便利な店ですよ。

コメントを残す