停電したら、出られるんだろうか?

三浦半島の佐島というところへドライビン。天神島、もしくは佐島と呼ばれる小さな島で、短い橋をわたればすぐに上陸できる。まずは、リニューアルされたばかりの天神様にお参り。そういや、なにげに今年の初詣ですな。

DSC_1144DSC_1142

この島の目玉は、「佐島マリーナ」と「天神島臨海自然教育園」ただ、訪れた時間が夕方だったからかどちらも閉まっており、見るべき場所もなく……。

DSC_1143DSC_1145

と、ふと目についたのが奇妙な施設。交番か、はたまた津波のシェルターか?

 

DSC_1148DSC_1146

実はコレ、公衆便所。入り口脇にあるボタンを押すと、奥の壁がゴウンと回転し、全金属製の便器が登場する。なんだこの、無駄とも思えるハイテクっぷりは?

DSC_1149DSC_1150

ただ、便器には便座がない。男の小はいいとして、それ以外は? 正解は、入り口脇のボタンを押すと、便座が奥からスライドしてくる。

DSC_1151

あまりにも、一般的なトイレと概念がちがいすぎて、便意が霧散するレベル。車椅子の方用だと思うけど、これ、足の不自由な方がひとりで使えるものなのか? 停電したら、扉は手動で開けられるのか? なにより、手で倒せばいいだけの便座を電動スライド式にする理由がさっぱりわかりませんが、面白い体験をさせていただきました。

天神島には、こんどまたゆっくり行こう。

基本、キッズ向けの施設なんですな。

川崎のラゾーナ川崎内にリニューアルオープンした『東芝未来科学館』へ行ってみた。入場無料で、テクノロジーの過去と未来がコンパクトに展示されている。いまどきのお子様は、こんなハイテクな施設を楽しめるんですな。

DSC_1134DSC_1135

古い東芝の機器や、からくり人形の展示もあり、なかなか楽しめる。体感系の展示は、基本子供向けなので、大きなお友達がプレイするのは、ちょっと恥ずかしいです。オリジナルのショートアニメまであるんですな。

一時はどうなるかと思ったよ。

江戸時代から昭和初期ぐらいの建物を移築展示している施設、『江戸東京たてもの園』へドライビン。雨が降りそうな天気でしたが、現地である東京都小金井市小金井公園へにつくころには、みぞれ+強風+砂ぼこりという、風雲急を告げる世紀末的天候に絶望。公園の駐車場は超ラッシュで、入場しようとする車と出場しようとする車が重なり、出るにでられず、停めるにとめられない状況に。駐車スペースはいっぱいあるのに停められないとは、通路の設計に難があるとしか思えません。リアルな天候が登場人物の心情を代弁する演出とか、勘弁してください。

P1040030P1040040

P1040047P1040058

施設は、移築した建物を展示し、見学できる。中は靴をぬいで見学が基本なので、ぬぎやすい靴をはいて行くほうが楽。

P1040044P1040103

ボンネットバスや路面電車も展示されている。

P1040109P1040115

P1040134P1040147

商店や銭湯、交番なんかも移築され、ちょとした商店街になってる。全体的に施設の管理がバッチリで、建物をリアルな店舗として活用しているところもあり、よい感じでした。みぞれまじりで一時はどうなるかと思ったけど、天候もすぐに持ち直しました。桜が多かったので、4月ぐらいにまた訪れてみたいな。

移動時間を有効活用するならアリかも。

創作活動をする上で、電車に乗ってる時間というのはけっこう重要。ほかにやれることが少ないので集中できるのだ。タブレットPCを買ったおかげでテキスト作成はもちろん、ブログの更新やらイラストやら以前ならデスクトップPCでやってたことが、なんでもできる。ただし、タブレットPCを使うためには座れて両脇にあるていど余裕があるスペースが必要。電車の席は、座れても快適にタブレットPCが使えるとは限らない。

となるとだ、創作時間をゲットするためにグリーン車を使うというのも選択肢に入ってくる。贅沢かもしれませんが、金を払った以上は得た時間を無駄にしないという意識も生まれるというもの。ためしに帰宅時、モバイルSuicaでグリーン券を購入し、座って帰宅してみた。

DSC_1104

こちらが駅のホームに設置された、グリーン券の販売機。乗車してからグリーン券を買うよりも、乗車前に購入しておいたほうが安い。さっそく購入しようとしたのだが、モバイルSuicaでタッチする所がない。これってカードのSuica専用か? しばらく途方に暮れましたが、スマホのモバイルSuicaアプリをよく見たらグリーン券購入のメニューがあり、無事に事前購入完了。あとはグリーン車に乗車して、席の上部にタッチすることで無事、グリーン車を利用できました。グリーン車の定期券ってのもあるみたいだけど、毎日利用しないとお得ではないようなので、利用したい時に、その都度グリーン券を購入するのが実用的みたいです。

,

車は少ないが人は多い。

正月3が日の昼間、鎌倉旧市街は、自動車の通行が規制されている。けれど、申請した車は通行可能な通行手形を発行してもらえます。鎌倉在住で、十数年の運転歴がありますが、はじめて通行手形を取得。正月ドライビンをしてみた。

DSC_1093

許可証をボンネットに置いて、走行開始。実際に必要なのは、車の出入りを規制しているポイントだけですが、念のため。自動車が規制された鎌倉市内は、普段なら信じられないほどガラガラ。バス、タクシーと許可を得た自家用車、商用車しか走っていないので、渋滞とは無縁。

規制区域外で用を済ませて戻りましたが、規制区域に入る時、警官に通行手形をしっかり見せる必要があった。それと、午後5時をすぎると規制が終了してしまうため、通行手形の意味がなくなるので、とっとと帰らないとイカンですな。午後4時半すぎに自宅へもどりました。

もらっておいて損はない。

毎年、正月三が日は鎌倉市の旧市街で交通規制が行われ、車が入れなくなる。ただし、鎌倉駅周辺は完全に車両通行止めだけど、周辺部は地元民なら許可があれば走行可能。それは知ってたけど、面倒なので三が日の昼間は車を使わないようにしてた。けど、調べてみたらけっこう簡単に許可証がゲットできることを知り、「鎌倉初詣交通規制区域通行手形」なるものをもらってみた。

DSC_1076

鎌倉市役所の分館で免許証を提示すれば、すぐに交付。車のナンバーを書き込むだけで毎年使えるそうです。新しい車に乗り換えたら、新しいナンバーを書き込めばOK。けっこうゆるいですな。

わざわざ、混雑が予想される正月三が日に車に乗る必要もない気はしますが、ペラ紙1枚ゲットするだけで良いのなら、とりあえずもらっておいて損はないでしょう。ちなみに、2013年の交付は12月27日までなので、欲しい方はお早めに。

イスタンブールは残念でした。

朝方、ドラクエ10も切り上げて、そろそろ寝ようかという時間。そういや、オリンピックの開催地はどうなったのかと思ってテレビを観たら、まだ投票が終わってなかった。せっかくなので結果が出るまで観ようとしたら、朝の5時過ぎになってしまいました。有力候補と言われていたマドリードが落選し、東京とイスタンブールの決選投票で、見事に東京が当選。イスラム圏初の開催となるイスタンブールも頑張ってほしかったけど、まだまだ大人の事情が許さないのでしょうね。

さらなる地震や噴火が危惧される昨今ですが、たとえそういう事態になったとしても、2020年のオリンピックはきっちりやってくれると信じてます。やるからには、頑張りましょう。

千円で楽しむべ。

葉山コロッケを買いに出かけたついでに、『葉山マリーナ』へ寄ってみる。逗子マリーナほど大きくはありませんが、みやげもの屋があったりで、ちょいと立ち寄るにはよい感じ。

DSC_0559DSC_0558

駐車場代は、20分まで無料で、それから夏場は1時間千円と大幅アップ。ただし、千円以上買い物すれば2時間無料になるシステム。つまり、ゆっくりするなら最低千円は使ってねということでしょう。千円のTシャツを買って、ゆっくり見学することができました。

そういう季節だったな~。

仕事を終えて、自宅のある鎌倉駅にもどってきた。なんだか駅が騒然としており、ホームから何かを観てる人たちもいる。夜空に火球が広がるさまが見え、ようやく本日が鎌倉花火大会当日であることを知る。ちょっと早めに帰ってきて正解。まだ花火大会は終わっていないので、駅前はそれほど混んでない。大会が終了してしまうと、駅にもどる人の波ともろにぶつかって、大変なことになるところでした。

DSC_0527DSC_0529

見えた花火を撮影しつつ帰宅。家では、両親がケーブルテレビで鎌倉花火大会の中継を観てた。まぁ、なんども実物は観てるし、無理に出かけるほどのこともないでしょう。